メタゲームブレークダウン

晴れる屋

晴れる屋

By Kazuki Watanabe

 今回のプロツアー地域予選のフォーマットはスタンダードだ。

 プロツアーを目指して鎬を削る112名のデッキリストを分類した結果、以下のようになった。

アーキタイプ 使用者数 使用率
赤黒アグロ 29 25.89%
赤単《ケルドの炎》 22 19.64%
エスパーコントロール 15 13.39%
赤単タッチ黒 9 8.03%
ターボフォグ 7 6.25%
黒緑アグロ 4 3.57%
青白コントロール 4 3.57%
青単ストーム 3 2.67%
黒緑《巻きつき蛇》 3 2.67%
青白《王神の贈り物》 3 2.67%
グリクシスミッドレンジ 3 2.67%
青単アグロ 2 1.78%
青黒ミッドレンジ 2 1.78%
青緑《原初の飢え、ガルタ》 2 1.78%
ジェスカイコントロール 1 0.89%
赤緑アグロ 1 0.89%
アブザン《巻きつき蛇》 1 0.89%
緑白アグロ 1 0.89%

 もちろん、それぞれのリストには違いがある。その”細かな差異”にプレイヤーの思考が詰まっているわけだが、分類の都合上、そこまでを数値に反映することはできない。そこで、上位のデッキについて、以下で簡単に触れておくことにしよう。

赤黒アグロ:29名(25.89%)

無許可の分解ゴブリンの鎖回し反逆の先導者、チャンドラ

 大方の予想通り、と言うべきか、一番人気になったのは「赤黒アグロ」だ。実に会場の1/4がこのアーキタイプである

 『基本セット2019』による変化はほとんどない。あるとすれば、サイドボードに《苦悩火》を積むかどうか、といった程度である。

ボーマットの急使歩行バリスタ

 リストの違いとしては、自分の《ゴブリンの鎖回し》の餌食となってしまう《ボーマットの急使》《歩行バリスタ》を採用していないリストが目につく。

再燃するフェニックス死の権威、リリアナ火の血脈、サルカン

 また、中にはクリーチャーを《再燃するフェニックス》《栄光をもたらすもの》のみに絞り、《宝物の地図》《死の権威、リリアナ》《最古再誕》といったカードを詰め込んだものや、《厄介なドラゴン》《ドラゴンの女王、ラスリス》《火の血脈、サルカン》といったドラゴン軍団を採用したものもあった。

 この環境の代名詞とも言える、「赤黒アグロ」の脅威。さて、今大会も彼らの勝利で終わるのか?

赤単《ケルドの炎》:22名(19.64%)

ケルドの炎

 使用率2位は、「赤単《ケルドの炎》」だ。

損魂魔道士魔術師の稲妻ギトゥの溶岩走り

 1ターン目から素早く展開し、一気に手札を消費する。《ケルドの炎》を設置した直後の第I章のデメリットを無視するスピードで展開できる頃には、対戦相手のライフを大きく削り取っているであろう。

 《ショック》4枚、《稲妻の一撃》4枚、《魔術師の稲妻》4枚、そして《ケルドの炎》が3枚というリストが主流だが、《ケルドの炎》が2枚、もしくは4枚のリストも存在する。

航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴヴィーアシーノの紅蓮術師熱烈の神ハゾレト

 クリーチャーの選択も様々だ。《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》《地揺すりのケンラ》《再燃するフェニックス》《ヴィーアシーノの紅蓮術師》といったカードの枚数は千差万別で、中には《熱烈の神ハゾレト》を採用していないリストもある。

嘲笑+負傷

 特筆すべきは、サイドボードの《嘲笑+負傷》だろう。「ターボフォグ」の人気を見越し、赤系のデッキの多くが2枚ほど採用しているプレイヤーが多い。「《花粉のもや》《根の罠》がある」と気を許していると思わぬ一撃を見舞われるかもしれないので、注意しておこう。

エスパーコントロール:15名(13.39%)

奔流の機械巨人ドミナリアの英雄、テフェリーヴラスカの侮辱

 赤系アグロの隆盛に抗うコントロールプレイヤーの多くは、エスパーカラーを選択した。

スカラベの神アズカンタの探索残骸の漂着

 コントロールのリストには、プレイヤーの思考が色濃く反映されている。《スカラベの神》《奔流の機械巨人》《否認》《アズカンタの探索》《残骸の漂着》のようなカードを何枚採用するか、といった辺りに差が出るようだ。

変遷の龍、クロミウム

 共通している点として、サイドボードの《変遷の龍、クロミウム》の存在が挙げられる。7マナという重さながら、瞬速、打ち消されない、飛行、除去耐性というフィニッシャーらしい能力を持っているため、エスパーコントロールのサイドボードには、ほとんど確実に採用されている。


 この他にも「赤単タッチ黒」の黒いカードの枚数にも差が見られた。同じ「黒緑」でも、《巻きつき蛇》ではなく、《茨の副官》《蔦草牝馬》を4枚ずつ採用したリストもあったし、「青単ストーム」に白をタッチして、サイドボードに《原初の潮流、ネザール》を投入したものもあった。

 数字の上で見れば、赤系のアグロが半数を占めた。「地域予選は、赤いデッキで埋め尽くされた」と表現するのは簡単である。

 しかし、1つ1つのデッキリストには様々な差異があり、そこにはプロツアーを目指して激戦を繰り広げているプレイヤーの思考が詰まっている

 この会場でプロツアーの権利を獲得できるのは、8名。彼らのデッキリストが、今から楽しみだ。

カバレージトップへ戻る