八十岡翔太の2016 Asia Vintage Championshipレポート

八十岡 翔太

八十岡 翔太





こんにちは八十岡です。

先週の日曜日に行われた【第6期レガシー神挑戦者決定戦】には300人が来たらしく驚きました。そんな中、自分は同日に行われていた【2016 Asia Vintage Championship】に出てきましたので、今回はそのレポートとなります。

普段ヴィンテージはやっていないのですが、【東京MTG】様から殿堂プレイヤーということで招待されたのでなかしゅー(中村 修平)と一緒に遊びに行くことにしました。

使用したデッキは《実物提示教育》入りのオースデッキです。



八十岡 翔太「Omni Oath」
2016 Asia Vintage Championship

1 《島》
2 《Tropical Island》
2 《Underground Sea》
4 《霧深い雨林》
1 《汚染された三角州》
4 《禁忌の果樹園》
1 《Library of Alexandria》

-土地(15)-

2 《グリセルブランド》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール》

-クリーチャー(3)-

1 《Ancestral Recall》
1 《Time Walk》
1 《Black Lotus》
1 《Mox Emerald》
1 《Mox Jet》
1 《Mox Pearl》
1 《Mox Ruby》
1 《Mox Sapphire》

-パワー9 (8)-
4 《精神的つまづき》
4 《定業》
2 《鋼の妨害》
1 《渦まく知識》
1 《狼狽の嵐》
1 《思案》
1 《思考囲い》
1 《吸血の教示者》
1 《Demonic Tutor》
4 《実物提示教育》
4 《Force of Will》
1 《時を越えた探索》
1 《宝船の巡航》
1 《太陽の指輪》
4 《ドルイドの誓い》
1 《全知》
2 《精神を刻む者、ジェイス》

-呪文(34)-
4 《虚空の力線》
3 《自然の要求》
3 《突然の衰微》
2 《鋼の妨害》
2 《貪欲な罠》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン》

-サイドボード(15)-
hareruya



ドルイドの誓い実物提示教育グリセルブランド


ヴィンテージはやってないだけあって何が強いかよくわからなかったので、簡単そうで一番強そうなオースにしました。


ラウンド 対戦デッキ 勝敗
Round 1《闇の腹心》入りメンター 〇〇


1本目: 《闇の腹心》が出てきたのですが、《ドルイドの誓い》貼ったら勝ちました。

2本目: 《封じ込める僧侶》が出てきたのですが、《実物提示教育》《全知》《引き裂かれし永劫、エムラクール》で勝ち。


ラウンド 対戦デッキ 勝敗
Round 2オース 〇×〇


1本目: 相手に《ドルイドの誓い》を貼られるも、《実物提示教育》《全知》《引き裂かれし永劫、エムラクール》で勝ち。

2本目: 《実物提示教育》は手札にあるも仕掛け時を見誤り、相手に《Time Walk》から《実物提示教育》《グリセルブランド》を出され、こっちも《グリセルブランド》を出すも負け。

3本目: 相手に2ターン目に《禁忌の果樹園》から《ドルイドの誓い》を貼られ、対抗手段がなく《業火のタイタン》《グリセルブランド》と出されて負けを確信するも、なぜかこちらも《ドルイドの誓い》が起動できて《引き裂かれし永劫、エムラクール》出てきて逆転勝ち。


ラウンド 対戦デッキ 勝敗
Round 3墓荒らし 〇〇


1本目: 2ターン目《闇の腹心》の返しに《ドルイドの誓い》貼って勝ち。

2本目: 《禁忌の果樹園》《ドルイドの誓い》《Force of Will》《突然の衰微》というぶん回りで勝ち。


ラウンド 対戦デッキ 勝敗
Round 4 ID
Round 5 ID


2位抜けでプレイオフに。


ラウンド 対戦デッキ 勝敗
準々決勝《電結の荒廃者》入りMUD ×〇×


こちらのスイス順位が上なので、かなり有利な先攻でスタート。

しかし僕がほぼ勝っている状況でひどいミスをして1本目を落としてしまい、2本目は取るも3本目は1ターン目《三なる宝球》、2ターン目《磁石のゴーレム》と動かれて敗北。

ミスプレイについてはこちらの解説図を。

八十岡 翔太(Oath)
ライフ: 4

戦場
《グリセルブランド》
《精神を刻む者、ジェイス》(忠誠度: 2)

《禁忌の果樹園》2枚を含む土地7枚

対戦相手(MUD)
ライフ: 16前後

戦場
《トリスケリオン》(+1/+1カウンターあり)
《搭載歩行機械》の1/1トークン

《Mishra's Workshop》含む土地4枚
(すべてタップ状態)





1/1トークンを自分の《禁忌の果樹園》から出たトークンだと勘違いして《グリセルブランド》で殴ったら、実は《搭載歩行機械》から出た飛行機械トークンで、ブロックからのトリスケビームでライフゲインできなくて負け。

教訓: 相手の場はよく確認しましょう(ちなみにきちんと飛行機械トークンでした)。

賞品はTop4からだったため何ももらえずに終了しました。ちなみに優勝は「ヴィンテージ9年ぶりだわー」とか言っていた中村 修平さんでした。流石ですね。




今回アメリカから招待されて来たStephen Menendianはなかしゅーが最後にヴィンテージをやった大会でもある【Magic Invitational 2007】に一緒に出場しており、「あのときたしかキューブドラフトであたったよね」みたいな話をしました。まさかまた、こうして会うとは思ってもいませんでした。マジック長く続けていると色々なことがありますね。

ヴィンテージはたまに遊ぶには面白いフォーマットなので、また何か機会があれば大会に出たいと思います。

ではでは。


ヤソ



この記事内で掲載されたカード


Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事