『マジック:ザ・ギャザリング ― 統率者(2014年版)』happymtg先行プレビューカード公開!Part 2!

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

By Atsushi Ito


 突発!「生け贄に捧げる」クリーチャー当てクイズ~~!!



 どんどんぱふぱふ~!



 さて一切の説明を省いて進行しますが、以下は伝説の絵を生み出した津村画伯が描いた、歴代の「生け贄に捧げる」能力持ちのクリーチャーたちです。

 どれが何のクリーチャーか、わかるかな?




◆【A】





◆【B】





◆【C】





◆【D】






 これで分かった人は天才だと思うけど特に賞品とかはありません。










 さて、気になる正解は!?



◆【A】
屍肉喰らい


◆【B】
ナントゥーコの鞘虫


◆【C】
傷跡の地のトリナクス


◆【D】
むさぼり喰うストロサス







 わかるか!


 と視聴者の声をうまく代弁できたところで、今週はここまで。また来週~♪






 ……じゃない。これは新しい統率者セットのプレビュー記事だった。

 そう、何故こんなクイズを出したのかというと、やりたかっただけ今回のカードは「生け贄に捧げる」という能力を持っているからだ。

 「生け贄に捧げる」という能力は非常に面白い。

 マジックというシビアなリソース管理が求められるゲームにおいて「生け贄に捧げる」という能力を持ったクリーチャーをプレイするということは、クリーチャーというリソースを自在に他のリソースに変換することが可能になる経路を作る、ということに他ならない。

 どのクリーチャーをいつ、どれだけ生け贄に捧げるのか。プレイヤーに与えられた選択肢は無数にあり、したがって対戦相手の「相手はこうするだろう」という思考の読みもまた、無数に広がっていく。

 したがって、そのポテンシャルはまさしく無限大ということだ。


カルテルの貴種臓物の予見者



 ときにシナジーデッキの一部となり、またあるときにはコンボデッキの核ともなったりする「生け贄に捧げる」能力持ちクリーチャー。

 そんな様々な活躍の可能性を秘めた1枚をお届けしよう。










 そんなわけで1枚お届けしたばかりだが、それに加えて今回11月7日(金)発売の『マジック:ザ・ギャザリング ― 統率者(2014年版)』より、happymtgが独占プレビューでお届けするのがこの『肉裂き魔』だ。

 「生け贄に捧げる」能力と死亡誘発能力の両方を持っており、自身を生け贄にすることは残念ながらできないものの、死亡誘発能力で出てくるトークンは「生け贄に捧げる」能力を使った分だけ大きくなる。

 その能力。まさしく「成長する《復活の声》と言っても過言ではない。

 地味についている「威嚇」も最後のワンパンを通すのに役に立つのが嬉しい。

 これ自身は伝説のクリーチャーではないので統率者にはなれないものの、皆さんの統率者デッキを彩るキーパーツの1枚になりうる可能性を秘めている。

 もちろん3マナという軽さもあってレガシーでの使用も考えられる。

 是非、色々と試してみて欲しい。




「サンプルデッキ:小悪疫」

2 《沼》
2 《Scrubland》
2 《Underground Sea》
4 《血染めのぬかるみ》
4 《汚染された三角州》
2 《湿地の干潟》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》
4 《不毛の大地》

-土地(21)-
4 《死儀礼のシャーマン》
4 《墓所這い》
4 《恐血鬼》
4 《肉裂き魔》

-クリーチャー(16)-
4 《陰謀団式療法》
4 《剣を鍬に》
4 《小悪疫》
4 《未練ある魂》
3 《宝船の巡航》
4 《ヴェールのリリアナ》

-呪文(23)-



-サイドボード(0)-
hareruya




墓所這い恐血鬼未練ある魂






◆おまけ:津村画伯が描いた《復活の声》

復活の声