Player Focus -ジェイソン・チャン-

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

by Jeremy Dezani
Translated by Kazuki Watanabe

原文はこちら
(掲載日 2017/09/29)

「プレイヤーフォーカス」へようこそ!

「プレイヤーフォーカス」は、世界に名立たるマジックプレイヤーにインタビューする企画です。日本のみなさん、そして世界中へ彼らの事を広めていきたいと思っています。毎回違うプレイヤーを紹介しますので、楽しみにしてくださいね!

今回は、ジェイソン・チャン(@Sqlut)にインタビューしました。彼はニュージーランドのプロプレイヤーです。リミテッドの達人として知られ、Magic Onlineのドラフト・リーグで対戦することがある中でも、最も強力なプレイヤーの一人です。以前は、プロツアートップ8入賞を果たした、プラチナ・プロでもありました。

インタビュー

氏名: ジェイソン・チャン
年齢: 25
国籍: ニュージーランド
スポンサー: MTG Mintcard
現在 / 生涯 プロポイント: 190
プロレベル 2017-2018: ゴールド

職業 / マジック以外の趣味:

ゲーム全般。ほとんどすべてのカードゲームと、ビデオゲームをプレイします。

マジックを始めたのはいつ? どのセット? マジックを知ったきっかけは?

『オンスロート』の頃です。僕が小学生で、10才くらいでした。

プロプレイヤーになるまでに、あなたに一番影響与えた有名プレイヤーは?

リー・シー・タンです。MTG Mintは僕にとって最初で唯一の真剣に練習をする場所で、その中で彼からは多くのことを学びました。彼は、すべてのイベントでチームが十分に準備できるように、信じられないくらい動いてくれます。正直に言って、このチームは彼なしでは存在できないでしょう。今シーズンの僕たちの見事な成績(毎プロツアーでトップ8入賞者を1人、そしてトップ16を複数人)は、彼のお陰です。来年のプロツアーで殿堂入りを果たしてくれることを祈っています。

これまでの実績:

プロツアートップ8: 1

グランプリトップ8: 3

その他: WMCトップ8。16才のとき、国別選手権で優勝。

好きな日本人選手とその理由:

津村 健志ですね。とにかく面白い人です。

お気に入りのフォーマットとその理由:

ドラフトです。コンセプトはシンプルですが、ドラフトには様々な要素があります。僕は、あまり広まっていない”アンプレイアブルなカード” を利用したアーキタイプを模索することが好きです。セットごと、常に変化するフォーマットなので、決して飽きることもありませんからね。

現時点のドラフトでお気に入りのアーキタイプとその理由:

青黒「宝物」です。どんな色を開けてもタッチ可能なので、この先開けるパックのケアができる上に、ダブルシンボル、トリプルシンボルの爆弾カードが多く存在するからです。

お気に入りのデッキ:

スタンダード:現在のスタンダードでは、赤単です。あらゆる時期のスタンダードで一番のお気に入りは、《一瞬の瞬き》《なだれ乗り》を利用した「ブリンク」です。
モダン: バーン
レガシー: 《血染めの月》を採用したストンピィ

ボロスの魔除け熱烈の神ハゾレトなだれ乗り血染めの月

アグレッシブやコントロール、ミッドレンジやコンボなどでお気に入りはありますか? また、それはなぜ?

可能ならばコンボ、それ以外ならばアグロがお気に入りです。能動的で、相手の動きに答えるのではなく、相手に問題を提示して対処を迫るようなデッキが好きですね。

フォーマットを問わず、今現在、特に気に入っているデッキは何ですか?

何にでも挑戦するのですが、週末は「1v1 Commander」をして過ごすことが多いですね。このデッキはとにかくアンフェアで、マジックの中で最もアンフェアなカードをプレイして、早ければ1ターン目から対戦相手のマナを縛っていきます。大抵のゲームで相手に何もプレイさせないので、お気に入りのデッキです。


ジェイソン・チャン 《エーテリウム造物師、ブレイヤ》

《エーテリウム造物師、ブレイヤ》


-統率者 (1)-

《島》
《平地》
《沼》
《Badlands》
《Plateau》
《Scrubland》
《Tundra》
《Underground Sea》
《Volcanic Island》
《血の墓所》
《神無き祭殿》
《神聖なる泉》
《聖なる鋳造所》
《蒸気孔》
《湿った墓》
《乾燥台地》
《血染めのぬかるみ》
《溢れかえる岸辺》
《湿地の干潟》
《霧深い雨林》
《汚染された三角州》
《沸騰する小湖》
《新緑の地下墓地》
《吹きさらしの荒野》
《樹木茂る山麓》
《統率の塔》
《マナの合流点》
《アダーカー荒原》
《水没した地下墓地》
《氷河の城砦》
《乱脈な気孔》
《地底の大河》
《トロウケアの敷石》
《トレイリア西部》
《古えの墳墓》
《黄塵地帯》
《不毛の大地》

-土地(37)-

《闇の腹心》
《ヴリンの神童、ジェイス》
《瞬唱の魔道士》
《石鍛冶の神秘家》
《約束された終末、エムラクール》

-クリーチャー(5)-
《祖先の幻視》
《力ずく》
《失脚》
《思考囲い》
《悟りの教示者》
《致命的な一押し》
《魔力の乱れ》
《稲妻》
《マナの税収》
《神秘の教示者》
《呪文貫き》
《剣を鍬に》
《税収》
《吸血の教示者》
《削剥》
《目くらまし》
《Demonic Tutor》
《戦慄掘り》
《マナ漏出》
《誤算》
《汚れた契約》
《摩耗+損耗》
《議会の採決》
《毒の濁流》
《名誉回復》
《苦い真理》
《ハルマゲドン》
《戦の惨害》
《至高の評決》
《嘘か真か》
《終末》
《苦花》
《安らかなる眠り》
《未達への旅》
《ファイレクシアの闘技場》
《金属モックス》
《モックス・ダイアモンド》
《頭蓋骨絞め》
《アゾリウスの印鑑》
《ボロスの印鑑》
《ディミーアの印鑑》
《イゼットの印鑑》
《オルゾフの印鑑》
《ラクドスの印鑑》
《威圧のタリスマン》
《耽溺のタリスマン》
《発展のタリスマン》
《梅澤の十手》
《冬の宝珠》
《世界のるつぼ》
《ダク・フェイデン》
《巧妙な偶像破壊者、ダレッティ》
《ヴェールのリリアナ》
《復讐のアジャニ》
《精神を刻む者、ジェイス》
《先駆ける者、ナヒリ》
《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》

-呪文(57)-
hareruya

エーテリウム造物師、ブレイヤイゼットの印鑑ダク・フェイデン石鍛冶の神秘家

1パック目の1手目、どれをピックしますか?

船団呑み駆り立てる僧侶風雲艦隊の空中要員自然形成師女王の工作員 鉄面連合の海賊海賊のカットラス啓蒙破砕吸血鬼の印 立ち枯れの守り手猛竜の相棒川守りの恩恵源流の歩哨沼

《風雲艦隊の空中要員》です。

風雲艦隊の空中要員

とても前のめりで、回避能力を持っているので将来的に「強襲」を機能させる助けとなります。さらにこの色は、海賊との相性がとても良い色ですからね。

あなたは今、ニュージーランドに住んでいます。そこでプロのマジックプレイヤーになるのは、どれくらい難しいのでしょうか?

とても難しいことだと思っています。グランプリを連戦する費用が非常に高額で、プロツアー以外のイベントでプロポイントを集めるのはとにかく難しいのです。また、ニュージーランドではマジックと触れる機会が少ないので、”知られる”というマジックのプロ活動において大切なことも難しいのです。

新しいシーズンがスタートしました。あなたにとって、今シーズンの目標はなんですか? また、それに向けた計画はありますか?

プロツアーやWMCに付随するグランプリ、そしてオーストラリア国内で開催されるものを除いて、グランプリには参加しない予定です。イベントは少なくなりますが、参加するイベント一つ一つに向けて、しっかりと準備をするつもりです

2015年、あなたはプロツアー『タルキール龍紀伝』でトップ8に入賞を果たしました。この結果は、あなたの人生とマジックでのキャリアにどのようなインパクトを与えましたか?

当時の仕事を辞めて、プラチナレベルを獲得するために残り4ポイントの獲得を目指させる、という影響を与えました。この影響で世界に僕を知ってもらうことができ、そしてプロツアー連戦もできました。

これまで、何回日本に来たことがありますか? また、食べ物や場所など、日本でお気に入りのものはありますか? そして、日本のグランプリについて、どのような印象を持っていますか?

これまでに4回訪れたことがあり、お気に入りの国です。私は刺身やアーケードゲームが大好きで、日本は最高のものを提供してくれます。それから、日本のグランプリは他のグランプリはまったく違うものです。良い成績を残すことは難しいかもしれませんが、出場することが無駄にはならない、良い経験になると思います。

この記事内で掲載されたカード

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事