神と挑戦者の読み合い: モダン編

晴れる屋

晴れる屋

By Kenji Tsumura


 この神決定戦の醍醐味は、デッキの読み合いが発生するということにある。

 何せ対戦相手は1人。多くの対戦相手が駆る様々なデッキと戦う必要がある普段のトーナメントと違い、ただ1人に勝てばいいのであって、極端な話相手のデッキが75枚わかっているなら、それをガンメタすることすら正当化される。

 そんな状況で。はたして『神』は、『挑戦者』はいかなるデッキを持ち込むのか?

 ここでは互いのデッキについての2人の事前予想を聞いてみよう。



Q1.対戦相手が持ち込んでくるデッキは何だと思いますか?
  また、その理由は?


市川:

トリコ、BG系などのフェアデッキが最有力。スケープシフトが次点。

トリコとBG系は単純に対戦相手の方が得意なアーキタイプであるため。

スケープシフトは《白日の下に》が入って強化されたデッキなので。




佐藤:

正直モダン環境はデッキが多種多様なため読み切ることはできませんが、珍しいデッキよりはメタゲームの一角であるような強いデッキを使ってくると思います。

その中でも、アミュレットブルーム、ジャンド、欠片の双子デッキが有力候補だと思います。アミュレットについてはモダン環境では単純にデッキのパワーが高いので。

自分がフェアデッキをよく使うことから、フェアデッキ対決で強いジャンド。欠片の双子については、市川プロが使い慣れているため。

アミュレットは安定性に欠けるため、

ジャンドと双子が最有力だと思います。




Q2.それによってデッキ選択やカード選択に変化がありましたか?
  また、あったとすればそれはどこですか?


市川:

サイドボードでちょっとフェアデッキとスケープシフトを意識した形の普通の欠片の双子。

私が真っすぐに欠片の双子を使ってこないと考えるだろうと予想しました。

今回は真っ向勝負。




佐藤:

今回はコンボデッキであるスケープシフトを選択しました。

理由としては、自分がフェアデッキをよく使うことから、相手の読みを外すことができると思ったからです。

また、「トリコトラフトに有利なデッキ」に対して有利だと思ったため。

カード選択としては、相手が双子かジャンドを想定してメインに《突然の衰微》をとっています。




Q3.自信のほどはいかがですか?

市川:

まぁ勝ちます。




佐藤:

相手が一枚も二枚も上手なので、あまり自信はありませんが、

やるからには勝ちます!






 実力伯仲。


 試合が始まる前の「読み合い」では、『神』・市川 ユウキも『挑戦者』・佐藤 啓輔も互いのデッキを的中させる高度な戦いが繰り広げられた。

 多くのデッキが混在し、多くのデッキにチャンスがあると言われるモダン環境で、これほどまでに的確な予想をするためには、単純な環境把握だけでは事足りない。

 己を知り、敵を知ること。

 「トリコトラフト」という明確なキャラクターを持つ佐藤と、トリッキーなデッキ選択で『神』の座を防衛してきた市川。一見難解に見えるこのパズルも、この2人にかかればお手の物だったようだ。

 メインボードでは「《欠片の双子》」コンボに対して絶対的なキラーカードである《突然の衰微》を持つ佐藤が有利かもしれないが、市川がサイドボードに仕込んだという「スケープシフト対策」がゲームの行方を左右することになるのだろうか。

 「読み合い」の段階では全くの五分と五分。もちろん実力も折り紙つきの両者だけに、試合内容にも大きな期待が集まる。






○当日の生放送について

1/11(月・祝)は、神決定戦の全マッチを実況・解説付きで生放送!

・「神決定戦」放送予定スケジュール

イベント名 放送開始時間 対戦開始時間
第5期スタンダード神決定戦13:3014:00
第5期モダン神決定戦16:3017:00
第5期レガシー神決定戦19:0019:30