齋藤友晴の『異界月』注目カード100枚レビュー! 黒編

晴れる屋

晴れる屋


※注目度は5段階評価です。


《リリアナの誓い》





注目度:★★★★★


強い。

仮に自分が現役の価格担当者である場合、ノーマルレアとしては高値を付けると思う。

プレインズウォーカーがみんな、出たターンだけ他のこともしてくる《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》になる。


《最後の望み、リリアナ》





注目度:★★★★


ウィニーキラー《搭載歩行機械》も「X=1」なら2ターンかけて完全対処可。「+1」4回やって奥義が本線か。今回ゾンビに優しいカードが多いですね。

1回やってやっとカード枚数差分±0だけど、デッキによっては真ん中の能力も頼もしい。


《墓所破り》





注目度:★★★


他のゾンビを並べることができるなら実用性アップ。「マッドネス」やライフゲインとも相性がいい。

《床下から》

良いのありやすぜお客さん^^


《闇の救済》





注目度:★★★


ゾンビ、あるいはマナ量に恵まれたデッキならまあまあやりそう。


《エムラクールの囁き》





注目度:★★★


2ターン目普通に撃って、たまに土地捨てさせるクリーンヒットもあるし、2枚目の「昂揚」に貢献するし、「昂揚」状態で打てればそりゃ強いしでまあまあ?モダンもワンチャン。


《殺害》





注目度:★★★


まあまあ使う程度だと思う。


《墓場からの復活》





注目度:★★★


健全なる再録^^


《流城の死刑囚》





注目度:★★


共鳴者だ!

パンプ能力は魅力的だけど黒黒がきつい。


《嘆きのグール》





注目度:★★


守りながら掘れるし、パワー1は「潜伏」耐性により加点もあるからワンチャン。


《地獄の樹》





注目度:★★


《解放の樹》の逆。タフネスが0でも生きている状態を作ってから能力起動するコンボで活躍しそう。

どうやるか分からないけど茨の道感が強いから、後でコンボ好きのはまちゃんにでも聞こう(笑)


《墓地からの徴用》





注目度:★★


条件付きアド。2マナだしかなり細いけどワンチャン。


《詮索》





注目度:★★


手札破壊ではなく、相手に手札があればカード枚数で損をしないバーンスペルと見ると……それでもワンチャン。


《無情な処分》





注目度:★★


古き良きイラストのテイストと近代的な効果が混在する1枚。