『タルキール覇王譚』 happymtg先行プレビューカード公開!

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

By Atsushi Ito


 多色世界へようこそ。

 『テーロス』の単色や2色の世界は終わりを告げ、多色の時代がやってきた。

 9月発売の新セット『タルキール覇王譚』は、「楔の3色」がコンセプトとなっている。






 「楔の3色」とは、2つの友好色に1つの対抗色を加えた3色のことだ。古くは「アナ」「ディガ」「シータ」「ネクラ」「ラッカ」という……いや、これは老害の戯言なので忘れてくれて構わない。

 ここで重要なのは、「楔の3色」はマジックのデッキ構築において、非常に強力かつ合理的な色の組み合わせであるということだ。


稲妻の天使大渦の放浪者



 例えば青白赤……『タルキール覇王譚』だと「ジェスカイ」という氏族(参考:「あなたはどの氏族に所属しますか?」)が司る色の組み合わせだが、これはレガシーにおいては「パトリオット」、モダンにおいては「トリココン」などで活躍している。

 あるいは青黒緑……これは「スゥルタイ」という氏族の色だが……レガシーの「続唱BUG」などで見慣れた組み合わせだろう。

 このように「楔の3色」は様々なデッキで活用されてきた。

 しかし、にも関わらず、これまではあまりフィーチャーされてこなかったのだ。

 だが、今回の『タルキール覇王譚』でいよいよその封印が解かれる。『アポカリプス』?知らない子ですね

 カードリストを見るのがこれほど楽しみなセットもあるまい。


 しかもここで、「楔の3色」の3色マルチカラーのカードは「友好3色」のそれと比較して、極めてひねくれた効果を持つことが予想される。

 何せ友好2色の中に対抗色1つがスパイスとして紛れ込んでいるのだ。クリーチャーにせよ呪文にせよ、平和な効果で終わるはずがない。




 さて、長らくお待たせした。


 今回happymtgが9月26日(金)発売の新エキスパンション『タルキール覇王譚』より、独占先行プレビューでお届けするのはこちらのカードだ。







 何だこいつら、超楽しそう。


 カードの効果よりも絵にツッコミを入れざるをえないほどのインパクト。そもそも一体彼らは何をしているというのか。もはやマカンコウサッポウにしか見えない。中二病なの?スーパーヒーロータイムなの?ていうかまず左のやつはどう見ても敵だろ

 と思いきや、どうやら青白赤の氏族、「ジェスカイ」は武術家の集まりらしい。つまりは全員が「少林サッカー」の登場人物もしくは烈海王ということか。いや、この絵を見る限りむしろ天内悠……?いずれにせよとびっきりヤバイ連中であることに間違いはない。

 そして恐る恐る効果に目を向けると、おそらく白でアンタップ、青で飛行、赤で二段攻撃ということなのだろうが、攻撃時に使うとアンタップが無駄になり、ブロック時に使うと二段攻撃が勿体ないという絶妙なチグハグさを醸し出している。

 このひねくれ具合、まさしく「楔の3色」。

 だからこそ、面白い。

 とりあえず『タルキール覇王譚』では「ジェスカイ」に属するカードのイラストを全部チェックするという楽しみがあることだけは確定したわけだが、それと同じくらい、このカードの使い道を考えることもまた楽しそうだ。

 一筋縄ではいかない、「楔の3色」。

 きっとスタンダード環境を大きく塗り替えてくれることだろう。今からデッキを作るのが楽しみで仕方がない。




 さて、いかがだっただろうか。

 「楔の3色」の色鮮やかなカードたちが楽しみな『タルキール覇王譚』(カードギャラリーは【こちら】)は9月26日(金)発売だ。

 9月20-21日(土・日)には晴れる屋トーナメントセンターでもプレリリースを行う。

 『タルキール覇王譚』で、多色世界を一緒に冒険しませんか?