ジェイスを制する者はスタンダードを制す【質問編】

高橋 優太

高橋 優太


happymtg.com当時はコメント欄がありましたが、現在は見ることができません。あらかじめご了承ください。


あなたが今現在スタンダードに馴染み深いなら、《精神を刻む者、ジェイス》の名前を知らないはずはないだろう。
先日のグランプリダラス(※リンク先英語)でもトップ8に32枚、青マナの出るすべてのデッキに4枚採用されている《精神を刻む者、ジェイス》は、《原始のタイタン》と並んでスタンダードを象徴するカードだ。

《精神を刻む者、ジェイス》はとても強い。しかし強すぎるカードゆえ、使い方を間違ったとしても何とかなってしまうことが多く、手なりのプレイをしてもそれがミスだと気づきにくい。実際のところ、使用頻度が高いにもかかわらず使いこなせているプレイヤーは少ない。
今回の記事では《精神を刻む者、ジェイス》を例として、前回のステップ3で述べた「現在のターンだけでなく2,3ターン先を見据えた思考をする」ことを考えていこう。

CASE1



あなたのデッキ:青黒コントロールサンプル

4《島》
4《沼》
4《忍び寄るタール坑》
4《水没した地下墓地》
4《闇滑りの岸》
4《地盤の際》
1《新緑の地下墓地》
1《霧深い雨林》

-土地(26)-

3《墓所のタイタン》

-クリーチャー(3)-
4《定業》
3《広がりゆく海》
4《コジレックの審問》
2《強迫》
3《見栄え損ない》
3《喉首狙い》
3《漸増爆弾》
4《マナ漏出》
4《精神を刻む者、ジェイス》
1《リリアナ・ヴェス》

-呪文(31)-

-サイドボード(15)-
hareruya




あなたは青黒コントロールでスタンダードの大会に参加している。対戦相手のデッキは赤黒吸血鬼で、お互いに1マリガンながらも、対戦相手は《鼓動の追跡者》《恐血鬼》とスピーディな展開をしてきている。《見栄え損ない》《鼓動の追跡者》を処理し、吸血鬼デッキのキーパーツである、《カラストリアの貴人》《コジレックの審問》によって墓地へと叩き落とした。だが、盤面の《恐血鬼》が止まっていない。対戦相手は土地が止まったものの、次のターンには《溶岩爪の辺境》も攻撃してきそうな状態だ。
手札には《マナ漏出》《漸増爆弾》そして《精神を刻む者、ジェイス》と複数の選択肢があるが、このターンはどう動くべきだろうか。

このターンのアクションは、今後のゲームプランを決定づけるアクションになる。コントロールデッキvsビートダウンデッキのマッチアップで焦点になるのは”自分のライフをより高い水準に保ちつつ、有利な状況を作り上げる。”という点だが、今回のマッチアップも同様の部分がキーポイントとなるだろう。自分の場を作っても、残りライフが3点では、《稲妻》が飛んできただけでゲームに敗北してしまう。”残りライフ”と”自分のリソース”を意識して天秤にかけてもらった上で、このターンのアクションを考えてみてほしい。


では次の問題。


CASE2




相手のデッキは十中八九「赤緑ヴァラクート」だ。昨年10月からずっとTier1に属するデッキであることもあり、実際にこの場面に遭遇したプレイヤーも多いだろう。
対戦相手の3ターン目、赤緑ヴァラクートの基本パーツである《耕作》《マナ漏出》して、相手の4ターン目は土地を置くだけ。カウンターが無い状態だったこちらとしては、脅威となるアクションを取られなかったことはありがたい。だが、一般的な「赤緑ヴァラクート」には、《砕土》が入っていることが非常に多い。つまり、自分のターンをノーアクションで終えたからと言って、マナブーストが飛んでこないとも限らない状態だ。このターンのドローは《広がりゆく海》。さて、このターンはどう動いていくべきだろうか。

「赤緑ヴァラクート」は、いわゆる”ビッグマナ”的なデッキだとみることも出来るし、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》を最大効率で活用するための”コンボ”デッキだとみることも出来る。どちらにせよ、対「赤緑ヴァラクート」のキーポイントは、”マナブーストからの早いターンでの脅威をどう捌くか”と、”どのタイミングで攻勢に転じるか”という2点が、このマッチアップの焦点となる部分だと思う。
まだ有利不利が明確には無い現状から、どうゲームプランを組み立てていくかを考えてみてほしい。

議論をしよう。

冒頭でも述べた、”手なりのプレイをミスだと気づかない”というのは、何も《精神を刻む者、ジェイス》に関わるプレイに限ったことではなく、マジック全てに言えることだし、マジックのプレイは、正解を提示されて理解出来ないなんてことは殆ど無い。重要なのは、”正解に至るまでの過程”をゲーム中に自分がきちんと辿れるかどうか、そのためのプレイの選択肢を検討するためのキーポイントを、どこに設定するかだ。
happymtgでは、コメント欄が設けられているので、是非この場で議論をしてみてほしい。プレイを決定するための”過程”を文章にしたり、そこから広がる議論の中で新しい事に気づく事もあると思う。ここで皆さんに議論してもらった部分も踏まえた上で、僕の考える正解を25日に掲載予定なので、そこまでに是非ともコメント欄で議論が出来ればと思う。
それではまた、25日の正解編で。

※追記:4月25日:ジェイスを制する者はスタンダードを制す【回答編】