神と挑戦者の読み合い: スタンダード編

晴れる屋

晴れる屋

By Hiroshi Okubo

 この神決定戦の醍醐味は、デッキの読み合いが発生するということにある。

 何せ対戦相手は1人。多くの対戦相手が駆る様々なデッキと戦う必要がある普段のトーナメントと違い、ただ1人に勝てばいいのであって、極端な話相手のデッキが75枚わかっているなら、それをガンメタすることすら正当化される。

 そんな状況で。はたして『神』は、『挑戦者』はいかなるデッキを持ち込むのか?

 ここでは互いのデッキについての2人の事前予想を聞いてみよう。

Q1.対戦相手が持ち込んでくるデッキは何だと思いますか?
また、その理由は?

岡井 俊樹

岡井

エスパーコントロールやグリクシスなどの《ヴラスカの侮辱》《奔流の機械巨人》デッキ。

重い構成のミッドレンジが好きな印象。このタイプのデッキは赤黒アグロと並んで幅広いデッキに対して良い勝負に持ち込めるため裏目も少ないので。

伊藤 大明

伊藤

赤黒系、次点で青黒ミッドレンジ。

次の日がRPTQなので、対人メタってよりは、そこに向けた調整・練習をしていそうなので、トップメタを使ってきそう。

Q2.それを踏まえてどのように考えてデッキ選択やカード選択をしましたか?

岡井 俊樹

岡井

《ヴラスカの侮辱》《奔流の機械巨人》読みを的中させている自信もなく、完成度の低いデッキを持ち込むのを避けた結果、jaberwockiのリストに。一応青黒ミッドレンジ系などは向こう視点で可能性があるだろうと踏んでターボフォグを持ち込むにもリスクがあると判断し、専用スロットの赤分割をより広く対応できるカードに差し替えた。

伊藤 大明

伊藤

緑単タッチ白。《再燃するフェニックス》が鬼門なので、それに対しての《イクサランの束縛》4枚。赤系に強い《枕戈+待旦》2枚。

サイド後は《不屈の神ロナス》《蔦草牝馬》にライフゲインエンチャント貼ってのイージウィン

Q3.自信のほどはいかがですか?

岡井 俊樹

岡井

(自身が赤黒を)PTでも使ったこともあり、向こうからしたら備えを尽くしたであろうド本命だと思うので厳しい勝負になりそうです。

伊藤 大明

伊藤

勝つ確率80%(データメガネ予想)

個人予想は30%位


 伊藤の勘が岡井を捉える。

 伊藤の戦歴やプレイスタイルを調べ上げ、デッキ傾向を綿密に探って使用デッキを探ってきた岡井に対し、伊藤の読みはあくまでも経験則に基づく老練の洞察が冴えわたる。事実として岡井が翌日のRPTQを見越したデッキ選択をしたのか否かは定かではないが、結果として岡井のデッキ選択は伊藤に読み切られる形となっている。

 伊藤は自らの信奉者(?)でありPWCの強豪、”データメガネ”こと小島 義史(東京)とともにデッキを選択・調整してきたことを匂わせている。複数回のグランプリトップ8入賞経験もある伊藤の“個の力”にPWCの“コミュニティの力”が加わったとあれば一枚岩ではない。伊藤は、この勝負を本気で獲りに来ているようだ。

 新鋭・岡井 俊樹と古参・伊藤 大明。マジックに懸けてきた年月の差はあれど、どちらも本気の対決。果たして勝つのはどちらだ!?