『ニクスへの旅』 happymtg先行プレビューカード公開!

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

By Atsushi Ito


 かつて「ドラコ爆発」というデッキがあった。

 《渦まく知識》でトップに積んだ《ドラコ》《うつろう爆発》でめくって16点……誰が聞いても、初心者が作ったファンデッキと思うだろう。


ドラコ



 しかし、「ドラコ爆発」は結果を残した。それも、最高峰の舞台であるプロツアーで、だ。

『Kai Buddeもドラコだと思ってた』 前編 後編

 このとき「ドラコ爆発」は、「妨害されることの極めて少ない、信頼性の高い勝利手段である」とされている。

 それもそのはずで、巨大な火力呪文というのは、カウンターか、せいぜいハンデスでしか妨害することができないのだ。

 かくして、不可避の16点という荒業で、「ドラコ爆発」は多くの人々の記憶に残る名作となった。

 だがこの「ドラコ爆発」が魅力的だったのは、その意外なほどの強さもさることながら、何よりその大雑把さにあったのではないかと思う。

 《ブービートラップ》《ウルザの激怒》キッカー、《碑出告の第二の儀式》《ソリンの復讐》といったカードを挙げるまでもなく。

 我々は「ライフの半分以上を一瞬で消し飛ばす」というスケールの大きさに果てしない興奮を覚え、遺伝子レベルでどこまでも魅せられてしまう宿命にあるのだ。

 つまるところ。

 一撃10点以上の火力には、ロマンが詰まっている。



 

 というわけで、今回happymtgが5月2日(金)発売の新エキスパンション『ニクスへの旅』より、独占先行プレビューでお届けするのはこちらのカードだ。







 幾多のファンデッキ使いを狂喜乱舞させたこのカードが、帰ってきた。

 《うつろう爆発》を彷彿とさせるマナコスト分のダメージを、何と大盤振る舞い「占術3」を行った上で与えることができる。

 しかもお手軽インスタント。カウンターしようにもエンド前から連打されれば、相手はたまらず膝を屈するだろう。

 だが、このカードがスタンダードの「ドラコ爆発」になるには、もう1種類のキーカードが必要になる。

 それは当然、「マナコストが10以上のカード」だ。

 ここまで言えばおわかりだろう。

 この《稲妻の謎》が最大にフィットするデッキとは……!




「ワーム爆発」

3 《森》
2 《山》
1 《島》
4 《繁殖池》
4 《踏み鳴らされる地》
1 《蒸気孔》
4 《神秘の神殿》
4 《奔放の神殿》

-土地(23)-

4 《エルフの神秘家》
4 《森の女人像》
4 《マナ編みスリヴァー》
1 《ザル=ターのドルイド》
4 《世界棘のワーム》

-クリーチャー(16)-
4 《イゼットの魔除け》
4 《予想外の結果》
4 《稲妻の謎》
4 《天才の煽り》
4 《無限への突入》

-呪文(20)-



-サイドボード(0)-
hareruya




世界棘のワーム天才の煽り無限への突入



 この符号。

 奇しくもつい1か月前に「バトルワーム」という狂気のデッキが爆誕したばかり。

 このタイミングで新《うつろう爆発》こと《稲妻の謎》の再録。これは間違いなく「ドラコ爆発」と「バトルワーム」を合体させろというマロー(Mark Rosewater)のお告げ……!

 またしても完璧に読み取ってしまったか。R&Dの意思を。

 是非この《稲妻の謎》からの《世界棘のワーム》11点《無限への突入》12点で、ボールを相手のゴールにシュゥゥゥーッ!!してみて欲しい。



 さて、いかがだっただろうか。

 無限の可能性を秘めた『ニクスへの旅』(カードギャラリーはこちら)は5月2日(金)発売だ。

 4月26-27日には晴れる屋でもプレリリースを行う

 『ニクスへの旅』でテーロス世界を一緒に旅してみませんか?