『基本セット2021』を使い倒そう! ~アゾリウスコントロール&イゼットスペル~

木原 惇希

木原 惇希

はじめに

お久しぶりです。Hareruya Prosの木原 惇希(@Kihara_Works)です。いよいよ『基本セット2021』が発売されましたね!みなさんはすでに使いたいデッキを決めましたか?

今回の記事では、『基本セット2021』発売後の新環境のスタンダードについて、いくつかのデッキ案とともに考えていこうと思います。

前環境からのアップデート

今回はローテーションで落ちるセットがないので、前環境で使っていたデッキを単純にアップデートすることができます。慣れ親しんだデッキの大枠が変わらなければプレイスタイルを大きく変える必要もありませんし、デッキの動きがわかっているので新しく欲しいカードも分かりやすいですよね。

それでは、先日行われたプレイヤーズツアー・オンライン3で使用したアゾリウスコントロールをアップデートしてみます。

旧アゾリウスコントロール

新アゾリウスコントロール

素早い反応

待望の2マナの確定除去を得たことにより、各種プレインズウォーカーを守りやすくなりました。

時の支配者、テフェリー

《時の支配者、テフェリー》このデッキにかなりマッチしています。[+1]能力により後半いらなくなった土地や、相手のデッキに合わない除去やカウンターをドローに変えたり、《エルズペス、死に打ち勝つ》のⅢ章の前に墓地に《夢さらい》を送ったり、[-3]能力で自身やほかのプレインズウォーカーを守ったりと活躍の幅は様々です。

精神迷わせの秘本

《精神迷わせの秘本》は、《アズカンタの探索》《宝物の地図》を足して2で割ったようなカードで、カウンターや《サメ台風》を構えたいこのデッキにピッタリの1枚。4点ゲインはアグロデッキ相手にカード1枚分以上の働きをすることもありますし、《時を解す者、テフェリー》で手札に戻して再利用しても強いですね。

新カードでデッキを作ろう

嵐翼の精体真実の視認

新しいカードを軸にデッキを考えるのは、デッキビルダーにとって最高に楽しい時間のひとつですよね。今回は《嵐翼の精体》《真実の視認》に注目してデッキを作ってみました。

1マナが18枚!《秘密を掘り下げる者》(《嵐翼の精体》)、《宝船の巡航》(《真実の視認》)と昔のレガシーのデルバーデッキのようなものができました。

最大速度

《最大速度》《戦慄衆の秘儀術師》《スプライトのドラゴン》と非常に相性がよく、後半は《嵐翼の精体》に速攻を付けて一気に大ダメージを狙いましょう。デッキのほとんどのカードが2マナ以下なので、スペルを連打したい人にオススメです。

『基本セット2021』で期待しているカード

上のデッキで使っているカード以外でも、『基本セット2021』には注目しているカードがたくさんあります。

《高山の犬師》

高山の番犬高山の犬師炎血の野犬

2種類の犬を持ってくることにより、懐かしの《戦隊の鷹》のように息切れ防止に役立ってくれそうな1枚。本体も2マナ2+X/2と横並びデッキで活躍できる能力で、《軍団のまとめ役、ウィノータ》《エンバレスの宝剣》と合わせて使いたいですね。

《天界の語り部》

天界の語り部

毎ターン4/4飛行はかなりの脅威!能力を起動するには「ライフが27以上必要」と条件は緩いほうなので、《アジャニの群れ仲間》などほかにもライフゲインと相性のいいカードでデッキが組めそう。

《崇高な天啓》

崇高な天啓

デカクリコマ!(《謎めいた命令》)

《難破船の探知者》《神秘の聖域》で使いまわしたら気持ちよくなれること間違いなし。6マナを構えるのは非常に大変ですが、ハマればそのまま相手を制圧できるのでコントロールフリークとしてはなんとか上手く使いたい1枚。

おわりに

今回はスタンダードを中心に『基本セット2021』のカードについて考えてみましたが、スタンダード以外のフォーマットでも活躍できそうなカードはたくさんあるので、まだまだこのセットを満喫できそうです。

新セット発売はすべてのプレイヤーにとって楽しいものなので、各々の楽しみ方で『基本セット2021』を存分に味わってください。7月23日(木・祝)には、現在僕が神を務めるリミテッドで神挑戦者決定戦が開催されます。『基本セット2021』を使ってたくさん遊べるので、みなさまの参加をお待ちしております。

それではまたどこかで!Good Luck!!!

木原 惇希 (Twitter)

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木原 惇希

木原 惇希 木原 惇希は構築戦を得意とするゴールドレベルプロ。環境把握、そしてメタゲームに合わせたデッキ構築に長けており、彼が作り上げるデッキは「キハラワークス」と呼ばれ多くのプレイヤーから信頼を集めている。グランプリ準優勝2回を筆頭に構築戦の戦績が目立つものの、苦手なフォーマットがないオールラウンダーで、リミテッド戦で開催されたグランプリ・京都2017でも準優勝に輝いている。 木原 惇希の記事はこちら