齋藤友晴の『異界月』注目カード100枚レビュー! 青編

晴れる屋

晴れる屋


※注目度は5段階評価です。


《棚卸し》





注目度:★★★★★


おかえり《蓄積した知識》!!たまらんぜよ!!

地味~に《先駆ける者、ナヒリ》と相性がいい。


《波止場の潜入者》





注目度:★★★★


k サイズは小さいけどプラス能力3つもある!えっ、これ《ヴリンの神童、ジェイス》とかでクリーチャー・カード捨てても誘発するじゃん!


《突発的変化》





注目度:★★★★


条件付きだし能力は止められないけど、1マナのインスタントタイミングで対処出来る範囲が広すぎる。スタンダード、モダン、レガシー全部ありえる。逆にリミテは微妙という珍しいカード。

スタンダードなら特に《押し潰す触手》と一緒に使いたいし、レガシーでは《意志の力》と一緒に使いたい。


《霊廟の放浪者》





注目度:★★★


『イニストラードを覆う影』込みでスピリットデッキを作らせようという意思は伝わった。

一見するとスピリットデッキ専用カードなものの、単体性能では《呪い捕らえ》より上だからクロックパーミッションでもやるかも。


《霜のニブリス》





注目度:★★★


除去耐性は低いけど、場に残ったときのリターンが高い。


《非実体化》





注目度:★★★


その先に何をできるのか次第。もしかしたら、大好きな《熱病の幻視》と相性いいかも。


《引きずり込み》





注目度:★★★


帰ってきた《排撃》、と思いきやソーサリーかあ。それでも許せそうだけど。《ジェイスの聖域》デッキとピタリ。


《偏った幸運》





注目度:★★★


もし自分がナイスカードデザイン賞の審査員ならこれにはぜひ票を入れたい。

ゲームを楽しくする一枚だし、《嘘か真か》よりは弱いけど普通に使いうる。


《月への封印》





注目度:★★★


今まで何度も思った「青で場に出たプレインズウォーカーに触れるカードあればなあ……」「青でデカいクリーチャー除去れるカードあればなあ……」が叶う。ついでに相手の土地に貼って事故にもつけこめる。カード損だけど特定のデッキでは便利なお供になりえる。

デッキ、展開によっては自分の軽量クリーチャーに付けてマナを伸ばすパターンも偉い。


《書庫の霊》





注目度:★★


存在が可愛らしい。飛行ほしい。


《意識の拡張》





注目度:★★


重い割に相手依存かつランダムな効果。加えて土地がめくれるとプラスなし。

フレーバーテキストの「無限の英知は一つの意識には収まりきらない」は本当にその通りだと思う←


《有事対策》





注目度:★★


時に欠かせない、引きたて役となるカード。


《冷たいわしづかみ》





注目度:★★


イワシかと思った。おいしい魚食べたい。