メタゲームブレイクダウン:スタンダード

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

メタゲームブレイクダウン

《王冠泥棒、オーコ》が禁止になり、はや1か月が経とうとしている。思えば、11月上旬に開催されたミシックチャンピオンシップ VIでは《王冠泥棒、オーコ》を搭載したデッキが約70%にものぼる事態になっていた。

では、禁止から1か月経過して行われた本大会(参加者227名)のメタゲームはどうなったのだろうか。早速見ていくことにしよう。

アーキタイプ 使用者数 使用率
ジャンドサクリファイス 33 14.5%
ジェスカイファイアーズ 27 11.9%
シミックランプ 26 11.5%
シミックフラッシュ 24 10.6%
ゴルガリアドベンチャー 22 9.7%
《荒野の再生》 18 7.9%
ティムールアドベンチャー 13 5.7%
青白コントロール 9 4.0%
波乱の悪魔フェイに呪われた王、コルヴォルド

ご覧いただいた通り、最大勢力はジャンドサクリファイスの14.5%。先日のミシックチャンピオンシップ VIIピオトル・グロゴゥスキ/Piotr Glogowskiを見事優勝に導いたデッキだ。同じサクリファイス系のデッキでも、ラクドスカラーやゴルガリカラーなどはほぼ存在しなかった。

創案の火終末の祟りの先陣エリマキ神秘家エッジウォールの亭主

2番手以降の勢力もMC VIIの結果が色濃く反映されている。ジェスカイファイアーズ、シミックランプ、シミックフラッシュ、ゴルガリアドベンチャーはどれも同大会でトップ8に入賞したものだ。3名のプレイヤーをトップ8に送り込んだシミックフラッシュは鮮烈なデビューを飾り、一躍人気デッキのひとつとなっている。


《王冠泥棒、オーコ》一強の時代は終わり、多彩なデッキが環境トップの座を奪おうとしている。MC VIIでシミックフラッシュが突如として現れたように、また新たなデッキたちが顔を見せる可能性はあるだろう。そして来月には『テーロス還魂記』が発売される。スタンダードは今後も変化し続けていくはずだ。

カバレージトップへ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム 晴れる屋メディアチームの記事はこちら