【2/1~2/7】晴れる屋週間販売枚数ランキング!~カルドハイムの人気カードは?~

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

はじめに

みなさんこんにちは。

待望の新エキスパンション『カルドハイム』が発売され、新カードが構築フォーマットへと姿を現し始めています。お気に入りのカードは見つかりましたか?どのフォーマットも今が一番多様性に富んでおり、目が離せませんね。

さて、今回も晴れる屋チャンネルの「週間販売枚数ランキング!」の一部を紙面でお届けしていきます。2/1~2/7の1週間を集計期間とし、500円以上のカードを対象としています。基本土地を除く晴れる屋サイト上での販売枚数を公開していきますので、コレを読めば流行のカードからお手頃価格の掘り出し物までまるっとわかります!

それでは「週間販売枚数ランキング!」、スタートです!

30位→21位

30位:《寓話の小道》 70枚

寓話の小道

29位:《稲妻》 72枚

稲妻

28位:《万物の姿、オルヴァール》 73枚

万物の姿、オルヴァール

27位:《ニコ・アリス》 80枚

ニコ・アリス

26位:《ラウグリンのトライオーム》 82枚

ラウグリンのトライオーム

25位:《世界樹》 87枚

世界樹

24位:《揺れ招き》 104枚

揺れ招き

23位:《樹の神、エシカ》 108枚

樹の神、エシカ

22位:《ケトリアのトライオーム》 112枚

ケトリアのトライオーム

21位:《ゼイゴスのトライオーム》 119枚

ゼイゴスのトライオーム

このカードに注目!

《世界樹》

世界樹

25位は《世界樹》。生きた《イリーシア木立のドライアド》ともいえる能力を有した強力な土地であり、《樹の神、エシカ》などの5色統率者デッキで人気のカードです。

パイオニアでは《鍛冶の神、パーフォロス》とのコンボが注目されています。《自然の怒りのタイタン、ウーロ》《成長のらせん》《荒野の再生》で使えるマナを増やして能力を起動。

鍛冶の神、パーフォロス運命の神、クローティス

《鍛冶の神、パーフォロス》と八百万の神を呼び出すことで、瞬間的にライフを削りきるのです。競技とカジュアルの垣根を越え、人気のカードとなっているようです。

《樹の神、エシカ》

樹の神、エシカ

23位は《樹の神、エシカ》。『カルドハイム』から加わった統率者であり、強力な5色デッキを形成します。優秀なマナクリーチャーですが、裏面の《虹色の橋》こそこのカードの真骨頂。

樹の神、エシカ

毎ターンクリーチャーやプレインズウォーカーを無条件で供給してくれるため、エルドラージや各種エルダードラゴンなど踏み倒し放題です。5色統率者であるがゆえに構築の自由度が高いのもポイントですね。

20位~11位

20位:《撲滅する戦乙女》 128枚

撲滅する戦乙女

19位:《星界の大蛇、コーマ》 130枚

星界の大蛇、コーマ

18位:《スカイクレイブの亡霊》 131枚

スカイクレイブの亡霊

17位:《黄金架のドラゴン》 145枚

黄金架のドラゴン

16位:《戦闘の神、ハルヴァール》 147枚

戦闘の神、ハルヴァール

15位:《嘘の神、ヴァルキー》 150枚

嘘の神、ヴァルキー

14位:《神秘の反射》 155枚

神秘の反射

13位:《樹皮路の小道》 156枚

樹皮路の小道

12位:《冬の神、ヨーン》 166枚

冬の神、ヨーン

11位:《シュタルンハイムの解放》 177枚

シュタルンハイムの解放

このカードに注目!

《星界の大蛇、コーマ》

星界の大蛇、コーマ

19位は《星界の大蛇、コーマ》$5K Kaldheim Championship Qualifierを制したスゥルタイ根本原理やスゥルタイコントロールのフィニッシャーとなっています。

打ち消しや除去耐性、クリーチャー・トークンを生成し続ける制圧力とフィニッシャーの条件を満たしており、特にコントロール戦で活躍する1枚です。タップ能力に関しては近年珍しく土地を含めたパーマネント全般を対象に取れるため、色拘束の厳しいカードへの牽制にもなっています。

空を放浪するもの、ヨーリオン

忘れがちなのは「相棒」としてセットで使用される《空を放浪するもの、ヨーリオン》の存在です。なんとクリーチャータイプが海蛇なので、起動型能力のエサにも使えるのです。新スタンダードのフィニッシャーとして、高い需要を得たようです。

《嘘の神、ヴァルキー》

嘘の神、ヴァルキー

最後にご紹介するのは15位の《嘘の神、ヴァルキー》。パイオニアやモダンといった低コスト打ち消し呪文が少ないフォーマットで踏み倒し呪文と組み合わせて高速《星界の騙し屋、ティボルト》デッキとして使用されています。パイオニアでは《白日の下に》、モダンでは《暴力的な突発》《献身的な嘆願》ですね。

白日の下に暴力的な突発献身的な嘆願

直近のモダン大会では《嘘の神、ヴァルキー》デッキが上位を独占していることからも、デッキの安定は証明されていますね。

踏み倒しばかりに注目が集まってしまいますが、表面の《嘘の神、ヴァルキー》自体が十分に強力なクリーチャーです。スタンダードではラクドスサクリファイスを筆頭に黒系統のミッドレンジの手札破壊役として、確固たる地位を築きつつあります。

おわりに

次はいよいよトップ10の発表となりますが、これより先はぜひ、動画でお楽しみください!一体どんなカードが入っているのでしょうか?


今週は『カルドハイム』リリース初週ということで、新カードに需要が集中していました。特にスタンダードやモダンのコンボパーツ、統率者自身が複数ランクインしていたようです。土地関連では《トライオーム》シリーズに加えて《寓話の小道》が入っています。スタンダードに限らず幅広いフォーマットで使用できることが人気の高さの秘密といえそうです。

なお、2021年2月5日(金)より最新エキスパンション『カルドハイム』が発売となっております!下記のリンクより『カルドハイム』の商品ページへ繋がっておりますので、ぜひ、ご活用ください!!

カルドハイム

それでは次回の「週間販売枚数ランキング!」でお会いしましょう!

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム 晴れる屋メディアチームの記事はこちら

このシリーズの過去記事

過去記事一覧へ