決勝戦:川上 直哉(オルゾフエルドラージ) vs. 中村 亮介(エルドラージポスト)

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

By Omori Kenichiro

色なき世界で

第9期関西帝王戦レガシーの決勝戦は、エルドラージデッキ同士の対戦となった。

川上 直哉が使用するのは「オルゾフエルドラージ」。《エルドラージのミミック》から始まるビートダウンを、《変位エルドラージ》が強烈に後押しする。

対する中村 亮介は「エルドラージポスト」。《雲上の座》がもたらす大量のマナを存分に使い、重く、強力な呪文で対戦相手を圧倒する。

同じようで戦略の異なる2つのエルドラージデッキだが、果たして頂点に立つのはどちらか。

第9期関西帝王戦レガシー

決勝戦

Game 1

後手川上はマリガンしたものの、《エルドラージの寺院》から《エルドラージのミミック》、さらに《作り変えるもの》と好スタートを切る。

だが、中村の展開はそれを上回る。

難題の予見者

《エルドラージの寺院》《ウギンの目》とセットランドすると、2ターン目に《難題の予見者》川上の手から《現実を砕くもの》を抜き去る。

続けて《歩行バリスタ》をX=1で召喚して《エルドラージのミミック》を打ち落とすと、《難題の予見者》で攻撃を開始する。押され気味の川上は《作り変えるもの》でチャンプブロックして、新たなカードを求める。

ここで川上にもたらされたのは《エルドラージのミミック》。自分のターンで《変位エルドラージ》を呼び出し、3/3として攻撃を返していく。

このタイミングで中村が追加したのは2枚目となる《歩行バリスタ》!!今度はX=2でキャストして、またも《エルドラージのミミック》を排除する。この《歩行バリスタ》こそ《変位エルドラージ》の起動型能力により退場するが、中村は2枚目の《難題の予見者》でさらに手札を攻める。

変位エルドラージ

しかし、ここで川上の《変位エルドラージ》が輝きだす。潤沢なマナに裏打ちされた“明滅”効果は存分にその力を発揮し、中村の攻撃をシャットアウトしたのだ!

一時的に攻撃を遮る手段は得たが、いかんせん川上のドローがピリっとしない。中村の場に3枚目の《難題の予見者》、そして《大いなる創造者、カーン》まで駆けつけてしまっては、《変位エルドラージ》だけで戦線を支えきることは叶わなかった。

川上 0-1 中村

Game 2

先手となった川上は第1ゲームと同じく《エルドラージのミミック》からスタートし、2ターン目には《水蓮の花びら》の助けを得て《難題の予見者》

先ほどの中村がみせた“2ターン目《難題の予見者》”をやり返し、手札から《厳かなモノリス》を抜き去ると、4/4となった《エルドラージのミミック》でライフを削っていく

マリガンに加えて《難題の予見者》で手札を攻められてしまい苦しい中村。《魔術遠眼鏡》をプレイするが、川上の手札は《果てしなきもの》《エルドラージのミミック》《剣を鍬に》と止められるカードが存在しない。やむを得ず引かれては困る《不毛の大地》を指定する。川上は少考するが、攻撃後に《エルドラージのミミック》を追加。

剣を鍬に

3ターン目、中村は神座を重ね《難題の予見者》を召喚するも、川上は誘発型能力にスタックして《剣を鍬に》を放つ。川上の手から《果てしなきもの》は取り除かれるも、盤面が止まらない。

2枚の《微光地》《剣を鍬に》により回復していた中村だが、攻撃でライフは11に。次に川上がプレイするカード次第では一気に削りきられてしまう危険水域となった。

中村は攻撃を止めるべく《大いなる創造者、カーン》をキャストして[-2]能力を使い、《罠の橋》を手札へ加える。《エルドラージのミミック》のパワー4が以上にならなければ耐えられるため、次のターンから攻撃をシャットアウトできる算段だ。

変位エルドラージ難題の予見者

川上の戦場へ降り立ったのは《変位エルドラージ》。このターン中にライフを削りきることはできなかったが、中村のドロー後に《難題の予見者》を“明滅”させる

《罠の橋》を失った中村には、膨れ上がった軍勢を押し留めることはできなかった。

川上 1-1 中村

Game 3

最終ゲームは両者ダブルマリガンとなり、後手川上は《ウギンの目》から《果てしなきもの》をX=2で召喚するスタート。《古えの墳墓》をセットランドしていた中村は、川上のターン終了時に《歪める嘆き》でエルドラージ・末裔・トークンを呼び出す。

さらに《古えの墳墓》を重ねた中村の下へ、2ターン目にして《大いなる創造者、カーン》が駆けつける![+1]能力を使用してターンを返すと、《果てしなきもの》の攻撃を受けてもまだまだ十分な忠誠値が残る。

川上は《エルドラージの寺院》をセットランドして《作り変えるもの》を2体召喚し、《大いなる創造者、カーン》に対して大きなプレッシャーをかける。両者ともダブルマリガンとは思えない好展開だ。

罠の橋

中村の展開も止まらない。3ターン続けて2マナランドを置くと《難題の予見者》を召喚し、川上の手から《難題の予見者》を抜き去る。続けて《大いなる創造者、カーン》《罠の橋》を創りだすと、エルドラージ・末裔・トークンを生贄に設置してしまう。

ついに攻撃の手を止められてしまった川上。だが、度重なる《古えの墳墓》の使用によって中村のライフはすでに10《罠の橋》にさえ対処できれば一気に削り切ることも不可能ではない。

それでも中村は《古えの墳墓》をタップすると、ライフを犠牲に《厳かなモノリス》をキャストする。準備の整った中村は、あのカードへ手を伸ばす。

マイコシンスの格子

《大いなる創造者、カーン》と強烈なコンボを形成するこのアーティファクトにより、川上のデッキは機能不全に陥ってしまう。このロックから抜け出すのは至難の業であるが、なんとか一縷の望みに賭けて粘るのだが…

ダメ押しとなる《絶え間ない飢餓、ウラモグ》までも現れてしまっては、もはや逆転のチャンスは残されていなかった。

川上 1-2 中村

中村 亮介

『第9期関西帝王戦レガシー』優勝は中村 亮介!おめでとう!!

カバレージトップへ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム 晴れる屋メディアチームの記事はこちら

このシリーズの過去記事

過去記事一覧へ