統率者列伝 vol.4 《上流階級のゴブリン、マクサス》

いってつ

いってつ

統率者列伝 vol.4 《上流階級のゴブリン、マクサス》

こんにちは! 毎週統率者デッキをご紹介する「統率者列伝」へようこそ。

みなさん、統率者戦やってますか?
健康のために就寝前のフリーマリガンを習慣づけましょう。

上流階級のゴブリン、マクサス

さて今回は赤単色の統率者、《上流階級のゴブリン、マクサス》をご紹介します!
『Jumpstart』で登場した、比較的新しい統率者ですが、その実力はいかほどでしょうか。

デッキのコンセプト

上流階級のゴブリン、マクサス

クリックして拡大

統率者を見てお分かりの通り、このデッキは赤単色のゴブリンデッキ! 軽量なゴブリンを大量に展開して、一気に対戦相手の首元になだれ込むのです!

太古の昔、ゴブリンは間抜けでトホホな部族でした。

モグの狂信者

時を経て、ゴブリンデッキはただの「ファンデッキ」ではなく、非常に強力な部族シナジーを持つデッキとなっています。ヒストリック、レガシーでも活躍を見せるゴブリンたちを統率者戦でも大暴れさせちゃいましょう。

ゴブリンらしからぬ、計画が必要なコンボも搭載していますよ!

統率者の特徴

上流階級のゴブリン、マクサス

《上流階級のゴブリン、マクサス》

伝説のクリーチャー ― ゴブリン・貴族

上流階級のゴブリン、マクサスが戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカードを6枚公開する。あなたはその中から、点数で見たマナ・コストが5以下のゴブリン・クリーチャー・カードをすべて戦場に出し、残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

上流階級のゴブリン、マクサスが攻撃するたび、ターン終了時まで、それは、他の、あなたがコントロールしているゴブリン1体につき+1/+1の修整を受ける。

4/4

『Jumpstart』で登場した伝説のゴブリン。

6マナとやや重めの統率者ではありますが、戦場に出ると一気にアドバンテージを稼げる……かもしれません。

ライブラリートップ6枚をめくって、その中からゴブリンを戦場に出すことができます。今回のリストであれば2,3体は出てきそうです。

そうして並べたゴブリンの後押しを受けて《上流階級のゴブリン、マクサス》はサイズアップ! ゴブリンにはロード(指定された部族のサイズアップなど強化するクリーチャー)がたくさんいますので、めくれた小粒ゴブリンもそこそこのサイズ感になって殴りに行けるはずです。

ゴブリンの酋長ゴブリンの王ゴブリンの損壊名手

ゴブリン三日会わざれば刮目してみよ。

相性のいいカード

マクサスを最大限活用するために

ゴブリン徴募兵
”次!”

《ゴブリン徴募兵》

ゴブリン徴募兵が戦場に出たとき、あなたのライブラリーからゴブリン(Goblin)・カードを望む枚数だけ探し、それらのカードを公開する。あなたのライブラリーを切り直し、その後それらをその上に望む順番で置く

《上流階級のゴブリン、マクサス》と一緒にデザインされたかのような、非常に噛み合わせのよいゴブリンです《上流階級のゴブリン、マクサス》を出す前にこのカードでゴブリンをたっぷり積み込んじゃいましょう。

ゴブリンに速攻を持たせる《ゴブリンの酋長》などロードを積み込むのもよさそうですが、後述するコンボパーツを積み込んで一気にゲームを終わらせることもできます。

セカンド……いやむしろ大本命?プラン

人目を引く詮索者鏡割りのキキジキ

召喚酔いしていない《人目を引く詮索者》が戦場にいる状態で、ライブラリーの一番上に《鏡割りのキキジキ》があれば無限ゴブリンに達します。

《人目を引く詮索者》はライブラリートップの《鏡割りのキキジキ》の起動型能力を持ちます。《鏡割りのキキジキ》の起動型能力を使い、《人目を引く詮索者》のコピートークンを戦場に出します。コピートークンの能力を使い、再びコピートークンを出します。あとはこの繰り返しでコピートークンを無限に生み出すことができます。

モグの狂信者

《人目を引く詮索者》のコピーを無尽蔵に出した後、最後に出た《人目を引く詮索者》のコピーを使って、《ゴブリン徴募兵》のコピートークンを作り出し、ライブラリートップに《モグの狂信者》を積むことで、戦場のコピートークンがすべて《モグの狂信者》の起動型能力を持ちます。あとは自爆させるだけです。

ゴブリンらしからぬことですが、きちんと計画を立てて、《ゴブリン徴募兵》で綿密に積み込みを行えば、《上流階級のゴブリン、マクサス》の効果で必要なパーツがすべて戦場に出て一気にゲームを決めることができます。速攻を持たせる《ゴブリンの酋長》も忘れずに。

いってつのイチオシ!

帝国の徴募兵

ゴブリンデッキのサーチカードというと、《ゴブリンの女看守》がベストです。

しかし、《ゴブリン徴募兵》によるコンボを主な勝利手段にしたいなら、もうすこし安定性が欲しいところ。墓地からクリーチャーがなかなか拾えない赤で《ギャンブル》はマジのギャンブルなのでなるべく避けたい……ではこのにこやかな青年《帝国の徴募兵》に手伝ってもらいましょう。彼はゴブリンではありませんが、《ゴブリンの戦長》《ゴブリンの王》といったロードもサーチすることができます。

どうでもいいですけど、帝国のリクルーターがゴブリンのリクルーターをリクルートするって、なんか闇深って感じでウケますね。エグめのピンハネされてそう。本当にどうでもいいですけど。

ゴブリンにはほかにも素敵なカードがたくさん! 興味があるかたはこちらの動画もどうぞ。

おわりに

今回紹介したデッキは晴れる屋通販でも販売中! 赤らしくせっかちな方はこちらからどうぞ!
※この記事で紹介したリストとは内容が異なる場合があります。商品ページでのリストを必ずご確認ください。

商品ページはこちら

赤単色はサーチが弱く、いまいち安定性に欠けるかもしれませんが、やはり爆発力、挙動のおもしろおかしさはピカイチ! 《上流階級のゴブリン、マクサス》はきっと遊んでいてとびきり楽しいデッキになると思います。

ゴブリンの洞窟探検家

「積み込んでマクサス出すだけじゃないか。君から先にどうぞ。」
「アア―――ッ!」
「ほう……別の色を握るとするか」

それもまた赤単の良さということでひとつ。

それではまた来週の「統率者列伝」でお会いしましょう!

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いってつ

いってつ 晴れる屋メディアチームスタッフです。統率者戦は自己実現の物語。私を成長させ、貯金を破壊する。《Mishra's workshop》NMを手に入れるのが夢。 いってつの記事はこちら