準々決勝: 松原 武之(東京) vs 鈴木 貴大(東京)

晴れる屋

晴れる屋

By Atsushi Ito


 《時を越えた探索》の禁止は、環境に「多様性」をもたらした。

 しかしその「多様性」が故に、1つの方向性を決定づけてしまったのかもしれない。

 すなわち、幅広いレガシーのデッキを相手にして大体のマッチで五分以上に渡り合える優等生、《秘密を掘り下げる者》の優位という方向性である。

 今回の【トップ8デッキリスト】を見てもわかるとおり、BUG Delver、UBR Delver、RUG Burn Delver、UR Delverと、サポートする戦略は微妙に違えど、勝ち組は明らかに《秘密を掘り下げる者》だった。


 その勝ち組が、松原と鈴木だ。

 UBR Delverを選択している松原は、【The Last Sun2014】、そして【第4期スタンダード神挑戦者決定戦】でもトップ8に残った強豪である。ということはスタンダード、モダン、レガシーと3フォーマット全てでトップ8に残った経験があるということであり、フォーマットを問わないマジックの地力の高さが窺い知れる。

 対する鈴木も、これまで大舞台でのトップ8経験はなかったものの、メタゲーム的に強いという判断からUR Delverを選択しており、レガシーへの造詣はかなり深そうだ。


 だが、ここから先は「《秘密を掘り下げる者》デッキに強い《秘密を掘り下げる者》デッキ」を決める戦いとなる。

 松原と鈴木、より深く秘密を掘り下げられるのは一体どちらか。




Game 1


 先手の松原がマリガンながらも《秘密を掘り下げる者》スタートを切るが、これは鈴木に《Force of Will》で阻まれる。

 すると続くターン、《思案》でシャッフルまでしたものの、松原は2枚目の土地を見つけられずに土地が止まってしまう。それでも3ターン目の《思案》でようやく《沸騰する小湖》を見つけるが、《もみ消し》されてしまうと目も当てられない事態となるため、軽々には切れない。

 一方悠々と3枚目の土地を置いた鈴木は《若き紅蓮術士》を送り出す。松原も《目くらまし》を切っての《Force of Will》で着地を阻もうとするが、鈴木が《渦まく知識》を切っての《Force of Will》で追いかけ、残り手札2枚ながらも鈴木の場に《若き紅蓮術士》が着地する。

 しかし返すターン、《定業》から《Underground Sea》を探し出した松原は残りマナが《沸騰する小湖》のみの状態で《陰謀団式療法》をプレイする。松原も残りの手札に《若き紅蓮術士》を2枚も抱えており、ここでの指定次第では一気に有利に立てる。問題は、何を指定するか。

 松原の指定に迷いはなかった。指定は、《稲妻》。この盤面から逆転するためには、松原のクロックが除去されてしまうようでは話にならない。経過ターンからしても手札に残っていそうなカードで、持たれていたら困るカード。当然の指定と言えるだろう。



鈴木 貴大


 だが鈴木が公開した2枚は、《もみ消し》《呪文嵌め》というもの。しかも返すターンに《Underground Sea》《不毛の大地》で割られてしまうと、松原の場の《沸騰する小湖》に対して《もみ消し》が利いているため、苦境に立たされてしまう。

 それでも《渦まく知識》をトップした松原は即プレイからフェッチを起動して《もみ消し》を使わせつつ、2枚目のフェッチをセット→起動してマナベースの平穏を確保。さらに《僧院の速槍》を送り出して防御の柱とする。

 さらに鈴木が《秘密を掘り下げる者》を引き込んで空から攻めにいこうとしたところで、松原もさらなる《渦まく知識》を引き込み、《Force of Will》を積み込んだ《秘密を掘り下げる者》を送り出して守りを崩さない。

 ライフはほぼイーブンであり、このまま場の均衡がしばらく続くかと思われた。

 鈴木が引き込んでいた《稲妻》《僧院の速槍》に打ちこむまでは!

 《若き紅蓮術士》のトークンと合わせて鈴木がフルアタックを敢行すると、松原にはもはや盤面をまくる術は残されていなかった。


松原 0-1 鈴木




Game 2


 《定業》スタートから2ターン目にはフェッチを立てつつ《秘密を掘り下げる者》を送り出した松原に対し、鈴木は2点を払っての《ギタクシア派の調査》で松原の手札を覗き見る。

 明かされた情報は《思案》が3枚、《目くらまし》《唐突なる死》というもの。

 これにより松原のマナベースに不安があることを見てとった鈴木は、松原がアップキープに《秘密を掘り下げる者》《目くらまし》をめくって「変身」させてからフェッチを切ったところで《もみ消し》を突き刺す。

 松原も《思案》を連打してマナベースを整えようとするが、《Volcanic Island》《不毛の大地》された上で頼みの綱の《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration》までも《赤霊破》されてしまうと、打ちどころをなくした《目くらまし》《唐突なる死》が重くのしかかる。さらに3枚目の《思案》も打ちつくすが、シャッフルしても土地が見つからない。



松原 武之



 対し鈴木は悠々と《秘密を掘り下げる者》を着地させる。

 《島》しかない松原はそれでも返しでようやく《沸騰する小湖》を引き込み、《Volcanic Island》をサーチして《紅蓮破》で事なきをえたかに見えたが、その《Volcanic Island》までも《不毛の大地》され、さらに《秘密を掘り下げる者》のおかわりが追加されて元の木阿弥。今度こそ土地がない松原は《渦まく知識》をめくっての「変身」を眺めていることしかできない。

 引き込んだ《渦まく知識》《狼狽の嵐》され、完全に蓋をされてしまった松原。《島》1枚のままディスカードまで至ってしまい、鈴木にマナ否定戦略を完遂されてしまったのだった。


松原 0-2 鈴木


松原 「全くいいところがなかった……」

 【The Last Sun2014】【第4期スタンダード神挑戦者決定戦】に続いて3回目のトップ8初戦負けとなってしまった松原。次の挑戦に期待したい。



この記事内で掲載されたカード