準々決勝: 小堺 透雄(神奈川) vs. フタミ ヨシキ(山梨)

晴れる屋

晴れる屋



By Shin Tomizawa

スタンダード神への挑戦者決定戦、準々決勝は、構築3フォーマットの現「神」達の写真が飾られている真下の対戦テーブルで行われた。

そして卓に着いた二人は、BW Midrangeを駆るフタミヨシキと、Rabble Burnを使用する現「モダン神」小堺透雄。
小堺がモダン神の座を射止めたのも、少しコンセプトは違っているものの、モダン版バーンデッキ。もはや小堺=バーンの図式が成立したと言って差し支えないだろう。

そして、もう一つの小堺の代名詞である腕相撲のような握手を交わし、決勝ラウンド最初の試合が始まる。




Game 1

ダイスロールで勝利したフタミは先行権を得たものの、手痛いダブルマリガン。対する小堺は1マリガンした6枚の手札を見て、悩みつつもキープを宣言した。

開幕は黒いデッキの定番スペル《思考囲い》から。
公開された《ゴブリンの熟練扇動者》《稲妻の一撃》《鍛冶の神、パーフォロス》《かき立てる炎》、2枚の《山》のうち、《かき立てる炎》をディスカードさせる。

さらに続くターンには《変わり谷》を置いて《群れネズミ》を召喚と、これは火力を消費させる作戦だろうか。



フタミ ヨシキ 


提案通りに自ターンで《稲妻の一撃》をネズミに撃ちこんだ小堺にフタミの《変わり谷》が殴りかかる。
続くターンには先ほど確認済みの《ゴブリンの熟練扇動者》を警戒してマナを立てて構えるフタミだが、小堺は3枚目の土地を置けずにターンエンド。

一拍置いて土地を連続で引き込んだ小堺は《ゴブリンの熟練扇動者》《鍛冶の神、パーフォロス》と順番にキャスト。
《ゴブリンの熟練扇動者》こそ《胆汁病》されるが、《鍛冶の神、パーフォロス》により、ここからの小堺のクリーチャーは全て本体火力となる。

どうやら小堺は手札にはクリーチャーを持っていないらしい。「さあ、身を引けるかな?」と気合を込めて引いたカードは《若き紅蓮術士》
これにも《胆汁病》を浴びせられるが、スタックで《稲妻の一撃》を撃ちこみ、攻め手を緩めることなくライフを大きく削っていく。

フタミは《罪の収集者》で火力を抜き、ライブラリトップから繰り出されるクリーチャーは即座に除去して抵抗するが、引き込まれる火力とパーフォロスによって奪われていくライフは如何ともし難く、「モダン神」と「鍛冶の神」二柱の神に押し切られてしまった。

小堺 1-0 フタミ



Game 2

続いての第二ゲームはお互いに7枚の初手をキープ。

最序盤はお互い静かに土地を並べあい、小堺の3ターン目《パーフォロスの槌》がファーストアクションとなった。
返されたターンにフタミは《冒涜の悪魔》を召喚。巨大クリーチャーを前に小堺の顔が曇る。
ひとまず《若き紅蓮術士》を呼び出すも、立ちはだかるデーモンがいては攻撃はできず、1点のライフも削れないままゲームは進行する。

フタミはデーモンの誘発で小堺が何もしないことを確認し、アタックに入る。
強力な一撃を食らわせたフタミは続いて2体目の《冒涜の悪魔》を召喚。盤面を完全に制圧することに成功した。


冒涜の悪魔


じっくり手札と相談する小堺。このデーモン2体は一筋縄ではいかない。

まずはエンドに《頭蓋割り》。フタミのライフを20から17へ。そしてメインフェイズでは《灼熱の血》《かき立てる炎》の合わせ技でデーモンが塞ぐ道を開け、トークンと《若き紅蓮術士》で攻撃。フタミのライフを一気に11まで落とし込んだ。

手番はフタミに渡り、小堺はトークンを生け贄に捧げて攻撃を防ぐが、第2メインには《悲哀まみれ》を食らってしまう。

ゲームはフタミのペースに見えたが、除去のない隙をつかれ、《パーフォロスの槌》のバックアップを受けた《ゴブリンの熟練扇動者》《変わり谷》により突然の7点ダメージが降り注ぐ。
この一手はあまりに痛い。残りライフは4となり、王手をかけられてしまう形になった。

《ゴブリンの熟練扇動者》の排除にこそ成功するが、用済みのトークンを生け贄に捧げられて《冒涜の悪魔》が機能せず、絶体絶命のピンチに陥ったフタミ。小堺の《チャンドラのフェニックス》召喚に対応して《肉貪り》を自分に。《冒涜の悪魔》を犠牲に8点のライフを回復し、なんとか《ヴィズコーパの血男爵》に辿り着いたが、小堺は構わずに《パーフォロスの槌》でトークンを生み出して総攻撃。
《変わり谷》をブロックした《ヴィズコーパの血男爵》《ショック》を併せて除去し、攻め続ける態勢をキープ。フタミのライフは絆魂により6となった。

フタミは相打ち要因とばかりに《生命散らしのゾンビ》を出してターンエンドするのみ。
しかし空からフタミを啄む《チャンドラのフェニックス》を止めることはできず、逆転の絆魂生物に再度辿り着く前にまたも小堺が押し切る形で試合は決着した。

小堺 2-0 フタミ


「モダン神」「スタン神」の二冠に期待がかかる小堺。
なんでも晴れる屋トーナメントセンターにモダン神として飾られている写真に満足がいっていないらしい。

小堺 「あの写真はあまりに顔がパンパンだったんでダイエットを始めましたよ(笑)」

晴れる屋トーナメントセンターに「二冠」小堺の二つの写真がビフォーアフターのごとく並ぶ日も近いかもしれない。



小堺 透雄