準々決勝ダイジェスト

晴れる屋

晴れる屋

By Atsushi Ito

※1卓のみ動画になります。

吉野 高平 (2位: 4色エネルギー) vs. 田中 瑞己 (7位: グリクシスコントロール)

吉野 高平

吉野 高平

 プロツアー『イクサラン』地域予選を突破してプロツアー『イクサラン』に出場した経験もある吉野の前に立ちはだかったのは、異色の「グリクシスコントロール」を駆る田中。

 ゲームが開始すると、遅めの手札をキープした吉野が《つむじ風のならず者》で少しずつ田中のライフを削りにいく展開。飛行機械・トークンは《致命的な一押し》で逐一処理されていくが、吉野は《蓄霊稲妻》の空打ちも絡めて3点のクロックを維持する。

 対する田中も十分な土地を置きおえたところでまずは《奔流の機械巨人》で仕掛け、これは《削剥》で処理されるものの、続けて《破滅の刻》で一度盤面をリセットする。これに対して吉野は《逆毛ハイドラ》を送り出すが、エネルギーが十分ではなく、2体目の《奔流の機械巨人》と相打ちに。

 なおも《反逆の先導者、チャンドラ》を送り出して攻め手を緩めない吉野だったが、ここで田中が決定打を放つ。

王神、ニコル・ボーラス

 《王神、ニコル・ボーラス》

 すぐさま《反逆の先導者、チャンドラ》に「-4」で7点が打ち込まれると、《栄光をもたらすもの》が入っていない吉野にはこれに対する返し手がなく、ほどなくしてカードを畳むこととなった。

田中 瑞己

田中 瑞己

 2ゲーム目はひょっこり通ってしまった吉野の《スカラベの神》に対して、田中が自分のターンのエンド前に《蓄霊稲妻》を打ち込んで時間を稼ごうとするも、返しのターンに2体目の《スカラベの神》をおかわりされて悶絶する立ち上がり。

 が、引き込んだ《ヴラスカの侮辱》でこれを処理すると、《豪華の王、ゴンティ》で吉野の《至高の意志》を奪い、細かくアドバンテージを獲得していく。

 そして満を持して再び《王神、ニコル・ボーラス》が降臨。だが今回は吉野も解答を握っていた。返すターンにプレイしたのは、こちらも《王神、ニコル・ボーラス》!忠誠度8に対して「-4」で7点を打ち込み、「+2」能力の当たりはずれの勝負に持ち込もうとする。

 《スカラベの神》《奔流の機械巨人》とサイドインした《豪華の王、ゴンティ》くらいしか入っていないであろう田中のデッキに対し、吉野のデッキには《導路の召使い》《牙長獣の仔》といったハズレもある。「+2」勝負は吉野の方が若干分が良いと思われた。しかし。

スカラベの神

 田中がここ一番で吉野の3枚目の《スカラベの神》を一発で引き当て、さらに吉野の《王神、ニコル・ボーラス》には《ヴラスカの侮辱》。完璧な受けを前に、もはや吉野に攻める術は残されていなかった。

吉野 0-2 田中

大宮 隆宏 (4位: ラムナプレッド) vs. 長谷部 峻一 (5位: ラムナプレッド)

大宮 隆宏

大宮 隆宏

 1ゲーム目は互いに《ボーマットの急使》《地揺すりのケンラ》《暴れ回るフェロキドン》という展開の鏡打ち。ということは、先手の大宮がダメージレースで先行したということを意味する。

 さらに先手4ターン目、《ショック》《暴れ回るフェロキドン》で長谷部に痛打を与えると、長谷部もこれも鏡打ちで《ショック》《暴れ回るフェロキドン》と動くものの、返す大宮が《熱烈の神ハゾレト》を降臨させてしまい、チャンプブロックを強要されてしまう。長谷部に返し手はなく、まずは大宮が1本を先取する。

長谷部 峻一

長谷部 峻一

 一方2ゲーム目は長谷部のプレイングが光る。4枚目の土地は引けないものの、《暴れ回るフェロキドン》が除去られなかったとみるや、《霊気圏の収集艇》を意に介さず積極的に殴って大宮のライフを削る。そしてダメージレース的に不利な状況を打破すべく大宮がフルタップで送り出した《栄光をもたらすもの》に対してここまで抱え続けた《チャンドラの敗北》をしっかりと当て、星を取り返す。

 だが3ゲーム目は大宮が圧巻の回りを見せた。《ボーマットの急使》から《ボーマットの急使》、さらに《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》を立たせた長谷部に対して《地揺すりのケンラ》でなおも「ボーマット貯金」を蓄積。

ボーマットの急使

 なおも土地の詰まった長谷部を尻目に《霊気圏の収集艇》《ピア・ナラー》と送り出して手札を消費すると、満を持して2体分の「ボーマット貯金」を (1体の起動にスタックしてのもう1体の起動で) 一挙に解放。大量ドローからさらなる脅威を展開しつつ除去を打ち込み、長谷部の戦線をあっという間に壊滅せしめたのだった。

大宮 2-1 長谷部

三田 亮一 (1位: 4色エネルギー) vs. 髙野 翔太 (8位: ティムール打撃体)

三田 亮一

三田 亮一

 1ゲーム目、三田が《導路の召使い》から先手3ターン目に《反逆の先導者、チャンドラ》を降臨させる。対する髙野は《霊気との調和》から2ターン目にアクションがなく、3ターン目になってようやく《牙長獣の仔》を送り出す展開。勝負の趨勢は、既に決定づけられたように思われた。

 が、続けて三田が《栄光をもたらすもの》を「督励」したところで《顕在的防御》を合わせた髙野は、さらに《逆毛ハイドラ》を展開。返す三田の《スカラベの神》にも構わず《知識のカルトーシュ》をまとわせ、《反逆の先導者、チャンドラ》を落とすと、続くターンには《静電気式打撃体》を送り出す。

 再び《栄光をもたらすもの》の「督励」で排除しようとする三田だったが、髙野は2枚目の《顕在的防御》でこれを阻止。そして返すターン、髙野の溜まりに溜まったエネルギーが炸裂する。

静電気式打撃体暴力の激励

 レッドゾーンに向かわせた《静電気式打撃体》に打ち込まれたのは、髙野のデッキが青緑に赤をタッチしている理由であるところの《暴力の激励》。トランプルでブロッカーを貫通し、一撃で40点弱のダメージを与えて髙野が豪快にゲームを先取。

髙野 翔太

髙野 翔太

 2ゲーム目は互いに《逆毛ハイドラ》を並べ、髙野が《知識のカルトーシュ》で一方的に飛行を持たせるも、《つむじ風の巨匠》が供給するブロッカーを突破できる気配が見えないため、互いに殴れず戦況が膠着。

 そうこうしているうちに三田のエネルギーが21個まで溜まり、冷静にダメージを計算した三田が髙野のターンのエンド前に7体の飛行機械・トークンを生み出すと、さらに自分のターンに手札から《栄光をもたらすもの》をプレイして「督励」込みのフルアタック。髙野のライフが序盤に削れていたこともあり、ブロッカーをすり抜けて9点のダメージが貫通して三田が星を取り返す。

 マッチ勝敗のかかった3ゲーム目。髙野が《牙長獣の仔》《ならず者の精製屋》《逆毛ハイドラ》と展開すれば、三田は《削剥》《つむじ風の巨匠》《多面相の侍臣》で応じる五分の展開。

 続けて髙野は《逆毛ハイドラ》《知識のカルトーシュ》をまとわせて攻撃に向かわせるが、飛行機械・トークンが攻撃を阻み、逆に三田が《牙長獣の仔》《蓄霊稲妻》を、《ならず者の精製屋》《削剥》を打ち込んで6点アタックでダメージレースを先行する。

 髙野は2枚目の《ならず者の精製屋》《逆毛ハイドラ》の攻撃を受け止め、相打ちもしくはエネルギーの使用という2択を迫る。飛行機械・トークンが必要な三田は相打ちを受け入れ、こちらも《ならず者の精製屋》でエネルギーの供給を絶やさない。

 だが次のターン、三田が《霊気との調和》《導路の召使い》で切れかけのエネルギーを補充しつつ《蓄霊稲妻》を構えた返しで、髙野は決定的な1枚を引き込む。《ハシェプのオアシス》。何度も計算をした髙野はついに《ハシェプのオアシス》を起動すると、もう何度目かもわからない飛行持ちの《逆毛ハイドラ》でのアタックを敢行する。

逆毛ハイドラ知識のカルトーシュハシェプのオアシス

 三田もブロック前の《蓄霊稲妻》で盤面の情報よりも1体多い飛行機械・トークンを生成してダブルブロック、髙野の計算違いを祈るのだが、「ライフ17点ですよね?」という髙野の確認を聞いて、ゲームの結末を悟った。

 《逆毛ハイドラ》《知識のカルトーシュ》《知識のカルトーシュ》《ハシェプのオアシス》+エネルギー12個使用+《暴力の激励》《顕在的防御》。19-2=17点トランプル!

三田 1-2 高野

この記事内で掲載されたカード