Hareruya Hopes・平見のピックを追う!

晴れる屋

晴れる屋

By Atsushi Ito

 今回の「Pros&Hopes ドラフト練習会」では、16人が上位卓と下位卓 (通称「J1」「J2」) の2卓に分かれ、下位卓で2-1以上したプレイヤーは次のドラフトで上位卓に、上位卓で1-2以下だったプレイヤーは下位卓に移動するというシステムをとっている。

 メンバーを入れ替えることで常に新鮮な環境でドラフトできるようにした仕組みだが、そんな中で2-1、3-0と早くも上位卓をキープしているプレイヤーがいた。

 平見 友徳。前回の国内個人戦グランプリであるグランプリ・名古屋2016の優勝者にして、Hareruya Hopesの一員だ。

 グランプリ・京都2017が来週末に迫る中で、ディフェンディングチャンピオンは一体どのようなピックで他のプロプレイヤーたちを翻弄しているのか。

 ここではそんな平見の『破滅の刻』ドラフトのピックを追いかけてみよう。

1パック目

 《スカラベの責め苦》で上々のスタートを切った平見にいきなりターニングポイント。

川ヤツガシラ不屈のエイヴン空からの導き手

 《川ヤツガシラ》《不屈のエイヴン》《空からの導き手》の3択だが、ここで平見は迷いなく《空からの導き手》をピック。

平見《スカラベの責め苦》がアグロ向きのカードなのと、初手で《オアシスの祭儀師》を流していたこともあり、ピックしませんでした。あとマルチカラーのカードというのもありますね」

 2パック目の返しの期待と、初手カードとの相性を見据えた選択で、ほぼ青黒一直線の模様だ。

2パック目

 2パック初手は及第点の除去である《毒の責め苦》ピックからスタートし、強力なアンコモンである《禍鞭の懲罰者》も確保するが、その後はいまいちレアリティの高いカードや望んだ方向性のカードに恵まれない展開となった。

毒の責め苦禍鞭の懲罰者

3パック目

 3パック目の『アモンケット』でも初手こそ《疫病吹き》を引き当てるものの、それ以降は流れが芳しくなく、平見が目指す青黒のアグロデッキ用のカードはほとんど見ることがなかった。

 できあがった平見のデッキは以下。


平見 友徳「青黒」
Pros&Hopes ドラフト練習会 -『破滅の刻』-

9 《沼》
5 《島》
1 《灌漑農地》
1 《周到の砂漠》

-土地 (16)-

1 《不快の顕現》
1 《不憫なラクダ》
1 《ケンラの永遠衆》
2 《空からの導き手》
1 《禍鞭の懲罰者》
1 《厳しい事実の永遠衆》
1 《忌まわしい生き残り》
1 《疫病吹き》
1 《呪われた大群》
1 《不気味な徘徊者》
1 《ナーガの神託者》
1 《エイヴンの修練者》
1 《屍肉の金切り声上げ》
1 《魂刺し》
1 《魂のたかり屋》

-クリーチャー (16)-
1 《徙家+忘妻》
1 《致死の一刺し》
1 《相殺の風》
2 《毒の責め苦》
1 《野望の試練》
1 《野望のカルトーシュ》
1 《スカラベの責め苦》

-呪文 (8)-
hareruya

 さて、気になる結果は……?

平見0-3しました

 平見、ここにきて「J2」へと降格。敗因は何だったのかと聞くと、

平見「2手目が《川ヤツガシラ》だったんですかね……? ただこれ自体は緑多色向けのカードで、初手で《オアシスの祭儀師》を流していることから2パック目の流れが良くなるかどうか……うーん、難しいですね」

 この「Pros&Hopes練習会」は周りもプロだらけということもあり、やはり簡単に勝ち続けることはできない。まして、プレイヤーたちの熟練度が上がれば上がるほど、かつて通用していた常識はメタゲームの礎としての前提に置き換わってしまうのだ。

 グランプリ京都・2017まで残りわずか。プロプレイヤーたちの訓練は、まだ始まったばかりだ。

この記事内で掲載されたカード

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする