Deck Tech: 覚前 輝也の「マルドゥ『機体』改」 -新たなメタゲームを制する稲妻-

晴れる屋

晴れる屋

By Kazuki Watanabe


 【プロツアー『霊気紛争』】を制したのは、「マルドゥ『機体』」だった。


模範的な造り手キランの真意号無許可の分解


 赤黒白の3色に、青をタッチすることが多いこのデッキ。大枠は決まっているが、細かな呪文の選択に多少なりとも違いが出る。それぞれのプレイヤーの思考や感覚を見て取ることができ、デッキリストを眺めるだけでも非常に興味深い。



 さて、日本のマジックにおいて、“プロツアー『霊気紛争』と「マルドゥ『機体』」”を論じるならば、必ず名前が出てくるプレイヤーがいる。




 【Team Cygames】所属、覚前 輝也

 プロツアー『霊気紛争』で、同じくTeam Cygames所属の市川 ユウキ山本 賢太郎も使用した「マルドゥ『機体』」は、覚前が構築合宿に持ち込んだものが基点となっている、とのこと。

 この辺りの詳しい話、そしてデッキリストについては、【PTAER】構築ラウンドまとめ【Day1】【PTAER】2日目構築・全体総括【Day2】にまとめられているので、ぜひお読みいただきたい。

 このデッキの“発案者”である覚前は、今回も「マルドゥ『機体』」を使用している。もちろん、現在のメタゲームに合わせた“新たな調整”を加えた上で。

 覚前 輝也の「マルドゥ『機体』改」。早速、話を伺ってみよう。



■ 覚前 輝也の「マルドゥ『機体』改」


――「今回使用している『機体』は、プロツアーで使用されたものとは少し変更されていますよね。どのように考えて調整をされたのですか?」

覚前「まず、プロツアーが終わってから、黒緑がとにかく増えました。今回は、それを意識してデッキを調整しています」

――「なるほど。『黒緑』にも様々なタイプが存在しますよね」

覚前「そうですね。現在意識しているのは『黒緑エネルギー』と呼ばれるタイプです。プロツアーで使用したデッキは、この『黒緑エネルギー』が苦手だったんです。そして、その後の環境では『エネルギー』型が頭一つ抜き出ているイメージがあったので、対策をしなければ、と思いました」

――「細かな調整が見て取れますが、『黒緑』対策となっているのは……」


蓄霊稲妻


覚前《蓄霊稲妻》です。これをメインに3枚採用して、《致命的な一押し》《無許可の分解》と合わせて除去を11枚にしています。『黒緑』を相手にする場合、除去の枚数がとにかく必要になるので、増量してみました」

――「なるほど。8枚では足りなかったわけですね」

覚前「もともと、サイドに積んでいたカードではあったのですが、ほとんどの対戦でサイドインしていたんです。『それならば、メインボードに積むことを考えたほうが良いんじゃないか?』と思って、この形にたどり着きました」

――「ちなみに、《蓄霊稲妻》の代わりに何を抜いたのですか?」


異端聖戦士、サリア


覚前《異端聖戦士、サリア》3枚ですね。実は、この3枚の枠は、構築合宿で”浮いていた”部分だったんですよ。最後まで明確な結論が出なくて議論をしていた枠だったんです」

――「そうだったんですね。その答えが今出たわけですか」

覚前「もちろん、これが完全な答えではないんです。あくまでも、『黒緑エネルギー』が流行っているからこそ定まった3枚、という意味ですね。メタゲームが動けば、全体の構築は変わっていくものなので。サイドボードも、現在の環境に合わせて調整しています」


――「《尖塔断の運河》3枚がサイドになっていますね」


尖塔断の運河熱病の幻視金属の叱責


覚前「そうですね。【PTAER】2日目構築・全体総括【Day2】でも書かれているのですが、《熱病の幻視》はグリクシスコントロール用のサイドボードでした。ですが、プロツアーでも、そして現在でもそれほど多くありません。なので、青の要素は《金属の叱責》のみにして、《尖塔断の運河》もサイドに分けています」

――「《焼夷流》の採用も珍しいと思いますが、これは《屑鉄場のたかり屋》を意識して、ですか?」


焼夷流


覚前《屑鉄場のたかり屋》よりも、『ドレッジ』などを意識して採用しています。そして、単純な除去枠の追加、という意味でもありますね。『黒緑』を相手にする場合も、やはり除去が欲しいので」



■ 「環境を読み解きながら」


――「なるほど。環境を読み解いた上での調整が加えられているわけですね。デッキの感触はいかがですか?」

覚前かなり良いですよ。もともと、『機体』は『サヒーリコンボ』にも有利ですし、『黒緑』にもかなり有利になったので、現在のメタゲームならば良い立ち位置だと思います。ただ、先程も述べたとおり、メタゲームが動けば構築は変わっていきます。このデッキに限らず、環境を読み解きながら調整は続けていきたいと思います



覚前 輝也「マルドゥ『機体』改」
第8期スタンダード神挑戦者決定戦

4 《山》
4 《産業の塔》
4 《感動的な眺望所》
4 《秘密の中庭》
3 《霊気拠点》
2 《鋭い突端》
2 《乱脈な気孔》
1 《尖塔断の運河》

-土地 (24)-

4 《スレイベンの検査官》
4 《模範的な造り手》
4 《屑鉄場のたかり屋》
3 《ピア・ナラー》

-クリーチャー (15)-
4 《致命的な一押し》
3 《蓄霊稲妻》
4 《無許可の分解》
4 《キランの真意号》
4 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》
2 《反逆の先導者、チャンドラ》

-呪文 (21)-
4 《金属の叱責》
3 《尖塔断の運河》
3 《グレムリン解放》
2 《空鯨捕りの一撃》
1 《蓄霊稲妻》
1 《苦渋の破棄》
1 《焼夷流》

-サイドボード (15)-
hareruya





この記事内で掲載されたカード

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする