齋藤友晴のGPモスクワレポート

齋藤 友晴

齋藤 友晴



■デッキが無い

……ニクス出てから初めてのスタンダード


■時間が無い

……直近の経営者としての仕事が多すぎてワロタ


■現地のメタが読めない

……最近のスタンデッキ種類&バリエーション多い上、ロシアは初めて




そんな負の三拍子が揃った状態での挑戦となった今回のGPモスクワ
そうなると、もう選択肢は使い慣れてて丸い青白系しかなかった。



はい、この段階でベストじゃない^^


でもそうも言ってられないから青白系に絞った中でベストを探すことに。
一言で「青白」といっても色々あって、最近のデッキリストをひととおり見た後のそれぞれに対する考えは以下のような感じだった。


○青白純正: 占術土地の枚数or意味が少なめなのが厳しいが、土地がもたつかない分ビートやバーンに強め。

△青白次元の浄化: 《拘留の宝球》なしとか《群れネズミ》きちー。《予言》もビートにきちー。あと《思考を築く者、ジェイス》減らすとかデッキパワー下がってない?ただ、ジャンドには強そう。

○青白タッチ黒: なんといっても我らが「スタンダード神」の神器。健全に強い色の組み合わせ。

○青白タッチ緑: 黒が多ければ《荒ぶる波濤、キオーラ》が血も涙も無い。あと青白対決のサイド戦は1番良い。

△青白黒(エスパー): さすがに土地が無駄に痛すぎてビートやバーンにきつい。《思考囲い》のために黒マナ増やすのとか愚行。

×青白赤(トリコ): Saito Wayfinderサンプルデッキ集からくる雑音。タッチ黒やタッチ緑の弱バージョン。《嵐の神、ケラノス》がメタ違い。



○が付いてる3つを試すも、どれもしっくり来ない。
それもそのはず、メタが分からず決めつけずにコントロールの構成が簡単に決まるわけない。


そこで出発前日、メタに囚われないデッキの作成を試みた。第一印象は以下。


×青黒神啓ビート: ああ時間がもったいなかった。回さずに解散。

◎Battle Ram(白青ミッドレンジ): 《ニクス毛の雄羊》メインで《群れの統率者アジャニ》とかで強化して勝ったりもするデッキ。なんと《都市国家の神、エファラ》でドローにもなるから腐らない!←


Battle Ramきたか!?というところで日本での準備はタイムアップ。
そのままBattle Ramと青白のパーツだけ持ってモスクワひとっ飛び。



早速現地の木曜日、MOでBattle Ramを5,6マッチ程度回してみた。

ニクス毛の雄羊


とんだトラップ!!現実が理論をだいぶ下回った。やれやれまだまだだぜ^^;


結局木曜中にはデッキが決まらなかったので、金曜日の会場でGPTを偵察。
青白>ジャンド>赤ビート&バーン=黒単系>黒ビートっていう分布に見えた。
いうてもGPTだから、そこまであてにはならないけど。


でも青白は普通に強いし多そうで、先週のSCGOと最近のMOの当たり的に赤バーン、赤ビート、黒ビートも無視できないところ。


それらに強くして、ジャンドと黒単系はもともと相性良いから意識下げ目で組んだのがこのリスト!



齋藤 友晴 「Saito Azorius」 GPモスクワ14

6 《平地》
5 《島》
4 《神聖なる泉》
4 《啓蒙の神殿》
4 《アゾリウスのギルド門》
4 《変わり谷》

-土地(27)-

1 《霊異種》

-クリーチャー(1)-
4 《中略》
4 《今わの際》
4 《解消》
4 《スフィンクスの啓示》
4 《至高の評決》
4 《拘留の宝球》
1 《払拭の光》
4 《思考を築く者、ジェイス》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(32)-
4 《万神殿の兵士》
4 《管区の隊長》
3 《払拭の光》
2 《オレスコスの王、ブリマーズ》
2 《宿命的報復》

-サイドボード(15)-
hareruya






最終的に青白純正をチョイス、メインはかなーり普通。

サイドには受けが狭い《神討ち》《否認》等ではなく、受けが広い《払拭の光》を3枚取ることでスペースを作るとともに、
後押しが出来ることによるビート用兼ガード用クリーチャー大量投入。仮想敵の青白系や赤バーン&ビート、黒ビートに有効なプラン。


正直、もらったんじゃないかな♪と思った。


結果は……


◆Day 1

不戦勝×3
(後手) 〇×〇 VS黒単タッチ緑白
(後手)×〇〇 VSジャンド
(後手)×〇× VSセレズニアビート
(後手)〇〇  VS黒単タッチ赤
(後手)××  VS黒単タッチ緑



◆Day 2

(後手)〇×〇 VSジャンド
(後手)〇〇  VS黒単
(先手)××  VSジャンド
(先手)〇〇  VS黒タッチ白コン
(先手)×〇〇 VSセレズニアタッチ赤ビート
(後手)××  VSジャンド



結果:10勝4敗で21位。


道中うんと感じてたけど、当たりおかしいだろこれ(笑)

黒系5回、ジャンド4回、セレズニア2回ってwww

目を向けた青白とか赤バーン&ビートに1回も当たらんし、意識下げた黒系とジャンド祭りっていう!
青白系は沢山いたのに><  まあそんなこともあるある^^


今回は当たり運悪いし、後手ばかりだったし、マリガンや事故もそれなりに起きたし、1回致命的なプレイミスもしたし、メタも外してる。
って考えたらそれでプロポイント上乗せできてて賞金も少し貰えるのはまあまあ良い結果に思えてきた(笑)
人数も少なかったしモスクワまで参加しに来たこと自体は正しいプレイだった☆


青黒神啓とかBattle Ramにかけた時間をプレイ練習や休息に充ててればまた結果も変わったかも。
割り切って青白コン系に専念しきれなかったことは今回の明確な反省点。


この環境は、ミッドレンジ&コントロールのスローメタゲームが成熟したころか、もしくは序盤切り抜ければバーン、ビートでも勝ちやすいこともあるけど、
基本的にはスローメタゲーム環境なので、青白系やるならやっぱり占術土地を沢山使いたいな。


来週はアメリカのシカゴでスタンダードGP!!

良い練習になったと思って次に繋げる♪


トモハル