決勝:籠谷 直太 (青白奇跡) vs. 馬場 大樹 (ANT)

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

By Ken’ichiro Omori

二度目の帝王襲名がかかる大一番

第7期関西帝王戦レガシーの決勝戦はなんと、帝王経験者同士の対戦となった。

馬場 大樹 (ANT)

馬場 大樹

“初代関西レガシー帝王” 馬場 大樹

馬場 大樹初代関西レガシー帝王である彼は今回も愛機ANTと共に勝ち上がってきた。

願い爪のタリスマン

馬場が戴冠した当時から《ギタクシア派の調査》が失われてしまったが、今尚レガシーフォーマットのコンボデッキの筆頭として君臨している。『エルドレインの王権』から採用された《願い爪のタリスマン》《悪魔の教示者》たりえるのか。

籠谷 直太 (青白奇跡)

籠谷 直太

“第5期関西レガシー帝王” 籠谷 直太

第5期レガシー帝王籠谷 直太奇跡コントロールを使い、レガシーの代名詞たる《意志の力》を初めて関西帝王戦の頂点へと導いたプレイヤーだ。今回も《終末》《相殺》と相性抜群の《神秘の聖域》を得て進化を遂げた奇跡コントロールを使用している。

終末神秘の聖域相殺

どちらが勝利しても関西帝王戦史上初の同一フォーマットで二度目の帝王襲名となる。果たして歴史に名を刻むのはどちらの帝王か。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

籠谷 直太 対 馬場 大樹

決勝戦

Game 1

先手籠谷は《思案》、後手馬場は《定業》からのスタートとなる。

さらに馬場は2ターン目にも《定業》を2連打、籠谷も3ターン目に《瞬唱の魔道士》《思案》をフラッシュバックと、両者共に手札を整えてゆく。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

しかし馬場が3ターン目に放った《強迫》から一気にゲームは動きだす

強迫

《否定の力》《意志の力》《思案》《精神を刻む者、ジェイス》《剣を鍬に》×2という籠谷の手札から《否定の力》を落とすと、《水蓮の花びら》《ライオンの瞳のダイアモンド》を続けてプレイ。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

2枚のアーティファクトを通した籠谷だが、《水蓮の花びら》を生け贄に捧げながら唱えられた《陰謀団の儀式》《意志の力》でカウンターされる。これにより馬場の攻勢は一旦終了となる。

自ターンを迎え、《Volcanic Island》をドローした籠谷は《精神を刻む者、ジェイス》。手札に残った2枚の《剣を鍬に》を有効牌へと変えるべく[0]能力を起動する。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

だが次のターンに馬場が唱えた《陰謀団の儀式》が今度は通る。そして馬場の《思考囲い》により籠谷の手札は3枚の土地であることが明らかにされる。

こうなると後は馬場の独壇場《冥府の教示者》を唱え解決前に《ライオンの瞳のダイアモンド》を生け贄に捧げ3マナを生み出すと共に「暴勇」を達成。すでに手札にあった《炎の中の過去》が墓地へと送られ《冥府の教示者》はさらなる《陰謀団の儀式》を馬場の手札へ。

冥府の教示者ライオンの瞳のダイアモンド炎の中の過去

《炎の中の過去》が唱えられ、《陰謀団の儀式》が次々とフラッシュバックされてゆき……。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

長年ANTデッキを使い、帝王の座にも就いた馬場が手順をミスするわけもなく、籠谷はこのコンボの過程で投了を選択した。

籠谷 0-1 馬場

Game2

後手馬場の《定業》から幕開けとなった第2ゲーム。

籠谷は馬場のターン終了時に《渦まく知識》。手札を整え、ライブラリーのカードを固定すると自ターンで《相殺》を戦場へ!

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

このマッチのキーカードとも言えるエンチャントを早くも設置することに成功した籠谷《渦まく知識》でお伺いを立ててみる馬場だが、籠谷のライブラリートップは《先触れ》《渦まく知識》はあえなく打ち消される。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

馬場は《相殺》に打ち消されないうちに《ライオンの瞳のダイアモンド》を設置してターンを返す。籠谷は《先触れ》で再度ライブラリーを操作。

馬場は《定業》で仕掛けると、籠谷はここではライブラリーをめくらず《紅蓮破》でカウンターすることを選択

紅蓮破

これを見てライブラリートップが1マナのカードではないと判断したか、馬場は《思案》を続ける。籠谷は《溢れかえる岸辺》の起動を少し考えるが、結果起動はせず馬場の《思案》は解決される。

籠谷の現在のライブラリートップは《冠雪の平地》。マナアーティファクトへの牽制のためにライブラリー上では有用だが、このまま引きたくはないカード。籠谷は自身のアップキープに《溢れかえる岸辺》を起動し新たなカードを求める。

籠谷は《先触れ》でまたもライブラリーを操作すると、2枚目の《相殺》を設置。着々と防衛網を強化してゆく。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

1ターン動きの止まった馬場だが、《相殺》の脅威は時間が解決してくれる問題ではない。意を決し《思考囲い》をプレイする。だが籠谷は《相殺》の能力が解決する前に《溢れかえる岸辺》を起動すると、現れたのは《神秘の聖域》

神秘の聖域

《先触れ》をその能力の対象に取り、《思考囲い》を打ち消しにかかる。

馬場はライブラリートップが1マナに固定される前にと、対応して《暗黒の儀式》しかしこれも《呪文貫き》によりカウンター。馬場の呪文が通らない。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

籠谷はさらに《先触れ》でライブラリーを操作。馬場が唱えた《ザンティッドの大群》《思案》をめくりカウンターする。そして籠谷がその《思案》を唱えると、ついに《精神を刻む者、ジェイス》が戦場に降り立つ

精神を刻む者、ジェイス

これで[0]能力により手札補充+ライブラリー操作が毎ターン行われることとなる。《相殺》をコントロールする籠谷にとって最強の援軍だ。

しかし《精神を刻む者、ジェイス》を唱えた籠谷の土地はフルタップ。ここを機と見たか、馬場は《陰謀団の儀式》を唱えてゆく。だが籠谷はこれも《意志の力》でカウンター。徹底的に馬場の呪文をシャットアウトする。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

さらに籠谷はクロックとなる《瞬唱の魔道士》、馬場へのさらなる枷となる《覆いを割く者、ナーセット》を追加。最後の攻めも《相殺》によりカウンターされてしまった馬場は、第3ゲームへと向かう準備を始めた。

籠谷 1-1 馬場

Game 3

お互いが《思案》を一度ずつ撃ち合い迎えた3ターン目、先手の馬場が早くも動く

まずは《花の絨毯》。これが通ると第2メインフェイズへ移行して2マナを生み出し、《水蓮の花びら》《ライオンの瞳のダイアモンド》と並べてゆく。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

そして、《ライオンの瞳のダイアモンド》以外のマナをすべてつぎ込み馬場が唱えたのは《むかつき》

むかつき

ここまでの呪文を全て通してきた籠谷だが、これだけは許すわけにはいかない。この《むかつき》へ向けて《呪文貫き》を放つ。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

嫌な気配を感じながらも、みすみす《むかつき》を打ち消されるわけにいかない馬場。《ライオンの瞳のダイアモンド》を起動し、《呪文貫き》に要求されたマナを支払う。

そうして全てを出し尽くした馬場へ、籠谷の《意志の力》が突き刺さる

意志の力

全力の攻めをかわされた馬場、手札が回復するまで待つほかない。籠谷も土地を置くのみで、しばらくは両者から大きな動きはなくターンが進んでゆく。

そして数ターン後、馬場の戦場に《ザンティッドの大群》が現れる。

ザンティッドの大群

ここまで能動的な動きのない籠谷の手札はリアクションスペルばかりだと予想できる。この《ザンティッドの大群》が生き残れば馬場にとって大きなチャンスとなる。

籠谷は《沸騰する小湖》を起動すると、《神秘の聖域》《思案》をライブリートップへ。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

そしてこの《思案》で見事《仕組まれた爆薬》へ辿り着く。もちろんX=1で設置して即起動。《ザンティッドの大群》《花の絨毯》もろとも吹き飛ばす。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

2枚目の《ザンティッドの大群》《剣を鍬に》されてしまうが、《思案》《定業》でなんとか手札を整えてゆく馬場。

そしてついに再度馬場が動く。まずは《陰謀団の儀式》。これに対応して籠谷からは《外科的摘出》が飛ぶ。対象は《ライオンの瞳のダイアモンド》

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

これにより明らかになった馬場の手札は《水蓮の花びら》《冥府の教示者》

《陰謀団の儀式》は通り、《水蓮の花びら》《冥府の教示者》が唱えられてゆく。このまま籠谷からの対応がなければコンボ成立となるが、《冥府の教示者》へは《否定の力》が飛ぶ。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

またも全力の攻めが実らなかった馬場。だがこの攻防により籠谷の手札も残り1枚となる。

籠谷はリソースを回復すべく《溢れかえる岸辺》を起動。《神秘の聖域》を導き再度《思案》をライブラリートップへ。そしてこの《思案》《精神を刻む者、ジェイス》へと繋がる

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

[+2]能力を起動し、馬場のライブラリーを検閲。明確な脅威でないことを確認するとそのままライブラリーの上に残す。

馬場はドロー、ゴー。

籠谷はジェイスの[0]能力を起動するとさらに《先触れ》。順調に手札を回復させてゆく。

馬場は《強迫》で籠谷の《瞬唱の魔道士》《至高の評決》《渦まく知識》という手札から《渦まく知識》を抜き、《定業》をプレイ。

しかしこれも《瞬唱の魔道士》からの《紅蓮破》「フラッシュバック」により阻まれる。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

そしてついに、籠谷の戦場に《相殺》が現れる

相殺

果敢に《冥府の教示者》を唱えてゆく馬場だが、これも《意志の力》でカウンター。籠谷のマナはすでに潤沢なため、代替コストを支払わせることも叶わない。

籠谷は次の馬場のドローフェイズに《冥府の教示者》《外科的摘出》。チューターカードの根絶やしを目論むが、馬場がこのターンに引いたカードは別のチューターカードである《闇の誓願》

闇の誓願

これには籠谷からのカウンターはなく、ライブラリーから今一番必要なカードを探し出すことが可能となった馬場。果たして籠谷の防衛網を潜り抜ける術はあるのか

しかし1枚のカードでは勝利までは辿り着けず。最重要のカードを手に入れた馬場は残りのピースが揃うのを待つ。

だがターンが進めば進むほど《精神を刻む者、ジェイス》は籠谷にカードを供給する。

第2ゲームと同じように、《精神を刻む者、ジェイス》《相殺》《覆いを割く者、ナーセット》、さらにはダメージクロックとなる《瞬唱の魔道士》と鉄壁の布陣を完成させる。

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

馬場は意を決して《陰謀団の儀式》を唱える。これが通り、馬場は最後の手札となった《炎の中の過去》を解き放つ

だが無情にも、籠谷の《相殺》によって公開されたカードは《至高の評決》

第7期関西帝王戦レガシー決勝戦

《炎の中の過去》は打ち消され、史上初同一フォーマットでの二度目の戴冠という栄光は稀代の奇跡コントロール使いが手にすることとなった

籠谷 2-1 馬場

籠谷 直太

『第7期関西帝王戦レガシー』優勝は籠谷 直太!おめでとう!

カバレージトップへ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム 晴れる屋メディアチームの記事はこちら

このシリーズの過去記事

過去記事一覧へ