準決勝: 小堺 透雄(神奈川) vs. 中村 貴稔(東京)

晴れる屋

晴れる屋



By Atsushi Ito


 準決勝にして、ある意味奇跡のマッチアップが実現した。


 「神」 対 「亜神」。


 まず「神」は言わずもがな、「モダン神」小堺。

 勝利後のインタビューでの「やはり2神を目指したい」という言葉。それを実現する機会がこれほど早く巡ってくるとは、一体誰が予想したというのか。

 そして中村は準々決勝でも触れた通り、「亜神」。

 中村にとってはこの「挑戦者決定戦」で優勝するよりも一足早く巡ってきた、「神」を打倒するまたとない機会である。





 小堺がお馴染みのポーズを無言のプレッシャーで半ば強要(?)し、「神」と「亜神」が握手を交わす。


Game 1

 先手は中村。マリガンはしたものの3ターン目の《ゴブリンの熟練扇動者》《中略》することに成功し、さらに《思考を築く者、ジェイス》をプレイする順調な立ち上がり。

 だが、返しで小堺の《鍛冶の神、パーフォロス》が着地してしまう。

 こうなるとデッキに《拘留の宝球》が入っていない中村は非常に苦しい。「+1」能力で忠誠値を増やして耐えしのごうとするが、小堺が《若き紅蓮術士》をプレイ(2点)、場に出ていた《鋳造所通りの住人》《思考を築く者、ジェイス》にアタック、ダメージ前に《マグマの噴流》を撃ちこみ(2点)、さらにエレメンタルトークンが出て本体2点を与えつつ《鋳造所通りの住人》に2つ目の+1修正を与える(2点)。6もあった忠誠値が1ターンでなくなった上に本体にダメージが入るビッグイニング。

 残された時間がわずかであることを悟った中村、X=3の《スフィンクスの啓示》《至高の評決》を探すが、引けず。

 そのままライフを削りきられてしまった。

 小堺のデッキは、ただのRabble Redとは違う。初速に全てを賭けたRabble Redとは異なり、ミッドレンジとして立ち振る舞うことも可能になっている。必然、キープ基準も緩くなり、安定性も上がっている。

 WMCQ2014名古屋で勝利し、見事日本代表となった金川 俊哉が製作した、Rabbleを超えるRabble。


ゴブリンの熟練扇動者鍛冶の神、パーフォロス若き紅蓮術士


 そう、これがRabble Burnだ。


小堺 1-0 中村



Game 2

 メイン戦は落としたものの、サイド後のエスパー側にはお馴染みの秘密兵器がある。

 木原 惇希をスタン神に導いた《ニクス毛の雄羊》だ。


ニクス毛の雄羊


 さらに中村が小堺の《ゴブリンの熟練扇動者》《究極の価格》《チャンドラのフェニックス》《今わの際》すると、20点のライフをなかなか割らない。《ラクドスの哄笑者》《軍勢の忠節者》と並べてアタックするが、《変わり谷》《破滅の刃》され、もどかしい時間が続く。

 それでもじわりじわりと横からダメージを通していくが、《思考を築く者、ジェイス》に「+1」能力を使われると、さすがに《かき立てる炎》《稲妻の一撃》を使わざるをえない。


中村 貴稔 


 そして、亜神の審判が下される。

 小堺が手札を使い切ったと見るや、《至高の評決》で全てをリセット。残されたのはたった1枚の《変わり谷》のみ。しかもまだライフは11点も残っている。

 とはいえ、中村も盤石というわけではなかった。

 「+1」能力を使用した《思考を築く者、ジェイス》が火力で処理されてしまったことで、ここまで1枚もドロースペルを撃てていないのだ。

 つまり、ここからは純粋なトップデッキ対決。小堺が脅威に辿りつくか、中村が例のカードを引くかどうかだ。

 中村が《ニクス毛の雄羊》を引くと、小堺も《鍛冶の神、パーフォロス》を降臨させ、一進一退の攻防が続く。

 だが、ここにきて小堺のドローは土地が続く。

 対して、《予言》に辿りついた中村。

 《かき立てる炎》《中略》し、《チャンドラのフェニックス》《解消》

 「占術」……そして中村は辿りついた。

 《スフィンクスの啓示》X=8。

 勝負は3本目へ。


小堺 1-1 中村



Game 3

 《鋳造所通りの住人》から《若き紅蓮術士》というぶん回りを見せる小堺。中村は《究極の価格》で捌きにかかるが、さらに《チャンドラのフェニックス》を追加され、これは《アゾリウスの魔除け》せざるをえない。

 中村も《鋳造所通りの住人》とエレメンタルトークンのアタックに対してなんとか《変わり谷》を起動して防壁としたいところなのだが、もし火力を撃たれると致命的な遅れとなってしまうため、なかなかクロックを止めることができない。

 それでも、ライフ8まで追い詰められてはさすがに起動するしかない。だが、予定調和の《かき立てる炎》が飛び、中村の残りライフは6。

 次のターンの戦闘フェイズ中にようやく《スフィンクスの啓示》を撃つが、Xはわずか2。《変わり谷》を失ってしまったことで、マナが減って効果が薄くなった格好だ。

 なお悪いことに、このターンはライフの減少を食い留めるものの、戦闘後に《鍛冶の神、パーフォロス》が通ってしまう。

 応手が尽きた中村。小堺の手札の《チャンドラのフェニックス》を知っているため、半ば諦めの心境で《思考を築く者、ジェイス》をプレイ、「+1」能力でお茶を濁そうとしてみるが。



小堺 透雄 


 小堺のトップは、デッキ名を象徴する《ゴブリンの熟練扇動者》


小堺 2-1 中村


やはり亜神では神に勝てなかった。