準々決勝: 三原 槙仁(千葉) vs. 中道 大輔(東京)

晴れる屋

晴れる屋



By Atsushi Ito


三原 「そういえば、この『神』で初めてトップ8に残ったよ」

 三原といえば、一流のプロプレイヤーとして世界を回り、その強さで殿堂プレイヤーの称号まで獲得していながら、ショップ主催の大会などにも精力的に参加しているほどの「マジック好き」で知られる。

 そんな三原がプレイしているのは、《謙虚な離反者》入り《欠片の双子》(→【デッキテク】)。《謙虚な離反者》をアンタップさせ、楽しそうに大量のカードを引く三原が印象的な、実に三原らしい豪快なデッキである。

 対し、この準々決勝で三原と激突する中道は、同じ《欠片の双子》デッキでも、三原が「環境的に厳しい」と評した”Tempo Twin”なのだ。

 常に薄氷を踏むようなギリギリのやりとりを繰り返し、ダメージとコンボの狭間で細い糸を渡りきる繊細さが、こちらも中道の性分によく合っているように思われる。

 これ以上なく三原らしい《欠片の双子》と、これ以上なく中道らしい《欠片の双子》。そんな極限の対決は、はたしてどのような結末を迎えるのか。






Game 1
 中道の《血清の幻視》の返し、三原の後手1ターン目《思考囲い》で明らかになった中道の手札は、

《マナ漏出》
《差し戻し》
《呪文嵌め》
《稲妻》
《蒸気の絡みつき》
《蒸気孔》

 というもの。三原は悩んで《マナ漏出》を落とし、続くターンには《謙虚な離反者》を送り出すが、中道はこれを《呪文嵌め》で弾くと、さらにエンド前《稲妻》からメインで《瞬唱の魔道士》《稲妻》フラッシュバック本体と一気にライフを詰めにかかる。《思考囲い》で擦り減っていた三原のライフは、この時点で既に10点。中道の鋭いダメージ感覚が光る。



中道 大輔 


 三原もフェッチを起動しつつ、さらなる《謙虚な離反者》をブロッカーとして送り出すが、これには《蒸気の絡みつき》が飛び、2点アタックを受けて三原は残りわずか6点。

 それでも《謙虚な離反者》《差し戻し》させてから《呪文滑り》を通すことでライフの減少を歯止めにかかるが、これも2点アタックを受け止めてからの《電解》で葬り去られ、依然として中道の攻勢が止まらない。

 何とか《瞬唱の魔道士》《やっかい児》で相打ちにとるものの、三原も決定打が引き込めず、フェッチを2枚起動しながらライブラリーを圧縮していくしかできない。

 やがて三原が《謙虚な離反者》を送り出したところで、2枚目の《蒸気の絡みつき》《稲妻》が三原を介錯した。


三原 0-1 中道



Game 2
 ここで三原が痛恨のダブルマリガン。しかも初動の《呪文滑り》《呪文嵌め》され、返しで《呪文滑り》を通されてしまう。

 しかし中道も土地が3枚で止まって苦しい。再びエンド前の《瞬唱の魔道士》《稲妻》からクロックを作るものの、三原に致命的なアクションを仕掛けられたら防ぎきれない状況だ。

 慎重に《血清の幻視》で手札を整える三原。

 いよいよ6枚目の土地を引き込んだ三原が仕掛けた。まず《呪文滑り》をプレイ、スタックで中道が《電解》を本体に飛ばした後で、《誘惑蒔き》が中道の《呪文滑り》を奪い去る!!



三原 槙仁 


 このビッグイニングにより、フルタップながら《呪文滑り》2体が《誘惑蒔き》を守る鉄壁のガードを形成する三原。

 このターンさえしのぎきれば……

 そんな三原の希望はしかし、儚く打ち砕かれた。

 三原にとっては最悪の、そして中道にとっては最高のタイミングで引き込まれた4枚目の土地。

 中道が《蒸気の絡みつき》《誘惑蒔き》にプレイするとこれはファイレクシアマナで自身の《呪文滑り》に曲げるが、三原の残りライフは既に3。

 《瞬唱の魔道士》《蒸気の絡みつき》《誘惑蒔き》を対象にフラッシュバックすると……

蒸気の絡みつき


三原 「払うと負けか。ん?でも払わなくても負けじゃね?」

 三原のライフは、ぴったりゼロになった。

三原 0-2 中道