準々決勝: 安福 昭浩(東京) vs. 佐藤 翼(神奈川)

晴れる屋

晴れる屋



By Atsushi Ito


 やはり、モダン神はバーンの歴史なのか。

 【モダン神決定戦】【第2期モダン神挑戦者決定戦】と、優勝したのは2回連続でバーンだった。

 モダンという環境の中で、バーンだけが飛び抜けて強いとは思わない。ただこのモダン神というフィールドにおいては、何かの加護を受けているかのように、バーンが圧倒的に活躍するのだ。

 そのジンクスを受け継いでいるのか。今回の第3期モダン神挑戦者決定戦、トップ8にも当然バーンが勝ち残っている。佐藤は会場内で最も強かったバーンとして、全てのバーンプレイヤーの魂を背負ってここにいる。

 だが、そんな佐藤の前に大きな「壁」が立ちはだかる。

 安福のデッキは《根の壁》《草茂る胸壁》といった「防衛」持ちのクリーチャーを数多く搭載し、さらに《神々の憤怒》を被害なく撃つ赤緑のランプデッキなのだ。

 かなりマイナーなコンセプトだが、【第1回BMOのSCG Invitational Challenge】でも自らトップ8に入賞しており、そのポテンシャルに疑いの入る余地はない。

 はたして佐藤は「壁」まみれの防衛線を突破し、安福を焼き切ることができるか。





Game 1
 後手の佐藤の《僧院の速槍》が早速1ターン目に走るが、早くも2ターン目には《光輝の泉》でライフを回復しつつの《根の壁》で手痛い足止めを食らってしまう。

 しかし佐藤も《僧院の速槍》の2体目を展開、さらに《渋面の溶岩使い》を追加し、面で突破を図る。

 と、ここで安福、4マナオープンで動きがない。



佐藤 翼 


 あまりに不気味だが、佐藤も意を決して仕掛ける。

 《欠片の飛来》をプレイ、《僧院の速槍》の「果敢」を誘発させつつ《渋面の溶岩使い》の能力と合わせて《根の壁》を処理。さらに《ゴブリンの先達》を走らせ、一挙6点ダメージ。

 さらに再び土地を置くのみでターンを返す安福に対し、《ボロスの魔除け》を本体に撃ち込みつつ再び6点アタック。

 この時点で安福のライフは3。《渋面の溶岩使い》がアクティブとなっているため、実質ライフ1。再び佐藤にターンを回してしまうと確実に死んでしまう状況だ。

 安福、絶体絶命か……と、思われた。

 しかし5枚目の土地に辿りついた安福がプレイしたのは、《裂け目の突破》!!


裂け目の突破引き裂かれし永劫、エムラクール


 フェッチランドと《聖なる鋳造所》のアンタップインでライフを15点以下に減らしてしまっていた佐藤は、強大なエルドラージの一撃で逆転敗北を喫してしまった。


安福 1-0 佐藤


佐藤 《光輝の泉》さえなければ……」



Game 2
 今度は佐藤が先手。だが7枚を引いた佐藤の表情が芳しくない。土地が2枚に《稲妻》《稲妻》《溶岩の撃ち込み》《稲妻のらせん》《稲妻のらせん》で、継続的なクロックがないのだ。

 しかしこれだけで15点あるのも事実。1ゲーム目のように《光輝の泉》などを置かれさえしないなら、平均的なドローで5ターンキルは出来そうだ。そんな風に考えたかどうかはわからないが、ともかく佐藤はキープを宣言し、火力を安福に撃ち込み続ける。

 途中で《裂け目の稲妻》を引き込み、先手4ターン目を終える頃には安福のライフは既に8。手札には6点分の火力、あと1枚引けば。

 そんな佐藤の思いを嘲笑うかのように、後手4ターン目に《強情なベイロス》でライフを引き戻した安福は、続くターンにゲームの終わりを宣告した。



安福 昭浩 



安福 「よく揃うなぁ」

 《裂け目の突破》《引き裂かれし永劫、エムラクール》再び!!


安福 2-0 佐藤