Deck Tech: 三原 槙仁(千葉)の「Humble Twin」

晴れる屋

晴れる屋



By Atsushi Ito


 【プロツアー『運命再編』】《黄金牙、タシグル》《強大化》など、『タルキール覇王譚』『運命再編』のカードの強さを証明する結果となったわけだが、『運命再編』には他にもまだまだモダン級のカードが残されていた。

 殿堂プレイヤー・三原 槙仁(千葉)が着目したのは、このカード。


謙虚な離反者



 《謙虚な離反者》


 こういった「互いを利する」カードはあまり使われないまま終わるのが常だが、三原は何とモダンの《欠片の双子》デッキに搭載しているというのである。

 プロツアーから使い続け、今回三原をこの第3期モダン神挑戦者決定戦のトップ8に見事送り込んだこのカード。

 早速その意図についてインタビューしてみよう。





--「《謙虚な離反者》はどうなんですか?」

三原 超強いよ。《欠片の双子》デッキの新たなマスターピースと言っていいね」

--「そんなにですか。実際、《謙虚な離反者》によって《欠片の双子》デッキはどう変わったんでしょうか?」

三原 「雑多なデッキ全般に強くなったね。コンボデッキのままで長期戦を戦えるようになったのが大きい。ダメージ勝ちとコンボを同時に狙う『Tempo Twin』は《未練ある魂》《包囲サイ》が溢れている今のモダン環境ではとてもじゃないけど成立しなくなってしまったから《欠片の双子》デッキはコンボに寄せるべきなんだけど、《謙虚な離反者》はそこにぴったりハマったね」

--「中~長期戦に強くなったとなると、これまで苦手だった【アブザンジャンク】に対しても相性が改善してそうですね」

三原 「それでも不利だけどね。多少はマシになった、というくらい。やっぱり《欠片の双子》というデッキはBG系のデッキはきついよ。でも他のデッキにはもうほとんど負けないね」

--「《謙虚な離反者》はどういう風に使うんでしょうか?」

三原 「基本的には《謙虚な離反者》の能力起動にスタックして《やっかい児》《詐欺師の総督》をプレイ、《謙虚な離反者》を起こしてもう1回能力起動で4ドローという使い方になる。他にも《欠片の双子》を付けたり、《鏡割りのキキジキ》でコピーしたりと、コンボパーツとの噛み合いが多いね。あとは消耗したリソースを回復しやすくなったから、手札破壊をとれるようになったのは大きいかな」





--「ここまで説明されてもあんまり強そうに感じないんですが……」

三原 「いや、でも考えてもみなよ?3ターン目に《詐欺師の総督》がいて相手の手札が7枚、こっちは《謙虚な離反者》だけ、みたいになっちゃうんだよ?そんな状況なかなか引っくり返せないよ。みんな《宝船の巡航》撃たれてひぃひぃ言ってたのに、こっちは4ドローだよ?言ってしまえば《謙虚な離反者》禁止されなかった《宝船の巡航》だよね。まあ、《欠片の双子》デッキでしか使えないけど」


宝船の巡航


--「な、なるほど。それでは最後にこのデッキを使いたいという方に向けて何かアドバイスなどあれば」

三原 「上級者になりたかったら、こういったギミックがいっぱい入ったデッキを使うべきだね。自分のプレイの選択肢が毎ターンすごく多いから、常に正しいプレイングを問われることになる。このデッキを使いこなせるようになったら、確実にマジックの実力が強くなるよ」

--「ありがとうございました」


 一見馬鹿らしく見えるアイデアも、試してみると意外な強さを発揮することもある。

 《謙虚な離反者》、是非一度試してみて欲しい。




三原 槙仁「Humble Twin」
第3期モダン神挑戦者決定戦

3 《島》
1 《沼》
1 《山》
1 《血の墓所》
1 《蒸気孔》
1 《踏み鳴らされる地》
1 《湿った墓》
4 《汚染された三角州》
4 《沸騰する小湖》
2 《滝の断崖》
2 《涙の川》
1 《硫黄の滝》
1 《僻地の灯台》

-土地(23)-

4 《謙虚な離反者》
3 《呪文滑り》
2 《瞬唱の魔道士》
4 《詐欺師の総督》
3 《やっかい児》
2 《鏡割りのキキジキ》

-クリーチャー(18)-
4 《血清の幻視》
4 《稲妻》
3 《コジレックの審問》
3 《思考囲い》
1 《送還》
4 《欠片の双子》

-呪文(19)-
3 《血染めの月》
2 《渋面の溶岩使い》
2 《誘惑蒔き》
2 《古えの遺恨》
2 《仕組まれた爆薬》
2 《大祖始の遺産》
1 《呪文滑り》
1 《払拭》

-サイドボード(15)-
hareruya