『マジック:ザ・ギャザリング ― 統率者(2014年版)』happymtg先行プレビューカード公開!

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

By Atsushi Ito



 緑の5マナエレメンタルには、が溢れている。


幽体の魔力茨異種



 緑にはマナクリーチャーがいるから、緑の5マナは実質4マナみたいなものだ。

 4ターン目に突如として出現する圧倒的なまでの暴力。自然の猛威を象徴するかのような無慈悲な力の奔流に、我々は常に魅せられてきた。

 ……だが。

 このところ緑の5マナエレメンタル……略してゴレメンタルには元気がなかった。


森生まれのビヒモス松歩き



 そんなんじゃねェだろ!!オレが求めたゴレメンタルの極みは!!

 こんな時代だからこそ、強いゴレメンタルが必要なんだよ!

 Wizards社R&Dの皆さん、もっと強いゴレメンタルをください!

 ……その思いが、届いた。





 そんなわけで今回、11月7日(金)発売の『マジック:ザ・ギャザリング ― 統率者(2014年版)』より、happymtgが独占プレビューでお届けするのがこの『忍び寄る大蔦』だ。
 




 申し分ないゴレメンタル。


 やはりゴレメンタルたるもの、「トランプル」は標準装備でなければ困る。

 何せ5マナも払っているのだ。毎ターンチャンプブロックされるだけの《草タイタン》置き物になるような事態は絶対に避けなければならない。

 サイズもマナレシオを最低限満たしており、ひとまず及第と言えるだろう。

 そして肝心の能力

 『忍び寄る大蔦』を出して役目を終えたマナクリーチャーを片っ端から怪物に変えてしまう恐ろしい能力だ。

 「感染」持ちのクリーチャーや《墨蛾の生息地》と合わせて使ってみても面白いかもしれない。


ぎらつかせのエルフ墨蛾の生息地



 あるいは、レガシーのエルフ《自由なる者ルーリク・サー》が1枚差さったりしているこのご時世。

 もしかしたら『忍び寄る大蔦』も、《緑の太陽の頂点》から呼び出す先として標準装備になる日が来るかもしれない。



 11月7日(金)発売の『マジック:ザ・ギャザリング ― 統率者(2014年版)』で、あなたもゴレメンタルを極めてみませんか?