準々決勝: 中村 貴稔(東京) vs. 平田 弘達(神奈川)

晴れる屋

晴れる屋



By Atsushi Ito

 中村 貴稔。彼はかつて、名もなきプレイヤーだった。

 だがある時、後に「MTGSHOP 晴れる屋」を始めることとなる齋藤 友晴に「何かニックネームを付けようよ」と提案され、そのときに半ば強引に定着させられたものが、今でも彼のあだ名となっている。

 「デミゴン」

 《復讐の亜神》から想起したというその一見間抜けな響きの名前は、当初こそ知り合いからすら苦笑交じりに呼ばれていたが、やがては定着し、中村は「デミゴン」としてマジック界で多くの友人たちを得るに至った。

 それ自体は、言ってしまえば何てことのない話だ。

 だが今、何年越しかもわからないようなスパンで、その伏線が回収されるときが来た。

 「神シリーズ」。

 「デミゴン」の名づけ親である齋藤自身がプロデュースし、そのネーミングセンスを如何なく発揮した一連の企画。

 そのスタンダードの「挑戦者決定戦」……スタンダード、モダン、レガシーという3つのフォーマットの「神」に挑むプレイヤーを決定するための戦い……そこで、見事トップ8に残ったのだ。

 すなわち、亜神たる「デミゴン」がついに「神」になるチャンスを得たという、何とも象徴的な構図なのである。

 中村、はたしてこの伏線を回収することができるか。


 対して、平田は横浜~町田近辺を中心に活動するプレイヤーで、普段はPWCに主に出場しているとのこと。

 その平田だが、準々決勝の開始前から憂鬱な顔を隠さない。

平田 「トップ8で唯一当たってはいけないところ踏んだよ……」

 平田のデッキは青単。対して中村のデッキは、タッチ黒はしているものの、その実質は青白コントロール。

 そう聞けば、わかる人にはわかるであろう。平田にとっては絶望的な相性差のあるマッチアップである。

 青単は「信心」を稼がなければならないという都合上、全体除去にすこぶる弱い。

 特にプロテクション(赤)を持つ《波使い》さえも易々と薙ぎ払う《至高の評決》は、サイド後まで含めても決して克服することのできない、青単にとっての鬼門なのだ。

 ここさえ乗り越えればRabble Redなど有利なマッチアップが多いトップ8。平田に今日一番の難関が立ちはだかる。





Game 1

 後手の上にダブルマリガンとなってしまった平田。だが《凍結燃焼の奇魔》から《海の神、タッサ》を着地させることに成功する。

 コントロールを相手にするにあたって必須の条件となる「3ターン目タッサ」を達成した平田。

 さらに続くターンには《潮縛りの魔道士》を展開し、5つの「信心」を揃えて合計8点を入れると、ここまで《予言》くらいしかアクションがなく、不気味に5マナオープンでターンを返す中村に対して、さらにダメ押しの《夜帷の死霊》を追加。「信心」の減少をケアした上で全力アタック!



平田 弘達 


 だが、それこそが中村の待ち望んでいた展開だった。

 プロツアー『マジック2015』を制したテクニックが、平田に容赦なく襲い掛かる。


急かし至高の評決


 すなわち、《急かし》からの《至高の評決》!!

 1対3交換。ダブルマリガンの平田にはあまりにも厳しい。

 それでも、手札を使い切りながら《雲ヒレの猛禽》《夜帷の死霊》と並べ、再び《海の神、タッサ》を顕現させるが、そこには当然2枚目の《至高の評決》が。

 何とか食い下がろうとする平田だったが、中村の《思考を築く者、ジェイス》が着地すると、《思考を築く者、ジェイス》《思考を築く者、ジェイス》を、そして更なるドローを呼ぶ。

 「占術」しながら毎ターン展開するパーマネントはきっちり1対1交換で処理されていき。

 あとは中村が《スフィンクスの啓示》に辿りつくのを待つのみなのだった。

中村 1-0 平田


 平田は定石通り《雲ヒレの猛禽》《波使い》を抜き、カウンターや《思考を築く者、ジェイス》を代わりに入れていく。

 青単信心が、大量のカウンターのバックアップを受けた青単コントロールへと変化する。


Game 2

 今度は7枚でキープできた平田。《潮縛りの魔道士》を2連打し、プレッシャーをかけていく。

 対して、2ターン目に《神聖なる泉》をアンタップインしておきながら3枚目の土地をタップインで返した中村。この挙動を訝しむ平田だが、仕掛けるならマナが少ない今しかない。

 セット《ニクスの祭殿、ニクソス》、4マナを生み出して《島》1枚を立たせて《中略》ケアの《タッサの二叉槍》



中村 貴稔 


 相性差最悪のマッチアップだが、通れば一転平田優勢になるこのカード。


 しかし、この日の中村は「持って」いた。

 たった2マナしか立っていない中村がキャストしたのは、100点満点の回答である《反論》


反論


 さらに、続いて返すターンにはクロックを一掃する《至高の評決》!!

 平田も《凱旋の間》《凍結燃焼の奇魔》と再展開するが、ライフ4まで追い詰めたところで《次元の浄化》で全て薙ぎ払われてしまう。

 さらに《夜帷の死霊》の返しでフルタップの《スフィンクスの啓示》X=4……これに対してカウンターが、ない。

 サイド後に8枚も投入したカウンターも、引かなければ意味がない。

 挙句の果てに、遅れてやってきた《海の神、タッサ》《神討ち》の餌食となってしまい。

 絶望の鐘が鳴る。

 《スフィンクスの啓示》X=7。

中村 2-0 平田