Round 4: 奥富 弘光(埼玉) vs. 青木 力(東京)

晴れる屋

晴れる屋

By Toshiki Ogihara



今回は1-2ラインだが、普段のレガシー界を引っ張る2人をフィーチャーへ来てもらった。
呼んだ瞬間回りから歓声が上がるほど人気者2人の対戦をお送りしよう。


Game 1


先手奥富、後手青木1マリガン。

先手の奥富はセット《山》

《金属モックス》《猿人の指導霊》を絡ませたスタートダッシュはせず、まずは手札をじっくり使っていこうというプランか。

土地を置いて返すターンに奥富は《三なる宝球》をプレイ。青木はこれを少考するがスルー。

これによって行動を制限され、土地を置き続けることしかできない青木の前に奥富は《血染めの月》《雄牛のやっかいもの》《煮えたぎる歌》経由の《虚空の杯》(X=2)と毎ターンスペルを連打。

《雄牛のやっかいもの》《虚空の杯》《Force of Will》で退けるが、ついに変異が場に登場してしまう。

なんとか有効牌を引き込みたい青木であったが、さらに追加された《髑髏砕き峡の王》と変異の解けた《ギャサンの略奪者》に対処を出来ずデッキを畳んだ。


奥富 1-0 青木



Game 2


もちろん先手を取った青木は初手を小考の末キープ。

対する奥富は即マリガン。

「トリマリぐらいしてくれないときついなー」と青木は囃すが、そうは行くかと1マリガンでキープする奥富。

DSは枚数より、噛み合いだといわれるが果たしてどうなるか?

青木の初行動は、相手の行動を抑止するためには安いものだと言わんばかりに《蒸気孔》を2点支払ってのアンタップイン。

返すターン、そんなものは怖くはないと《裏切り者の都》《金属モックス》からの1本目に青木を苦しめた《三なる宝球》

しかし、今回は《直観》をコストにしての《Force of Will》で主導権を渡さない。

1本目の矢をしくじった奥富は第2の矢を次ターンに仕掛けるべくターンエンド。

青木もそれに対処するために《渦まく知識》で手札を整え、《明日への探索》を待機して迎え撃つ。

マリガンをして、《金属モックス》を使ってしまったDSにはここを捌かれると手札の枚数的にも質的にもきつくなっていく。そんな中、奥富が用意した2本目の矢は《血染めの月》

これは無事着地するが、すでに青木の場には《森》《島》《蒸気孔》、待機されている《明日への探索》と効果が薄い。

効果が薄いだけでなくここで《血染めの月》ということは後続も薄いと行動で示している奥富。

青木の場に土地が並ぶ前になんとしてもクリーチャーを引きたい。ターンが帰ってきてのドローは……《雄牛のやっかいもの》

これをプレイするが、2度目の《Force of Will》で阻まれる。

全てを使い切った奥富は2ターン後に《猿人の指導霊》にたどり着くが、《燃え立つ願い》《炎渦竜巻》を持ってこられ、いつでも対処がされる状態となってしまった。

《猿人の指導霊》がクロックを刻むが、その間に青木は《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》を含む土地を着々と伸ばした上に《クローサの掌握》《血染めの月》を叩き割る。

阻むもののなくなった青木は《直観》で8枚目の土地を手に入れ、《燃え立つ願い》経由で《風景の変容》をプレイし奥富を焼ききった。


奥富 1-1 青木



Game 3


先手をとればこっちのものと、1マリガン後だが力強くキープの奥富。

青木も7枚でキープをし、先ほどと同じだが先手後手は逆。この差が明暗を分けるか。

Game 2のように今度も《裏切り者の都》《金属モックス》をロケットスタートを切る。

そこから登場する《月の大魔術師》も無事に着地する。しかし返すターンに青木の行動は《森》からの《明日への探索》を待機。

序盤の動きを封じたい奥富であったが、《桜族の長老》まで登場してしまい、1ターン稼がれたあとの場には《島》《島》《森》《Tropical Island》と、もはや《月の大魔術師》はフィニッシュブローしか止められない状態となってしまった。

しかし、フィニッシュを止めなければまだ負けることはない。それを磐石にするために《血染めの月》で「月」を追加しようとするがここでも《Force of Will》が阻む。

土地を置きつつ奥富の猛攻を《差し戻し》《Force of Will》でしのぐ青木なのだが、如何せん《月の大魔術師》が対処できない。

土地も止まってしまい、どうにもできず4回殴られたところでゲームが大きく動く。土地4枚からプレイされる《煮えたぎる歌》

それに《呪文貫き》を合わすが、《猿人の指導霊》+土地でかわされてしまう。そこから出てくる相手の最後の手札は《ギャサンの略奪者》

これによりちくちくと殴られていた青木へのクロックは一気に加速し、2回殴られてしまうとライフがちょうど0となってしまう。
次の2体アタックに《火+氷/Fire+Ice》で《月の大魔術師》を焼き、残りライフが6となり、1ターンの猶予を得るが《ギャサンの略奪者》が止まらない。

カードを引き《Taiga》を置いてターンを返す青木。

《ギャサンの略奪者》に殴られライフが1になる。

ターンエンドに《クローサの掌握》《金属モックス》を割り、《直観》をプレイで青木の手札は0枚。《風景の変容》を3枚持ってこられた選択肢のない奥富は実質1択のカードを相手の手札に加えることを選び、土地が6枚の青木が《最後の欠片/Land》を引かないことを後は祈るだけ。

そして、最後のカードは《Tropical Island》


奥富 1-2 青木


青木Win!