ドミナリアの伝説と戦おう。統率者戦をやるならこんなふうに《甦りし悪夢、ブレイズ》《刃を持つ者、アスター》

いってつ

ドミナリアの伝説と共に

みなさんこんにちは、晴れる屋メディアのいってつです。

『団結のドミナリア』のプレビューが進行中ですね!前作『ドミナリア』と同様、すべてのブースターに必ず「伝説のクリーチャー」が封入されています。ドミナリアは長らくマジックの物語の中心だった次元というだけあって、有名キャラクターも多数排出してきました。

新セットが登場するたびにプレビューを追いかけていますが、今回は伝説のクリーチャーを統率者戦目線で見ていきましょう!

今後数回にわたり、サンプルデッキと共に新たな統率者候補を見ていきます!

《甦りし悪夢、ブレイズ》

陰謀団の先手ブレイズ妖術の達人ブレイズ

三つ編みがキュート

死んだはずでは……!『オデッセイ』『次元の混乱』で登場したブレイズが甦ります。

画像のタイトル

《甦りし悪夢、ブレイズ》 (1)(B)(B)

伝説のクリーチャー – ナイトメア

あなたの終了ステップの開始時に、あなたはアーティファクトやエンチャントやクリーチャーや土地やプレインズウォーカーのうち1つを生け贄に捧げてもよい。そうしたなら、各対戦相手はそれぞれ、それと共通のカードタイプを持つパーマネント1つを生け贄に捧げてもよい。そうしなかった各対戦相手につきそれぞれ、そのプレイヤーは2点のライフを失い、あなたはカード1毎を引く。

3/3

各プレイヤーがパーマネントを生け贄に捧げると聞くと、《陰謀団の先手ブレイズ》の能力を彷彿とさせられます。

自分のパーマネントを生け贄に捧げることで、対戦相手にも同じ痛みを与えます。それを拒めばブレイズ側はドロー出来てしまいます。統率者戦は対戦相手が3人いるので最大3枚!

……ええ、確かに「対戦相手に選択肢があるカードは弱い」とマジックの世界では言われます。新ブレイズも同様でしょうか?

こちらのリストは再録禁止カードや1万円を超えるような高額カードを使わず作成しました。

裏切る恵み悪魔の知識夜のチャイム

エンチャントをサクれ!

黒のカードでありながらエンチャントを生け贄に捧げることができる!デメリットや墓地に置かれたときに能力を発揮するエンチャントを盛り込みました。

エンチャントレスデッキでもなければ、だいたいのデッキでエンチャントはせいぜい数枚の採用です。「対戦相手に選択肢がある」と言いつつ、エンチャントを何度もサクることは難しいでしょう。

ウギンのきずな

《ウギンのきずな》をサクって追加ターン!かなりインチキっぽい!

墓所這いしつこい負け犬苦花

黒は生け贄に捧げるクリーチャーを調達するのも得意。ボードコントロールしながら手札を回転させ、コンボパーツをかき集めましょう。

恐怖の神、ターグリッド

1対3のゲームになってしまうカード、《恐怖の神、ターグリッド》の採用は自己責任で。

《刃を持つ者、アスター》

ブルーノー・バトルハンマー剛胆な考古学者、アーデン鋼の魂、ワイレス

ボロスカラーの装備品デッキといえば、《ブルーノー・バトルハンマー》が有名。そこに新顔が加わります。

画像のタイトル

《刃を持つ者、アスター》 (2)(R)(W)

伝説のクリーチャー – 人間・戦士

刃を持つ者、アスターが戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上にあるカード7枚を見る。あなたは「その中から装備品か機体であるカード1枚を公開し、あなたの手札に加える。」を選んでもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

あなたがコントロールしているすべての装備品は装備(1)を持つ。

あなたがコントロールしているすべての機体は搭乗1を持つ。

装備品統率者らしく装備コストを軽くする能力に加え、機体の搭乗コストも破格のお値引き。戦場に出たときに装備品や機体をライブラリーの上から手に入れることもできます。

それでは《刃を持つ者、アスター》が握る装備品、乗り込む機体を見てみましょう。

こちらのリストは再録禁止カードや1万円を超えるような高額カードを使わず作成しました。

巨像の鎚ウェザーライトパルヘリオンⅡ

《巨大な鋤》をはじめとした強力な機体を積極的に使えるのが楽しそうです!

太陽打ちの槌心臓追いの短剣巨像の鎚

単純に「強力だけど装備コストが重い」装備品だけでなく、「装備品を外す」ことがコストになっている強力な能力を連打するのにもよさそうです。

装備品統率者は1体のクリーチャーがムキムキになっていくのですが、育て上げたクリーチャーが除去されたりコントロールを奪われたりで、はじめからやり直しになるのをよく見かけます。このデッキでは機体もいっしょになって強力な戦線を築きます。いままでの装備品デッキにはない面白さがあります。装備品を捨てて機体モリモリにしても楽しそうです!

棍棒での殴り合い

《金粉の水蓮》を抱えて殴るのもきっと楽しいよ。

展望

この記事を書いてる間にも続々と新顔が公開されています!わくわくが止まらない!

いまのところ、競技レベルの統率者というより、よりテーマ、フレーバーを感じさせるカードが多く登場しています。統率者戦だからこそ、面白さを優先するデッキ構築も楽しいですね!

それではみなさん、ドミナリアでお会いしましょう。

https://files.hareruyamtg.com/article/wp-content/uploads/2022/07/04161419/f6d841b5456887ea2c3b4c88dac89018.jpg

晴れる屋ではすでに予約を受け付け中!
ぜひご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いってつ 晴れる屋メディアライターです。統率者戦は自己実現の物語。私を成長させ、時間を破壊する。最近の悩みは記事執筆と動画出演で忙しくて統率者戦が1日2回くらいしか遊べないこと。 いってつの記事はこちら