高橋優太の第5期神決定戦レポート

高橋 優太

高橋 優太


スマートフォンの方は【こちら】



■ 1/11


【第5期神決定戦】に参加。デッキはダークジェスカイ。



高橋 優太「ダーク・ジェスカイ」
第5期スタンダード神決定戦

2 《山》
1 《島》
1 《平地》
1 《沼》
2 《窪み渓谷》
1 《燻る湿地》
1 《大草原の川》
4 《血染めのぬかるみ》
4 《溢れかえる岸辺》
4 《汚染された三角州》
4 《神秘の僧院》
1 《乱脈な気孔》

-土地(26)-

4 《ヴリンの神童、ジェイス》
3 《魂火の大導師》
4 《カマキリの乗り手》
1 《黄金牙、タシグル》

-クリーチャー(12)-
4 《焦熱の衝動》
3 《軽蔑的な一撃》
4 《はじける破滅》
3 《コラガンの命令》
2 《苦い真理》
2 《オジュタイの命令》
4 《時を越えた探索》

-呪文(22)-
4 《焙り焼き》
3 《否認》
2 《光輝の炎》
2 《苦い真理》
1 《龍王シルムガル》
1 《強迫》

-サイドボード(15)-
hareruya


結果は2-3で敗北。

勝負を分けたのは5本目。負けた後に違和感があったためリプレイしたところ、勝ち得る選択肢があったことに気づく。



■ プレイングの極み



対戦相手 (白緑・大変異)

ライフ:17

戦場:
《搭載歩行機械》 (4/4・タップ)

《平地》
《平地》
《森》
《梢の眺望》
《梢の眺望》

手札:2枚
(こちらの予想では、土地と《勇敢な姿勢》)





※画像をクリックすると拡大します。


ここまでのゲームで相手はクリーチャーを展開しておらず、《魂火の大導師》が場に残っている。

2ターン前に相手が《搭載歩行機械》を攻撃せず4/4にしたのが不自然だったこともあり、対戦相手の手札はおそらく状況を選ぶ除去である《勇敢な姿勢》だと予想している。


勇敢な姿勢


このターンのドローは《カマキリの乗り手》

この盤面であなたならどうプレイするか、理由も含めて考えて欲しい。













■ 解答


土地の合計が7マナだったこともあり、私はカマキリから《乱脈な気孔》を起動してアタックを行った(ライフ3→7)。


乱脈な気孔


しかしこれがミスだったのだ!相手のドローによる結果論などではなく、明確な理由を持ってミスだと言える。

ゲームの焦点は「いかにライフを保ちつつ長引かせるか」だ。こちらの手札には《苦い真理》があり、デッキにはまだ《時を越えた探索》が残っている。《龍王シルムガル》を安心してプレイできる状況に持ち込むことがゴールだと言える。


龍王シルムガル


次のターン、4/4の《搭載歩行機械》が攻撃してくることを考えると、《カマキリの乗り手》でブロックするよりも《乱脈な気孔》でブロックする方が良い。

また相手に《絹包み》《停滞の罠》を引かれる可能性を考慮しても、ブロッカーは2体残せる状況にした方が良い。《カマキリの乗り手》《乱脈な気孔》でのダブルブロックでも良い。

今後の展開を考えると《乱脈な気孔》起動に毎ターンマナを拘束されるのも厳しいし、ここはクリーチャー化してブロックが最善手だった。結果として《ドロモカの命令》《カマキリの乗り手》に撃たれてしまい、アタックでライフが2に。


ドロモカの命令


このせいでこちらの選択肢が狭まってしまい、最後の《苦い真理》で2マナクリーチャー+《否認》という縛りになってしまい敗北。


苦い真理



これで「神」ではなく、また「挑戦者」としてスタートだ。

相手を待ち構えるよりも、自分から挑む方が性に合ってる。さ、強敵求めて練習練習♪



■ 『ゲートウォッチの誓い』第一印象


さて、今週末は【ゲートウォッチの誓い・プレリリース】




リミテッドの基本はコモン。各色のコモントップ3を予想してみよう。



● 白


1.《探検の猛禽/Expedition Raptor》




自身が飛行なこともあり、本当にコモンで良いの?と思う性能。飛行→飛行→「支援」という動きはそれだけで勝てる。


2.《孤立領域/Isolation Zone》




除去は強い。


3.《落とし子縛りの魔道士/Spawnbinder Mage》




青もそうだが、久々に登場したタッパー。条件は簡単だしマナもかからないので。



● 青


1.《目潰しドローン》




2マナのタッパーは強い。青と黒は無色マナ依存のカードが多いので、中途半端なカードを取るくらいなら《荒地/Wastes》をピックというのがドラフト方針になりそうだ。






2.《耕作ドローン/Cultivator Drone》




青は無色マナ依存のカードが多いので早めに確保したいところ。


3.《封止の被膜/Containment Membrane》




「怒濤」は使いにくいと考えているが、この軽さなら達成は簡単だろう。《落とし子縛りの魔道士/Spawnbinder Mage》や《目潰しドローン/Blinding Drone》などシステムクリーチャーが多いこともあり、アンタップしない除去は役に立ちそうだ。

シールドで青をやるなら必ず入れる1枚。



● 黒


1.《忘却の一撃/Oblivion Strike》




シングルシンボルで使いやすいので、シールドでタッチすることも多そうだ。


2.《コジレックの組み換え/Kozilek’s Translator》




青と黒は無色マナ依存のカードが多いので早めに確保したいし、出したターンに即無色マナを供給できるのが役立つ。アンコモンの《本質を蝕むもの/Essence Depleter》とコンボで毎ターンドレインできる。






3.《異常な忍耐/Unnatural Endurance》




『ゲートウォッチの誓い』の第一印象は2マナが大事なテンポ環境。攻守にわたって使いやすい。



● 赤


1.《巨岩投下/Boulder Salvo》





「怒濤」した時の威力が凄まじい。展開しながら相手の4~5マナクリーチャーを除去できる。


2.《アクームの炎探し/Akoum Flameseeker》




サイズが良くなった《かき回すゴブリン》!単純に強い。


3.《ザダの猛士/Zada’s Commando》




2マナ2/2が重要なテンポ環境と予想しているので、メリット持ちの2マナ域は点数高い。



● 緑


1.《網投げ蜘蛛》




『基本セット2015』からの再録だが、安定の性能。自分より上のマナ域にも対抗できるし、「支援」すると心強い。


2.《タジュールの道守/Tajuru Pathwarden》




コモンもここまできたか、というスペック。「支援」したら手に負えなそう。


3.《忍び寄りドローン/Stalking Drone》




《ザダの猛士/Zada’s Commando》と同じく、メリット持ちの2マナ域は点数高い。



私も今週末の晴れる屋プレリリースに参加予定だ。「このコモンが意外と強かった」「これとこれがコンボだ」などの発見があったらぜひ教えてほしい。


ではまた

高橋優太



この記事内で掲載されたカード


Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事