準決勝: 萩原 翼(千葉) vs. 安福 昭浩(東京)

晴れる屋

晴れる屋



By Kazuya Hirabayashi


マナランプvsマナランプ。

先のマッチで中田のアブザンを下した萩原の《風景の変容》、これをビッグマナと表するのはやや乱暴かもしれないが、この準決勝奇しくもマナ加速系デッキ同士の対決となった。


かたや安福は赤緑マナランプ。

《原始のタイタン》を使うものの《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》は無く、3枚入った《光輝の泉》が目を引くレシピである。

昨今大手を振るっているバーンに対しては効果覿面であり、事実これにより勝ったマッチもあったとのことだ。

その他懐かしの《墨蛾の生息地》《ケッシグの狼の地》が脇を固め、《裂け目の突破》《引き裂かれし永劫、エムラクール》プランも持ち合わせている。


だが高マナカードの天敵といえばカウンター、そして中速デッキには滅法強いのが《風景の変容》

見た目の有利は萩原に付きそうなのだが・・・・





Game 1
ゲームの立ち上がりは《火の灯る茂み》を置いた安福から。

フィルターランドからというリスキーな立ち上がりだが、続くのは《根縛りの岩山》タップイン。

マナ加速が無くスローな展開にはなるものの、土地が止まるという緊急事態は起こらない。


萩原にとってはゆっくりとしたゲームは望むところ。

互いに土地を並べ、ファーストアクションは安福の《内にいる獣》から。

これを萩原は受け入れ、安福は《草茂る胸壁》を置いて着々とマナを伸ばす。


マナが伸びないことには始まらない萩原は動けない。一方の安福は《根の壁》をも追加。

《草茂る胸壁》が実に効果的であり、見た目上のマナだけでも実に7マナ。

4マナを残す萩原にまずはターン終了ステップの《裂け目の突破》で様子を伺う。


これには《イゼットの魔除け》を差し向ける萩原。

《根の壁》展開直後のため浮きマナが無い《裂け目の突破》はカウンターされてしまうのだが、
続く《業火のタイタン》に対応は・・・・無し。

そして《業火のタイタン》のプレイ時誘発によりビーストトークンが焼かれてもなお、萩原は自ターンに動くことすら叶わない。


業火のタイタン


《業火のタイタン》の攻撃、萩原に3点、そしてパンプアップ。

対処手段を持たない萩原は重過ぎる一撃を受けると、返すドローを見て投了した。


萩原 0-1 安福



Game 1
さて第1ゲームを落とした萩原が《桜族の長老》を呼ぶと、安福が「あーそういうデッキか・・・・」と思わず一言。

どうやら青赤フィルターを見たことにより、双子系かそれに準じた青いデッキと誤認したらしい。


その言葉を裏付けるように置かれる「X=1」の《虚空の杯》

たしかに《風景の変容》には効果が薄い。というよりそもそも萩原のデッキには1マナスペルが入っていない。


マナ加速カードを引かない安福を前に《桜族の長老》がダメージを刻み続ける。

《内にいる獣》《謎めいた命令》を受け、思わずドローに気合が入る安福だがライブラリーは期待に応えない。

何とか《怒り狂う山峡》で仕掛けようにも《桜族の長老》が構えているため、やむなく《根の壁》を置いてターンを返す。


ここで《桜族の長老》をサクってビッグターンに備える萩原だが、1枚だけの緑マナを狙う安福の《内にいる獣》

出鼻を挫かれた萩原は悩みつつも《イゼットの魔除け》でカウンターすることに。

結局このターン中は行動を起こせず、4マナを維持しながらのターンエンドとなった。


手札に選択肢の無い安福、《桜族の長老》が居なくなったため《怒り狂う山峡》により攻撃を開始。

萩原にダメージが入り始める。


しかし《怒り狂う山峡》が動き始めたといっても、消耗戦後の状況ではない。

あくまで安福の手札が弱いだけ。萩原の手札は十分である。


こうなると萩原は《風景の変容》を探すだけだ。

ターン終了時に《瞬唱の魔道士》をプレイすると、先ほどプレイした《イゼットの魔除け》をフラッシュバック。

若干を山を引き過ぎたようだが、十二分に並んだ土地から放たれた《風景の変容》が勝利手段にならないわけもない。


2枚目の《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》と山5枚がセットされ、安福に計30点のダメージが与えられて勝負は第3ゲームへ。



萩原 翼 



萩原 1-1 安福



Game 1
さて萩原が取り返しての最終戦、最後の勝負は安福の先手から。

安福はこのマッチ初めての第2ターン《草茂る胸壁》でマナ加速によるスタートを果たし、続く先手第3ターンの《根の壁》を萩原は《差し戻し》

マナ差が広がることを食い止める。


だがこのことが致命傷となった。

安福、渾身の《召喚の罠》!!


召喚の罠



・・・からの《引き裂かれし永劫、エムラクール》降臨。


引き裂かれし永劫、エムラクール


これがあるからやめられねえ。と思ったかどうかは分からないが、安福さすがに笑みが隠せない。

このしてやった感。一仕事を終えた男の顔である。




安福 昭浩 



そしてもちろん《風景の変容》のキルターンはどう足掻いても4ターンを超えることが無いのだ。


萩原 1-2 安福



2枚ずつの《差し戻し》《謎めいた命令》でキープした萩原にとって、《草茂る胸壁》に続く《根の壁》は看過出来ない存在だった。

そして安福は初手から《草茂る胸壁》《根の壁》《召喚の罠》を持っていた。

《引き裂かれし永劫、エムラクール》がライブラリー上に居た以上、萩原の憤死はライブラリーをシャッフルした時点で定まっていたということになる。

まさしくデッキ勝ち。


安福、必殺の《召喚の罠》を決め決勝戦に進出!