最初の神決定戦を終えて

齋藤 友晴

齋藤 友晴




【スタンダード神決定戦カバレージ】


最初の「神シリーズ」イベント、「スタンダード神決定戦」が無事終了した。

参加してくれた人も観戦してくれた人もスタッフも関係者もみんなありがとう!
みんなのおかげで、これから長年続いていく神物語の1ページ目は良いものとなったと思う。






そして、初代スタンダード神となった新潟の若手、木原くんのデッキチューンは素晴らしかった。

もともと受けが広い上にパワーのあるデッキを、最近減った赤緑モンスターズ系を割り切り、活躍中のバーン相手の勝率をすこぶる高めた、メタに合った構成に昇華させていた。

ここのところずっと白青コントロール系を使ってきたプレイヤーだけに、プレイングも盤石だったことだろう。


【スタンダード神決定戦トップ8デッキリスト】


今回、主催者としてこのイベントを発起させ、準備に関わり、挨拶までさせてもらったけれど、
そもそもは「プレイヤーの自分がどういうイベントに参加したいか」という思いがあった。

それで実際に開催中の盛り上がりを見て、「ルールさえ許せば自分も出たい」と思ってしまったことが嬉しかったり。
「主催者冥利に尽きる」という感覚に近いかもしれない。

今まで、沢山のトーナメントに出て、楽しませてもらってきた。沢山のハッピーをもらった。
だからみんなにもトーナメントによるハッピーを提供したいし、一緒につくっていきたい。
そして、せっかくそれに挑戦させてもらえる立場なのだから、この感情を大事にしていきたい。




「またトモハルがはじまったよ」系だけど、高まった勢いで密かに考えてたことを告白。




「決勝戦を宇宙でやる」



文字通り「最高」のトーナメントを、いつかやってみたいと思ってる。



けどマジックを宇宙に到達させるためには、マジックが今と比較にならないぐらい盛り上がり、うちも沢山実績を積み、
色んな企業にイベントのスポンサーになってもらわないと厳しい……とか考えてると、尚更心が躍る。



っていう飛躍はひとまず放置して要するに。




俺や晴れる屋はイベント主催にももっともっと力を入れていく。



みんな、これからもどうぞよろしく!


トモハル