レガシー神決定戦

津村 健志

津村 健志



こんにちは!

昨日は「レガシー神決定戦」が開催されました(^o^)

僕の予想では参加者は200人くらいなのかなーと思ってましたが、蓋を開けてみるとまたもや定員いっぱいの300名のプレイヤーが!



ご来場誠にありがとうございます!!



多くの方にご参加いただき、スタッフ一同心より感謝しております!ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました(*^_^*)



さてさて、前回の「モダン神決定戦」では定員漏れで参加できなかった僕ですが、この日はなべ(渡辺 雄也)君が早めに起こしてくれてなんとか参加できました!

前日になべ君の「グランプリ・ワシントン2014」準優勝と井川さんのPTQ突破祝いを遅くまでしていたので、なべ君がいなかったら絶対起きれませんでした(^_^;)




二人ともおめでとうございます(^◇^)



そんなこんなで、なべ君のおかげでなんとか会場に辿りつけたわけですが、レガシー環境に不慣れな僕は不安でいっぱい(;O;)

これが人生で2回目のレガシー公式戦ということで、レガシープレイヤーの梶谷(強)さんに教えてもらったリストそのままで参加することに。



津村 健志 「BUG」 レガシー神決定戦

4 《Underground Sea》
2 《Bayou》
1 《Tropical Island》
4 《霧深い雨林》
4 《新緑の地下墓地》
1 《汚染された三角州》
4 《不毛の大地》

-土地(20)-

4 《秘密を掘り下げる者》
4 《死儀礼のシャーマン》
4 《タルモゴイフ》
2 《墓忍び》

-クリーチャー(14)-
4 《渦まく知識》
4 《思案》
2 《思考囲い》
1 《見栄え損ない》
4 《目くらまし》
4 《突然の衰微》
3 《Hymn to Tourach》
4 《Force of Will》

-呪文(26)-
2 《水没》
2 《思考囲い》
2 《ゴルガリの魔除け》
2 《墓掘りの檻》
1 《ヴェンディリオン三人衆》
1 《青霊破》
1 《水流破》
1 《見栄え損ない》
1 《Hymn to Tourach》
1 《虐殺》
1 《仕組まれた爆薬》

-サイドボード(15)-
hareruya



通称「チームアメリカ」と呼ばれるこのデッキ。手札破壊とカウンター呪文が満載ということで、コンボデッキに対して強いデッキだそうです。

数試合練習してみた結果「青白奇跡」デッキには相性が悪そうだったので、「青白奇跡」には当たらないといいなぁと思いつつ、いざ出陣!


Round 1 〇〇  「黒単《暗黒の深部》
Round 2 ×〇〇 《雲上の座》
Round 3 〇〇  「青白奇跡」
Round 4 ×〇〇 「青赤Sneak and Show」
Round 5 ×〇〇 「青単マーフォーク」
Round 6 〇〇  「青黒ANT」
Round 7 ×〇× 「青白奇跡」
Round 8 ×〇× 「白単Death and Taxes」
Round 9 〇〇  「UWR《秘密を掘り下げる者》


結果は7勝2敗で12位でした。

7回戦か8回戦で勝てばトップ8だっただけに、悔しい結果となりました(>_<)


7回戦目の対(斉藤)伸夫さん戦では、ただでさえ相性が悪いマッチアップな上に、《誘惑蒔き》などデッキの構造上対処の難しいカードを連打されて手も足も出ず負けてしまい、経験の差を思い知らされました。

試合後に伸夫さんから、『「青白奇跡」に勝ちたいのであれば、《森の知恵》《ヴェールのリリアナ》を入れるといいよ~』とのアドバイスをいただいたので、次にこのデッキで出るならば大量に入れて出ようと思います!

その他のマッチでは、単純なプレイミスだけでなく、《タルモゴイフ》の「部族」カードをカウントし忘れて負けてしまったりと、改善すべきところはたくさんありましたね(;^ω^)


結果は残念でしたが、久々のレガシーはむちゃくちゃ面白かったです!人生で初めて《Hymn to Tourach》をキャストしたんですけど、このカードやばいすね(笑)


Hymn to Tourach

対戦相手のマリガンと《Hymn to Tourach》はコンボ by 浅原 晃


実は今までレガシーをほとんどやらなかったのは、スタンダードやモダンに飽きてしまった際の最後の手段として取っておいたからなんですが、僕がそれらのフォーマットに飽きることはなさそうなので、今後はレガシーにも積極的に取り組んでいこうと思います(^◇^)


改めまして、参加者のみなさんはお疲れ様でした!遠方からの参加者も多かったと伺っていますし、レガシーもこれからもっともっと盛り上がっていくといいですね(*^_^*)


コガモ