スタンダードの地図

Petr Sochurek

Petr Sochurek

皆さん、こんにちは!月日が経ちまして、また僕がまた記事を書く時期になりました。そしてもう皆さんは分かっていると思いますが、今回は皆さんの頭の中で考えていること、そうスタンダードのことにします。現在のスタンダードが置かれている状況はとても変な状況にいて、多くのプレイヤーの皆さんも迷子ではないでしょうか?そんな皆さんが分かりやすく、順序を追って何が起きているのかそして今後はどのように変化していくのか説明しましょう。

初めに

僕の今期のフォーマットのためのテストはこの前行われていたプロツアーホノルルのためでした。今回のテストするのは僕が行動を共にしているチームCabin Crewです。僕とチームのみんなはいつもチェコ共和国の南側に位置する山々の中のMartin Juzaが所有するキャビンに数週間集まるのです。《密輸人の回転翼機》が今回ぶっ壊れていることだとわかるまでそう時間はかかりませんでした。そしてアグロなデッキが今回のめちゃくちゃ強く、トップメタで勝ちに行く目標であったのです。SCGOで確信することができました。

もちろんSCGの結果だけに頼ることはできません。プレイヤーの質次第ではデッキを正しく使えて来たのか、はたまたデッキ自体正しく作られたか?これらはとても難しいことで、これらが少し間違ってしまうことで結果としてねじ曲がった結果を見ることとなります。僕たちはそれとは別で《霊気池の驚異》デッキを作り上げるために多くの時間を割いていました。ですが最後にはこのデッキは捨てました。想定していたアグロのマッチングで完璧に不利でした。何もかもうまくいって四ターン目に相手を殺していたら、それは最高に見えるでしょう。ですがそれはめったに起きる出来事ではなく、今のアグロは早すぎるぐらいとても早く、それを成功させる前に引きキロされるでしょう。

密輸人の回転翼機霊気池の驚異


僕たちはアグロがあまりにも強いと思い、相性が悪いと思ったデッキは即座に捨てていた。これは致命的な間違えでした。というより他の人を過大評価してしまっていた。僕たちは気づくべきでした、すべてのプロツアー参加者が僕みたいに優秀なチームに居ないことを、または2週間もテストする余裕がないことを。それは結果としてアグロデッキの優秀さを見つけ出せず、相性が悪いデッキを使っていました。付け加えるとプロツアーにいるプレイヤーで中には自分はアグロデッキを使うようなレベルの選手ではないと思い込んでいて、相手を何らかのミッドレンジまたはコントロールデッキで負かそうとしているプレイヤーもいる。

何を僕が話したいかは今回のプロツアーで起こったことを見てもらえばわかると思います。あの有名なチームFace to Face、Pantheon、あと僕のチームはアグロデッキに勝つデッキまたはアグロを握っていました。チームFace to Faceなんて《ゲトの裏切り者、カリタス》のために《光輝の炎》を使うことを決めてそのためにわざわざ赤をタッチしていました。

そのようなデッキは《天才の片鱗》《即時却下》、または《苦い真理》、を多く搭載しているデッキ相手にはあまり良くない。 そんなわけで「緑黒」は惨敗してプロツアーは@@残念grindy@@な祭りになったのです。どこもより終盤で良いエンジンを搭載しているかでどっちが上位に立つか決まる感じでした。そういったほとんどの人は《霊気池の驚異》を使ってつまらない@@grindy@@マッチングを大会中やっていたのではないか。

そこから何を学べるでしょうか?特定の戦略がとても強くてもその情報を元に他のプレイヤーは練習するわけではありません。それかその戦略が多くをプロツアーで代表するとは限りません。プレイヤーは事前に特定の戦略を既に好み、その戦略で物事を進める場合が多いです。

今現状どのように環境が見えるか?

プロツアーが終わり、そこでの出来事がメタゲームに興味深いシフトをした。残念なことに多くの競技思考のプレイヤーは出回っているデッキリストをコピーするだけで、今回のプロツアーで見ることができたリストでテストし始めたところです。主に八十岡翔太が使ったグリクシスコントロールがいい例でしょう。プレイヤーは同じく「《霊気池の驚異》デッキ」に恐れていて、《霊気池の驚異》とコントロールともに有効なデッキを探していてそこで「青白」の独壇場が始まったのです。

無私の霊魂呪文捕らえ大天使アヴァシン


皆さんは八十岡翔太の優勝デッキはもう見ていると思いますが、皆さんの中にはこの「青白」を知らない方もいると思いますので、念のためにここに記載しますね。

皆さん、こんにちは!月日が経ちまして、また僕がまた記事を書く時期になりました。そしてもう皆さんは分かっていると思いますが、今回は皆さんの頭の中で考えていること、そうスタンダードのことにします。現在のスタンダードが置かれている状況はとても変な状況にいて、多くのプレイヤーの皆さんも迷子ではないでしょうか?そんな皆さんが分かりやすく、順序を追って何が起きているのかそして今後はどのように変化していくのか説明しましょう。

初めに

僕の今期のフォーマットのためのテストはこの前行われていたプロツアーホノルルのためでした。今回のテストするのは僕が行動を共にしているチームCabin Crewです。僕とチームのみんなはいつもチェコ共和国の南側に位置する山々の中のMartin Juzaが所有するキャビンに数週間集まるのです。《密輸人の回転翼機》が今回ぶっ壊れていることだとわかるまでそう時間はかかりませんでした。そしてアグロなデッキが今回のめちゃくちゃ強く、トップメタで勝ちに行く目標であったのです。SCGOで確信することができました。

もちろんSCGの結果だけに頼ることはできません。プレイヤーの質次第ではデッキを正しく使えて来たのか、はたまたデッキ自体正しく作られたか?これらはとても難しいことで、これらが少し間違ってしまうことで結果としてねじ曲がった結果を見ることとなります。僕たちはそれとは別で《霊気池の驚異》デッキを作り上げるために多くの時間を割いていました。ですが最後にはこのデッキは捨てました。想定していたアグロのマッチングで完璧に不利でした。何もかもうまくいって四ターン目に相手を殺していたら、それは最高に見えるでしょう。ですがそれはめったに起きる出来事ではなく、今のアグロは早すぎるぐらいとても早く、それを成功させる前に引きキロされるでしょう。

密輸人の回転翼機霊気池の驚異


僕たちはアグロがあまりにも強いと思い、相性が悪いと思ったデッキは即座に捨てていた。これは致命的な間違えでした。というより他の人を過大評価してしまっていた。僕たちは気づくべきでした、すべてのプロツアー参加者が僕みたいに優秀なチームに居ないことを、または2週間もテストする余裕がないことを。それは結果としてアグロデッキの優秀さを見つけ出せず、相性が悪いデッキを使っていました。付け加えるとプロツアーにいるプレイヤーで中には自分はアグロデッキを使うようなレベルの選手ではないと思い込んでいて、相手を何らかのミッドレンジまたはコントロールデッキで負かそうとしているプレイヤーもいる。

何を僕が話したいかは今回のプロツアーで起こったことを見てもらえばわかると思います。あの有名なチームFace to Face、Pantheon、あと僕のチームはアグロデッキに勝つデッキまたはアグロを握っていました。チームFace to Faceなんて《ゲトの裏切り者、カリタス》のために《光輝の炎》を使うことを決めてそのためにわざわざ赤をタッチしていました。

そのようなデッキは《天才の片鱗》《即時却下》、または《苦い真理》、を多く搭載しているデッキ相手にはあまり良くない。 そんなわけで「緑黒」は惨敗してプロツアーは@@残念grindy@@な祭りになったのです。どこもより終盤で良いエンジンを搭載しているかでどっちが上位に立つか決まる感じでした。そういったほとんどの人は《霊気池の驚異》を使ってつまらない@@grindy@@マッチングを大会中やっていたのではないか。

そこから何を学べるでしょうか?特定の戦略がとても強くてもその情報を元に他のプレイヤーは練習するわけではありません。それかその戦略が多くをプロツアーで代表するとは限りません。プレイヤーは事前に特定の戦略を既に好み、その戦略で物事を進める場合が多いです。

今現状どのように環境が見えるか?

プロツアーが終わり、そこでの出来事がメタゲームに興味深いシフトをした。残念なことに多くの競技思考のプレイヤーは出回っているデッキリストをコピーするだけで、今回のプロツアーで見ることができたリストでテストし始めたところです。主に八十岡翔太が使ったグリクシスコントロールがいい例でしょう。プレイヤーは同じく「《霊気池の驚異》デッキ」に恐れていて、《霊気池の驚異》とコントロールともに有効なデッキを探していてそこで「青白」の独壇場が始まったのです。

無私の霊魂呪文捕らえ大天使アヴァシン


皆さんは八十岡翔太の優勝デッキはもう見ていると思いますが、皆さんの中にはこの「青白」を知らない方もいると思いますので、念のためにここに記載しますね。

プレイヤーはアグロがどれほど良い状況かわかっていません。「青白」相手に良いマッチングが欲しいなら、アグロなデッキを見つけて、《無許可の分解》を突っ込めばそれで大丈夫でしょう。両デッキは似たようなことをやっています。ですが赤い方がより早く、大体のゲームは「青白」が序盤遅れていて、《反射魔道士》名を使って、生き残ろうとして、時を見計らって相手より大きい物を、《大天使アヴァシン》《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》、サイドボードから《保護者、リンヴァーラ》《折れた刃、ギセラ》を入れてゲームを制しようとします。《無許可の分解》は相手を破壊します。邪魔になるカードを殺し、相手を殺すのを早めてくれ、さらにインスタントなので相手の《呪文捕らえ》を笑って見過ごせます。もちろんただ単に「マルドゥ機体」に《無許可の分解》を突っ込んだだけでは黒が足りないことがなりうるが、《耕作者の荷馬車》の入れた型を使うか(この型にした方が絶対良い)、または「赤黒」を使えばよいでしょう。こちらは「マルドゥ機体」より好みません。理由としては爆発力が比較すると少なく、脅威の密度が少ないです。そのためいくつかクリーチャーを殺されその後多くのバーンが飛んできて、コントロールに簡単に負けてしまうでしょう。

その他の選択肢として「緑黒昂揚」もあります。このデッキのマッチングはとても前向きに捉えることができます。ですがお互いにマッチング内容がとても細かく多くの練習が必要です。

これが今現在の僕の「緑黒昂揚」です。


Petr Sochurek – 「緑黒昂揚」

9《沼》
5《森》
1《進化する未開地》
4《花盛りの湿地》
4《風切る泥沼》

-土地 (23)-

4《残忍な剥ぎ取り》
2《不屈の追跡者》
1《巡礼者の目》
4《墓後家蜘蛛、イシュカナ》
1《害悪の機械巨人》
1《約束された終末、エムラクール》

-クリーチャー (13)-
4《ウルヴェンワルド横断》
4《過去との取り組み》
2《精神背信》
4《闇の掌握》
2《殺害》
2《破滅の道》
3《発生の器》
3《最後の望み、リリアナ》

-呪文 (24)-
2《不屈の追跡者》
2《自然のままに》
2《精神背信》
2《餌食》
2《知恵の拝借》
1《節くれ木のドライアド》
1《ゲトの裏切り者、カリタス》
1《約束された終末、エムラクール》
1《発生の器》
1《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》

-サイドボード (15)-
hareruya

僕の対「青白」サイドボード論



Out

過去との取り組み過去との取り組み過去との取り組み過去との取り組み

最後の望み、リリアナ最後の望み、リリアナ最後の望み、リリアナ


In

餌食餌食精神背信精神背信

自然のままに自然のままに発生の器


(追加で《約束された終末、エムラクール》を抜くって選択肢もあると思いますが、ちょっと自信がありません。時にはそのままデッキに残しておくことで、多くの状況に対応できたりします。例えば《ウルヴェンワルド横断》《約束された終末、エムラクール》を持ってくれば勝ちって盤面も抜いてしまうと勝てません。)

先手の場合、相手がx/1クリーチャーを残していると思う場合は《最後の望み、リリアナ》を残す選択肢もあります。同じく相手が天使投下プランで来ると思うのであれば、《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》をサイドインしても良いでしょう(相手はそれをやってはいけないことですが、それをやってこないという意味ではありません。)。

僕の好みのアグロデッキもここに乗せたいと思います。結局このデッキを使いませんでしたが、デッキ内で行われていることは好きです。


カクマエテルヤ – 「マルドゥ機体」
グランプリ・クアランプール(Top 8)

7《山》
3《平地》
4《霊気拠点》
4《感動的な眺望所》
4《秘密の中庭》

-土地 (22)-

4《模範的な造り手》
4《発明者の見習い》
4《スレイベンの検査官》
4《経験豊富な操縦者》
4《屑鉄場のたかり屋》
2《模範操縦士、デパラ》
1《ピア・ナラー》

-Creatures (23)-
4《Harnessed Lightning》
4《Unlicensed Disintegration》
4《密輸人の回転翼機》
3《耕作者の荷馬車》

-Spells (24)-
4《稲妻織り》
4《流電砲撃》
3《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》
2《反逆の先導者、チャンドラ》
1《断片化》
1《神聖な協力》

-サイドボード (15)-
hareruya

僕の未来のメタゲームの予想が正しければ、多くのアグロデッキと「緑黒昂揚」が多く見られると思います。そして《奔流の機械巨人》が使わずにいられないほどのカードであるため、プレイヤーはコントロールを依然として使うでしょう。そうなると僕がプロツアーのために仕上げていて、仲間の何人かが使ってくれたデッキが何習慣化した時に、メタゲーム内でとても良いポジションに位置しているかもしれません。「青白」のマッチングがとても悪いため、今すぐに使ってとは言えませんが、一つ頭の中に入れていても良いデッキだと思います。


RG Marvel

8《森》
4《山》
2《進化する未開地》
4《霊気拠点》
4《獲物道》

-土地(22)-

4《導路の召使い》
3《墓後家蜘蛛、イシュカナ》
4《約束された終末、エムラクール》

-クリーチャー(11)-
4《霊気との調和》
1《流電砲撃》
4《安堵の再会》
4《蓄霊稲妻》
4《発生の器》
4《織木師の組細工》
4《霊気池の驚異》
2《Chandra, Flamecaller》《炎呼び、チャンドラ》

-Spells (27)-
4《不屈の追跡者》
3《儀礼的拒否》
2《流電砲撃》
2《払拭》
2《否認》
1《反逆の先導者、チャンドラ》
1《島》

-サイドボード(15)-
hareruya

このリストは古いが、基本的な部分は変わらず、マジックを普通に遊び、《霊気池の驚異》を使った四パターンの勝ち手段が搭載されており、「緑黒昂揚」やコントロール相手にとても強いでしょう。

この記事が皆さんにとって使えるものであって、僕の数日前のようにこれ以上スタンダード環境で迷子でないこと願います。何か聞きたいことがありましたら、僕はいつでも答えを提供したいと思ってますのでお気軽にツイッターまたはFacebookまでご連絡をください。

そしていつもと同じように、この記事を読んでくれてありがとう、Petr Sochurek

Cards found in the Article


Share in Twitter

Share in Facebook

Related Articles