素晴らしきヴィンテージ ~おすすめデッキ診断~

Kasper Nielsen

Kasper Nielsen

Translated by Nobukazu Kato

原文はこちら
(掲載日 2020/08/13)

はじめに

みなさんこんにちは。

ここ数週間、私はマジックの情熱をとあるフォーマットに傾け続けた。正直に告白すると、人生の大部分においてそのフォーマットには見向きもしてこなかった。そう、私が夢中になっているフォーマットとは、ヴィンテージだ。

Black Lotus

「(T),《Black Lotus》を生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ3点を加える。」

私のことをご存知の方ならば、こんなことを思ったかもしれない。「どうしてヴィンテージに興味を持ったんだ?」「君らしくないな」「一体何があったんだ?」と。答えはシンプルだ。私はただマジックというゲームを違った形で楽しむ方法を探していた。そしてその条件に見合ったのがヴィンテージだったのだ。

Time Walk

「あなたは、このターンに続いて追加の1ターンを行う。」

どうしてヴィンテージを選んだのか。急にこのフォーマットに引き寄せられた要因はなんだったのか。簡単に言えば、ヴィンテージは”常に”常軌を逸したことが起こるフォーマットだからだ。それは自分にも相手にも起こる。

本音を言えば、現在の状況ではヴィンテージが持つようなものこそ私のゲーム体験で必要なものだった。全体のパワーバランスに議論の余地があるとしても、いくつかのカードの組み合わせが生み出す強烈な動きを妥当なものとして受け入れられるフォーマットを欲していたのだ。

マジックに対してこういった感情のいずれかを持っているならば、あるいは単純にヴィンテージというフォーマットに興味を持っているならば、この記事はあなたにピッタリのものになるだろう。数あるヴィンテージのアーキタイプをリスト化し、この素晴らしきフォーマットにおいて各タイプのマジックプレイヤーが好むようなアーキタイプを示していく

アーキタイプ

この項では、ヴィンテージのデッキを大きく4つのカテゴリーに分けていく。それぞれのカテゴリー内にはデッキのバリエーションが山ほど存在しているが、4つのカテゴリーに分けることでそのカテゴリーに属するデッキ群のゲームプランがおおむね理解できるはずだ。

1. 《Mishra’s Workshop》デッキ

Mishra's Workshop

「(T):あなたのマナ・プールに(◇)(◇)(◇)を加える。このマナは、アーティファクト呪文を唱えるためにしか支払えない。」

《Mishra’s Workshop》デッキはほぼずっとヴィンテージの定番であり続けているデッキだ。昔は《煙突》《からみつく鉄線》《三なる宝球》などを組み込んだ形が主流だった。相手をロックしてまともにゲームをさせず、《巨大戦車》に類するクリーチャーでゲームに決着をつける。

煙突からみつく鉄線三なる宝球巨大戦車

このアーキタイプは長い年月をかけて今もなお進化しており、現代では特に人気の構成が2つある。ラベジャーショップと、新生のゴロスショップだ。

電結の荒廃者不屈の巡礼者、ゴロス

まずお断りしておくが、3つ目に並べたリストは《Mishra’s Workshop》を利用していない。白単エルドラージはこの強力な土地を含めていないが、ほか2つのデッキとほぼ同じ戦略を採用している。エルドラージクリーチャーや白のクリーチャーによってそれを遂行しているが、ここではわかりやすさの便宜上、《Mishra’s Workshop》デッキのカテゴリに含めている。

抵抗の宝球三なる宝球アメジストのとげ

上記の3つのデッキは同じタイプの戦略を用いる。《抵抗の宝球》《三なる宝球》《アメジストのとげ》など、相手に呪文を唱えづらくさせるものを広く採用しているのだ。

クルーグの災い魔、トラクソス石とぐろの海蛇

ラベジャーショップとゴロスショップは大きく異なる方法で勝利を目指す。ゴロスショップは基本的に完全なロックで身動きがとれないようにするのに対し、ラベジャーショップは相手の行動を妨害しているうちに《クルーグの災い魔、トラクソス》《石とぐろの海蛇》などの大型クリーチャーで勝利する。どちらのデッキも《Mishra’s Workshop》による膨大なマナを継続的に発生させられるため、自分だけは《抵抗の宝球》などによる追加のマナコストを難なく支払えるようになっている。

では、このアーキタイプを楽しめるのはどんなプレイヤーだろうか。このアーキタイプは主に2つのプレイヤー層に訴えかける。精巧なロックで相手の行動を縛り、ろくにプレイさせないことを好むプレイヤーならば、ゴロスショップが優れたデッキ選択になる。クリーチャーによる戦闘と妨害が好きで、相手がうろたえているうちにライフを0にしたい。そんなあなたにはラベジャーショップだ。

2. 《Bazaar of Baghdad》デッキ

Bazaar of Baghdad

「(T):カードを2枚引き、その後カードを3枚捨てる。」

《Mishra’s Workshop》と同様、《Bazaar of Baghdad》デッキは長らくの間ヴィンテージの定番となっている。そして、このデッキは一般的なヴィンテージのデッキとは大きく毛色が異なるものだ。

イチョリッドナルコメーバ陰謀団式療法
戦慄の復活黄泉からの橋

《Bazaar of Baghdad》デッキがマジックのマナシステムを使い始めたのは、ごくごく最近になってからだ。伝統的には《イチョリッド》《ナルコメーバ》《陰謀団式療法》《戦慄の復活》など、墓地から呪文をプレイすることがほとんどである。《黄泉からの橋》は打開不能な盤面を構築し、ときには2~3ターンキルを可能にする。どんなデッキかまだわからない人もいるだろうか。私がここで話題にしているのは、悪名高きドレッジである。

ドレッジも時間をかけて進化してきたデッキだが、ようやく手札から唱えられる呪文を採用するようになった。《意志の力》《否定の力》《精神壊しの罠》などである。しかし、基本的なプランは変わらない。初手に《Bazaar of Baghdad》がくるまでマリガンする。ロンドンマリガンが採用されたことで、より一層安定して初手にくるようになった。

このデッキはマジックにおいてもっとも一般的なリソースだと考えられているマナとカード枚数を度外視している。すべての行動は墓地から行われるため、私も手札が1枚になるまでマリガンしたプレイヤーに負けたことが何度かあるほどだ。

《Bazaar of Baghdad》を使うデッキは何もドレッジだけではない。最近になって《Bazaar of Baghdad》をデッキのメインエンジンとして活躍するデッキがもうひとつ登場した。そのデッキとは、《甦る死滅都市、ホガーク》デッキである。

甦る死滅都市、ホガーク

このデッキは、みなから愛されている“死滅都市”を強く使うために《Bazaar of Baghdad》を採用している。ドレッジと似たゲームプランを狙うが、対策カードに耐性がある反面、ゲーム速度はやや低下する。

モダンの”ホガークの夏”にいい思い出がある、あるいは各フォーマットでドレッジを使ってきたプレイヤーであれば、それより超強化されたこれらのデッキはみなさんの嗜好に合うはずだ。

3. 《Ancestral Recall》デッキ

Ancestral Recall

「プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを3枚引く。」

マジックの歴史上、《Ancestral Recall》を採用したくない青のデッキはないだろう。しかしここではデッキの範囲を絞り、《Ancestral Recall》に加えて《意志の力》を採用し、それらを全体のゲームプランの一部としているデッキ群を指すことにする(なかには《宝船の巡航》《時を越えた探索》といったドローソースを追加採用しているものもある)。

宝船の巡航時を越えた探索意志の力

正直に言うと、それでもこのカテゴリーにはデッキの形・サイズが無数にある。ただ、その多くは何らかのコンボフィニッシュを持っている。《僧院の導師》 + 《Time Walk》であったり、《最後の審判》デッキの《タッサの神託者》 + 《Demonic Consultation》であったりする。《秘密を掘り下げる者》《若き紅蓮術士》《死儀礼のシャーマン》《タルモゴイフ》、あるいは《ダク・フェイデン》《覆いを割く者、ナーセット》を使った構成も存在しており、どれもヴィンテージで活躍できる実力がある。

こういった青の超強力呪文を軸にした数々のデッキのサンプルを示そう。

  • サンプルリスト
  • (ヴィンテージ)

すべてのデッキに共通しているのは、その主たるゲームプランだ。《Ancestral Recall》《意志の力》、その他のドロー呪文/打ち消し呪文により、コンボフィニッシュを決めたり、次のカテゴリーで紹介するデッキ群から身を守りながらプレッシャーをかけられるようにしている。

このカテゴリーは多種多様なプレイヤーに訴えかけるものであり、幅広い人に受け入れられるだろう。古典的なミッドレンジのファンにとってはここが居場所になるはずだ。伝統的なコントロール、テンポ、コンボコントロールのファンも同様だろう。ここに掲げたデッキたちは、みなさんが上の環境で慣れ親しんだデッキよりも大幅に強化されたものになる。

4. コンボデッキ

苦悶の触手ゴブリンの放火砲

さて、ここまでは何らかのコンボやコンボらしい方法で最終的な勝利を目指すデッキ群をチェックしてきた。では、ここであえて”コンボ”というカテゴリーを再び設ける理由は何だろうか?この4つ目のカテゴリーは、守るために《意志の力》などを採用することなく、コンボに特化させたものを指す。コンボを決めることに専心したデッキだ。フィニッシュ手段は《苦悶の触手》《ゴブリンの放火砲》に限らず、強烈なゲームエンドにつながるもの全般である。

ここ最近では、ヴィンテージにおいて多大な成功を収めている純粋なコンボデッキはひとつしかない。これは当然のことのようにも思える。ヴィンテージで採用されるカードのほとんどはコンボデッキに強いのだ。コンボデッキは《Ancestral Recall》や青のキャントリップを使ってコンボパーツを探し出し、2~3ターン目の勝利を目指す。

修繕

「この呪文を唱えるための追加コストとして、アーティファクトを1つ生け贄に捧げる。あなたのライブラリーからアーティファクト・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。」

コンボデッキでは《修繕》がほぼ間違いなく採用されている。デッキリストをいくつか拾い読みしてみれば、《修繕》がちらほらと見受けられるはずだ。《ボーラスの城塞》が登場したことで最近強化されたカードでもある。サイドボードから《荒廃鋼の巨像》などを投入することで、よりシンプルなバックアッププランを用意することも可能だ。直近で人気のコンボデッキは青黒ベースのストームデッキだろう。

こういったタイプのデッキをおすすめしたいのは、ゲーム内でパズルを解くことが好きなプレイヤーである。相手が妨害してきたとしても、コンボを押し通せるように入り組んだルートを見出したいプレイヤーだ。

おわりに

さて、今回の内容は以上になる。ヴィンテージは広大なフォーマットだ。イノベーションの余地は多大にあり、そのカードプールの膨大さから新セットが出るたびに、ほぼ間違いなく新たなコンボが見出される。

この記事を通してヴィンテージの可能性、みなさんの趣味に合うデッキ、そしてみなさんらしいマジックの楽しみ方のヒントを示せたら幸いだ。

今回もお付き合いいただきありがとう。また次回。

カスパー・ニールセン (Twitter)

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Kasper Nielsen

Kasper Nielsen カスパー・ニールセンはデンマーク出身のプロプレイヤー。小さなころから大舞台での成功を夢見ていたニールセンは、グランプリ・ユトレヒト2017で自身初となるトップ8進出を果たすと、後にチームメイトとともにグランプリ・リヨン2017でもトップ4に入賞。プロツアー『ラヴニカのギルド』ではボロスアグロを駆り、念願のプロツアー決勝ラウンドへとたどり着いた。 Kasper Nielsenの記事はこちら