準々決勝: 中田 達也(埼玉) vs. 萩原 翼(千葉)

晴れる屋

晴れる屋



By Kazuya Hirabayashi


【第2期神決定戦】を経て、新たな期に突入した【神シリーズ】

その先陣を切ったのがプロツアーの結果を受け、《宝船の巡航》《出産の殻》禁止後の世界となったモダンである。


アブザン強しのメタゲームから双子が勝つという結果から二週間。

【SCZというセンセーショナルな話題】に始まり、はたまたエスパー《僧院の導師》で揃ってトップ8入りを決めた、市川・松本というトピックも有り。

”第2期モダン神”砂田 翔吾への挑戦者を決めるべく、予選ラウンドを終え8人が出揃った。


ここで対峙するのが最後のアブザン使いとなった中田と、《風景の変容》繰る萩原である。

プロツアーでは最大勢力となったアブザンだが、予選ラウンドから通過出来たのは中田一人。

やはり仮想敵と定まってしまうと厳しいか。


そして《風景の変容》といえば、黒緑系アーキタイプの天敵である。

中田、この試練を潜り抜けられるか。





Game 1 スイスラウンドで上位の中田が先攻。

互いにマリガンした後、第1ターンの《思考囲い》で幕を開ける。


《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》含む4枚の手札と《イゼットの魔除け》《深遠の覗き見》が公開され、ここでは《イゼットの魔除け》を捨てさせる。

後手の萩原が《深遠の覗き見》のために2マナを構えると、マナが止まり選択肢の無い中田は餌の無い2体の《漁る軟泥》を展開。

互いにマリガンした展開を差し切るため、”《灰色熊》”でも構わず《漁る軟泥》を並べていく。


レシピ次第では《神々の憤怒》や火力の合わせ技でひどいことになりそうなものだが、マリガン後で選択肢の狭い萩原はたまらず引いてきた《イゼットの魔除け》で2体目を除去。

序盤は中田が先攻した手格好になる。

ここからは中田も土地を引き続けるのだが、萩原が《深遠の覗き見》《差し戻し》を手に入れる中《漁る軟泥》で除去されたもう一体を食べるに留まり、ただ《漁る軟泥》で攻撃し続けるターンが続く。


ゲームが動いたのは中田の第5ターン。

見えている《差し戻し》《包囲サイ》を飛び込ませると、これは予定されていた通りに《差し戻し》
返す萩原は《明日への探索》を使い、未だ3/3となる《漁る軟泥》をコントロールしている中田を前に6マナに到達。

ゲームの焦点は萩原の《風景の変容》へと移るかに見えた。


萩原はマナ加速経由から中田のドローステップに《ヴェンディリオン三人衆》

公開された中田の手札が2枚の《包囲サイ》《流刑への道》《突然の衰微》ということもあって、《風景の変容》があるならゲーム終了といった局面を迎える。


だが萩原の選択は《包囲サイ》を下に送ること。

つまり《風景の変容》、もしくはそれに準ずるプランを持っていない!?

タップアウトの萩原を尻目に《包囲サイ》が通り、俄然中田が有利の盤面になる。

《明日への探索》を使い、ターンを返すことしか出来ない萩原。




萩原 翼 


さらに中田の《コジレックの審問》が差し向けられる。

スタックで萩原は《深遠の覗き見》を撃つものの、思わず「マジか」と声が出る。

選択は《謎めいた命令》

ここまで掘っても《風景の変容》に到達できないのか。心中が思わず声に出たのだろう。


《謎めいた命令》《電解》が公開され、《電解》が捨てられる。

ブロッカーとして立っていた《ヴェンディリオン三人衆》《突然の衰微》され、強化された《漁る軟泥》《包囲サイ》が突撃すると萩原のライフはわずか1。

そしてよく見ると萩原の場には青マナが2つ。

つまり《謎めいた命令》による延命も現実的とは言えない。


だが萩原がライブラリートップから公開したのは《風景の変容》


風景の変容



突如噴火した《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》が中田を焼き尽くした。


中田 0-1 萩原



Game 2 ゲームは再び中田の先手へと。

萩原が第1ターンの《明日への探索》で先行し、中田が第2ターン《思考囲い》

《風景の変容》
《イゼットの魔除け》
《謎めいた命令》
《差し戻し》
2枚の土地


この強い手札を見て中田は悩む。

クロックを抑えるカウンターに手を付けるべきか、はたまた。

だが選択肢はあくまで《風景の変容》。やはり見えている死を無視することは出来ない。


中田が呼ぶ《タルモゴイフ》は先ゲーム同様に見えている《差し戻し》を受け、おまけに土地まで止まってしまいゲームは萩原ペース。

何しろ萩原は《謎めいた命令》を握っている。

《明日への探索》の恩恵を受け4マナに先行した萩原に対し、中田はダブルアクションを取ることが出来ない。




中田 達也 


再度唱えられた《タルモゴイフ》は規定通り《謎めいた命令》のカウンター&ドローを食らい、ここまでクロックを用意出来ていない中田に対し、萩原は追加された《桜族の長老》を加味すると6マナに到達している。

マナが伸び始めた中田は《コジレックの審問》で抵抗。

《差し戻し》
《深遠の覗き見》
2《イゼットの魔除け》

が公開され、《深遠の覗き見》を捨てさせると萩原は動けない。

積極的に高マナスペルを探しても良かったのではないか、そう思わせる展開だが結論から言えば何も関係無かった。


中田がプレイした《包囲サイ》《差し戻し》を受け、萩原は《イゼットの魔除け》をルーティングモードで唱えるとすぐさま《イゼットの魔除け》《深遠の覗き見》をディスカード。

そう、萩原の決断は早かった。そして捨てられたのは《深遠の覗き見》


中田には分かっていても、その死の宣告を避けることは出来ない。

すなわち。萩原が手札から公開したのは当然の《風景の変容》


中田 0-2 萩原