5色スケープシフトデッキガイド

江原 洸太

江原 洸太

はじめに

みなさん、こんにちは。Hareruya Hopes所属の江原 洸太です。

第14期スタンダード神・江原 洸太

この度、第14期スタンダード神決定戦で高橋 優太さんを倒し、第14期スタンダード神になることができました。初の記事執筆になりますが、同大会の感想と、そこで使用した「5色スケープシフト」の解説を書いていきたいと思います。

5色スケープシフトを選択した理由

第14期スタンダード神挑戦者決定戦の前日までは、この環境で練習を重ねていた「バントスケープシフト」を使用する予定でした。しかし、直近の試合であまり良い成績を残すことができず、このデッキを使用するかどうか悩んでいました。

高山の月血染めの太陽軍団の最期拘留代理人

「スケープシフト」というデッキが現環境で非常にメタられていると感じ、何か工夫が欲しいと考えていました。

「訳:ゴロスの放送が始まるよ!」

そんな中、Twitterを眺めているとMagic Pro League (MPL) プレイヤーであるAndrea Mengucci選手の「5色スケープシフト」が目に留まり、すぐにMTGアリーナで使ってみてこのデッキの優れた点に気付きました。

風景の変容

それは《風景の変容》の採用枚数 (2枚のみ) です。《風景の変容》は自分のターンに唱えても、返しのターンに全体除去などでゾンビが倒されてしまうため、《時を解す者、テフェリー》の[+1]能力が絡まないと弱く、4枚採用には違和感を覚えていました。しかし、このリストは《風景の変容》に頼らないで勝つことが多く、その違和感が解消されていたのです。

不屈の巡礼者、ゴロス死者の原野運命のきずな

このデッキの主役である《不屈の巡礼者、ゴロス》《死者の原野》をサーチしてくれるおかげで、《風景の変容》を経由することなくゲームに勝てるため、《風景の変容》の枚数を抑えて同型やコントロールデッキに強い《運命のきずな》を採用することができました。

今の環境が少し遅めで、なおかつミラーマッチが増えると考え、ミラーマッチに強いこのリストをそのまま第14期スタンダード神挑戦者決定戦に持ち込むことに決めました。

デッキリスト

5色スケープシフトの特徴

このリストと一般的な「スケープシフト」デッキで大きく異なる点は、以下の2種類のカードになります。

《運命のきずな》2枚

運命のきずな

まずは《運命のきずな》。7マナなので《死者の原野》が誘発し始めるターンにちょうどキャストできますし、ゾンビを出しながら追加ターンを得ることで疑似的にゾンビに速攻を与えたり、相手のダメージ計算を狂わせたりと、無駄なく使うことができました。

相手のプレインズウォーカーを落とすことにも一役買ってくれ、このデッキの天敵のひとつである《夢を引き裂く者、アショク》の[-1]能力を起動された際にも追放されずにライブラリーに戻ってくれるので、ライブラリーアウトの危険性も消えて至れり尽くせりでした!

《不屈の巡礼者、ゴロス》3枚

不屈の巡礼者、ゴロス

そして《不屈の巡礼者、ゴロス》確実に《死者の原野》をサーチすることができ、アタッカーやブロッカーにもなれる隙のないカードです。

喪心軍団の最期害悪な掌握
溶岩コイルケイヤの誓い

流行りの除去でもなかなか倒すことができず、伝説のクリーチャーであり無色という点も強かったです。

おまけみたいに付いている起動型能力、「ゴロスビーム!!」もこのデッキでは使用できる機会が多く、マナを伸ばすデッキの性質と非常にかみ合っています。「ゴロスビーム」から《運命のきずな》《時を解す者、テフェリー》を唱えたりと、多くの場面で助けられました。

なお、《不屈の巡礼者、ゴロス》の起動型能力は「プレイしてもよい」という記述なので、これでめくれた土地は通常通りセットランドすることができます。ミラーマッチなどは《死者の原野》の枚数勝負になることが多いですが、このカードのおかげで試合を有利に進められます!

サイドボーディング

バントスケープシフト

対 バントスケープシフト

Out

成長のらせん 成長のらせん 成長のらせん 成長のらせん
風景の変容

In

夏の帳 夏の帳 夏の帳
拘留代理人 拘留代理人

白黒吸血鬼

対 白黒吸血鬼

Out

成長のらせん 成長のらせん 成長のらせん 成長のらせん
運命のきずな 運命のきずな 風景の変容

In

時の一掃 時の一掃 拘留代理人 拘留代理人
夏の帳 夏の帳 夏の帳

赤単

対 赤単

Out

拘留代理人 拘留代理人 不屈の巡礼者、ゴロス
運命のきずな 運命のきずな

In

霊気の疾風 霊気の疾風 霊気の疾風
時の一掃 時の一掃

ティムールエレメンタル

対 ティムールエレメンタル

Out

成長のらせん 成長のらせん 成長のらせん 成長のらせん
風景の変容

In

霊気の疾風 霊気の疾風 霊気の疾風
時の一掃 時の一掃

バントランプ

対 バントランプ

Out

成長のらせん 成長のらせん
風景の変容 拘留代理人

In

霊気の疾風 霊気の疾風
時の一掃 時の一掃

エスパー系

対 エスパー系

Out

成長のらせん 成長のらせん 成長のらせん 成長のらせん
風景の変容 風景の変容 拘留代理人 拘留代理人

In

夏の帳 夏の帳 夏の帳 ドミナリアの英雄、テフェリー
ドビンの拒否権 ドビンの拒否権 ドビンの拒否権 ドミナリアの英雄、テフェリー

成長のらせん

上記の通り、《成長のらせん》をサイドアウトすることが多いです。《樹上の草食獣》は、1→3→5ときれいに動けた場合のリターンが大きいため、サイド後も残していました。

第14期スタンダード神挑戦者決定戦・神決定戦の結果

第14期スタンダード神挑戦者決定戦

ラウンド デッキ 結果
1回戦 ティムールエレメンタル ×〇〇
2回戦 ティムールエレメンタル ×〇〇
3回戦 白黒吸血鬼 〇〇
4回戦 バントランプ 〇×〇
5回戦 赤単 〇〇
6回戦 バントスケープシフト 〇〇
7回戦 ティムールミッドレンジ 〇〇
8回戦 ID
ラウンド デッキ 結果
準々決勝 バントスケープシフト 〇×〇
準決勝 バントスケープシフト 〇〇
決勝 バントスケープシフト 〇〇

当日はデッキがかみ合い、4ゲームしか落とすことなく優勝できました。

不屈の巡礼者、ゴロス
運命のきずな運命のきずな時を解す者、テフェリー

準決勝では、劣勢の盤面で《不屈の巡礼者、ゴロス》の能力から《運命のきずな》2枚、《時を解す者、テフェリー》1枚がめくれてギリギリで勝利。決勝戦の相手はマジック・フェスト千葉2019の優勝者である中道 大輔さんと気が抜けない試合が続きましたが、なんとか決勝ラウンドの「バントスケープシフト」3連戦を制し、神への挑戦権を手に入れることができました。とにかくデッキが強く、回していてとても楽しかったです。

第14期スタンダード神決定戦

ラウンド デッキ 結果
スタンダード神決定戦 エスパーコントロール 〇〇〇

神決定戦では高橋さんの「エスパーコントロール」相手の立ち回りを理解するのに苦戦しましたが、デッキ相性のおかげでストレートで勝利することができました。サイド後は《スランの崩落》をいつ打たれるかドキドキしていました。

スランの崩落

おわりに

なんとかスタンダード神になることができて、今はうれしい気持ちでいっぱいです。強さと楽しさをあわせ持った「5色スケープシフト」を、みなさんにもぜひ使っていただければと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

江原 洸太 (Twitter)

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
江原 洸太

江原 洸太 江原 洸太は2018年の夏に開催されたHareruya Hopes選考会を勝ち抜き、Hareruya Hopesに加入した新進気鋭のプレイヤー。《不屈の巡礼者、ゴロス》を使った新機軸のスケープシフトを巧みに操り、第14期スタンダード神挑戦者決定戦を制すると、神として待ち構えていた高橋 優太をも打ち破り、第14期スタンダード神に就任した。 江原 洸太の記事はこちら