決勝戦:伊勢 知弘(逆説ストーム) vs. 芥川 正樹(MUD)

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

By Yuma Yamamura

2019年最後を締めくくる帝王は?

2019年最後となった帝王戦ヴィンテージ。今回も全国からたくさんのプレイヤーにお越しいただき、前回を上回る44名での開催となった。

伊勢 知弘

伊勢 知弘

そんな数々のタイトルホルダーが跋扈し、鎬を削った本大会。決勝まで勝ち上がったのは、地元大阪の伊勢 知弘。ヴィンテージプレイヤーの集まるお店「ふらっと」の常連で、大阪のコミュニティーに明るい。ヴィンテージの数あるコンボデッキの一つ、逆説ストームを巧みに操り優勝を狙う。

芥川 正樹

芥川 正樹

そして山口県からの刺客、芥川 正樹。MUDの研究会、「日本煙突協会」に属し、本大会もMUDを駆ってここまで上り詰めた。

関西勢同士となった今回の対決。前回帝王Uemuraやヴィンテージ神就任経験もある鳥海など、たくさんのギャラリーが見守る中で、栄えある帝王の座に君臨するのは果たしてどちらか。

  • 伊勢 知弘
  • 「逆説ストーム」
  • 第2期関西帝王戦ヴィンテージ

決勝:伊勢 知弘(左) vs. 芥川 正樹(右)

決勝

Game 1

ファイレクシアの破棄者

伊勢の立ち上がりは《霧深い雨林》《Mox Ruby》。対する芥川は《Mox Emerald》《ミシュラの工廠》から《ファイレクシアの破棄者》

これが通り《Mox Ruby》を指定、伊勢のマナを拘束する!

神秘の教示者Ancestral Recall

芥川のエンドフェイズに伊勢は《神秘の教示者》を唱え、持ってくるのは《Ancestral Recall》!!

1ターン目にしてもう目まぐるしい展開だ!!

2ターン目、伊勢は手に入れた《Ancestral Recall》をすぐさま唱えて手札を補充。《汚染された三角州》《Black Lotus》《オパールのモックス》を盤面に追加し、次のターンへ繋げる。

芥川は《古えの墳墓》から《アメジストのとげ》。 クリティカルな1枚だが、これは《意志の力》で弾かれてしまう。ここでコストに使用したのは、《逆説的な結果》……。

嫌な予感はするが、ほかにできる行動はなく《ミシュラの工廠》《ファイレクシアの破棄者》で殴ってターンを返す。エンド前に伊勢は《汚染された三角州》《Tropical Island》へ。

逆説的な結果

マナが十分な伊勢、勝負の3ターン目が始まる。まず手札から《汚染された三角州》を出して即《Underground Sea》へ。 そして、《逆説的な結果》《オパールのモックス》《Mox Ruby》《Black Lotus》を戻し3枚ドロー!!

ギタクシア派の調査

伊勢はここでストームをカウント開始。芥川を倒す算段を付け始める。次に、ライフをコストに《ギタクシア派の調査》を唱えて芥川の手札を確認。公開されたのは《ミシュラの工廠》《石とぐろの海蛇》と2枚の《高速警備車》

邪魔するものは何もない。

時を越えた探索

《オパールのモックス》《Mox Ruby》《Mox Pearl》《Black Lotus》と並べて《Black Lotus》から青3マナを発生させ、《時を越えた探索》!!

修繕ボーラスの城塞

……しかし非常に強力なカードを唱えたはずだが、あまり伊勢の表情が芳しくない。あまりにも有効牌がなかったのか、渋い顔で2枚を選択する。 しかしまだ終わった訳ではない。機能停止した《Mox Ruby》をコストに《修繕》をプレイし、持ってくるのは《ボーラスの城塞》!!

「土地なら負け……」とこぼしながらゆっくりとトップを捲る……。

ここで伊勢は

ターンエンド

無念!ここでストップしてしまった!!

高速警備車

チャンスが巡ってきた芥川だが、持っているカードでは伊勢を仕留めきることができない。先ほど公開された《ミシュラの工廠》セットからの《高速警備車》《ファイレクシアの破棄者》と合わせて攻撃し、伊勢のライフを残り3まで落とす。

ターンが戻ってきた伊勢の4ターン目。ドロー後手札から《渦まく知識》。さらに立て続けにトップから《Mox Jet》《霧深い雨林》。そして手札の《定業》。ここでもう一度ストームをカウントし始める。

逆説的な結果

《霧深い雨林》《Underground Sea》へ変換し、2回目の《逆説的な結果》《Mox Jet》《Mox Pearl》《オパールのモックス》を回収し3ドロー!

がここでも良い札に巡り合えなかったのか、思わずため息が漏れる…。

Time Walk商人の巻物逆説的な結果

だがまだ諦めたわけではない。《Mox Jet》《Mox Ruby》《オパールのモックス》再展開からの《Time Walk》さらに、《商人の巻物》から最後の《逆説的な結果》を手札に加え最後の望みへと繋げる!

師範の占い独楽

さぁ、後がない伊勢の5ターン目。トップから《師範の占い独楽》を唱え残りライフ1。そして、《師範の占い独楽》のドロー能力にスタックして《逆説的な結果》《Mox Jet》《Mox Pearl》《オパールのモックス》《師範の占い独楽》を手札へ戻し4ドロー+《師範の占い独楽》の能力で追加ドロー!!

が、芥川を倒す札にまだ巡り合えないか。《Mox Jet》《Mox Pearl》《オパールのモックス》を再再展開後、《思案》でさらに模索する。手札から新しい《オパールのモックス》を出して《トレイリアのアカデミー》《師範の占い独楽》を出して能力でトップを確認するが寂しい笑いがこぼれる……。

ここでアクションの止まってしまった伊勢、無念の投了となった。

伊勢 0-1 芥川

Game 2

伊勢は最初のハンドを一瞥するなりマリガン。対する芥川はノータイムでキープ。次のハンドも「全然違う」と伊勢、痛恨のダブルマリガン。なかなか満足できる手札に巡り合えない。次の7枚でうなりながら渋々キープ。

1ターン目、《Mox Sapphire》から《定業》。1枚を手札に加え、もう1枚は下に送り《汚染された三角州》《Mox Ruby》《オパールのモックス》を展開しターンを返す。ダブルマリガンながらもマナを伸ばすことができた。まだまだ挽回できそうだ。

無のロッド

だがそんな希望を打ち砕くがごとく、芥川は《Mishra’s Workshop》から致命的となる《無のロッド》!!

磁石のゴーレム

伊勢のマナ基盤の3/4が機能停止してしまう!何とかしなくてはならない伊勢は、芥川のエンド前に《汚染された三角州》《Underground Sea》へ変換し、《吸血の教示者》。2ターン目ドロー後、持ってきていた《Ancestral Recall》を即使用し手札を追加するが、やはり《無のロッド》が重くのしかかる。そして、芥川の次の一手は《古えの墳墓》からの《磁石のゴーレム》!!

さらに締め上げに掛かる!!

「アカデミー」と祈りながらドローするが、あるのは《霧深い雨林》……。

ターンが返ってきた芥川は、《不毛の大地》《Underground Sea》を狙いマナを伸ばすことを許さない。フェイズが移行する前に《霧深い雨林》《Tropical Island》へ変え《Underground Sea》が残したマナと合わせて《渦まく知識》。祈りを込めてドローをするが、ここでも何も発見することができない様子の伊勢。

芥川は《磁石のゴーレム》の攻撃後、《ファイレクシアの破棄者》を追加。芥川の戦場と自身の手札。 提示された情報をもとに必死に思考を巡らせるが、勝利への道が閉ざされたことを悟った伊勢はここで投了となった。

伊勢 0-2 芥川


芥川 正樹

『第2期関西帝王戦ヴィンテージ』優勝は芥川 正樹!おめでとう!!

カバレージトップへ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム 晴れる屋メディアチームの記事はこちら

このシリーズの過去記事

過去記事一覧へ