Round 5: 加藤 健介 vs. 佐藤 啓輔

晴れる屋

晴れる屋

By Kazuki Watanabe

 プロツアー地域予選、第5ラウンド。フィーチャーエリアに呼ばれたのは、BIGsの加藤 健介と、Hareruya Hopesの佐藤 啓輔だ。

 加藤のデッキは「赤単《ケルドの炎》」。メタゲームブレークダウンでお伝えしたとおり、使用率2位のデッキだ。そして佐藤が使用率1位の「赤黒アグロ」を使用している。

加藤 健介 vs. 佐藤 啓輔

加藤 健介 vs. 佐藤 啓輔

 赤く染められた会場で、両者がプロツアーを目指して火花を散らす。勝てばトップ8争いに残ることができ、負ければその争いからは退くことになる。さて、勝利するのは?

Game 1

 加藤が《ボーマットの急使》を送り出して攻撃を加えた。佐藤は《竜髑髏の山頂》からスタートする。

 再び《ボーマットの急使》で攻撃を加え、《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》を唱える。佐藤は迷うことなく《木端+微塵》で除去することを選んだ。続くターンに加藤は2体目の《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》を送り出すが、土地を伸ばせない。

ゴブリンの鎖回し

 佐藤が最初に送り出したクリーチャーは、《ゴブリンの鎖回し》。その鎖によって、3枚のカードを追放したまま《ボーマットの急使》が餌食となる。

加藤 健介

加藤 健介

 攻撃の主導権を握っているのは加藤だ。《魔術師の稲妻》《ゴブリンの鎖回し》を除去し、さらに《ヴィーアシーノの紅蓮術師》を唱えてダメージを加えていく。佐藤は慌てずに《削剥》《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》を処理し、《キランの真意号》を送り出した。

ゴブリンの鎖回しギトゥの溶岩走り

 加藤は怯むことなく《ゴブリンの鎖回し》《ギトゥの溶岩走り》を送り出し、佐藤の残りライフを9まで減らす。

 しかし、ここが攻勢限界点だ。

反逆の先導者、チャンドラ

 佐藤が《反逆の先導者、チャンドラ》を唱えて、反撃の狼煙を上げる。手始めに「-3」能力で《ゴブリンの鎖回し》を除去した。

 さらに《再燃するフェニックス》を唱える。続くターンに《屑鉄場のたかり屋》を出して、《キランの真意号》の「搭乗」要員も確保した。

 加藤は《ショック》を見舞って手札を消費し、《ケルドの炎》を唱える。しかし、《キランの真意号》《再燃するフェニックス》の攻撃を止めることはできない。さらに《木端+微塵》でライフが削られ、《再燃するフェニックス》《稲妻の一撃》で焼き払うが、すでにライフは残りわずかだ。

 そこに佐藤がダメ押しの《ショック》を見舞ったところで、加藤は一言告げた。

加藤「負けました」

 佐藤が一度頷き、両者はサイドボードに手を伸ばした。

加藤 0-1 佐藤

Game 2

 お互い、1ターン目は土地を置くのみ。2ターン目は加藤の送り出した《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》を、佐藤が《削剥》で除去する、という動き出し。次に戦場に現れたのは、加藤の《ゴブリンの鎖回し》と、佐藤の《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》だ。

 ここから、赤の除去呪文が乱れ飛ぶ。まずは、加藤が《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ》《削剥》で除去すれば、対する佐藤も《チャンドラの敗北》《ゴブリンの鎖回し》に見舞う。さらに、佐藤が唱えた《ピア・ナラー》《ショック》で除去しておく。

削剥チャンドラの敗北ショック

 《ピア・ナラー》の遺した飛行機械・トークンが攻撃を加えたところで、流れが一度止まった。加藤はじっくりと盤面を見つめ、そのままターンを返した。

 そこに、佐藤の《大災厄》が刺さる。

大災厄

 公開された手札は、《チャンドラの敗北》《魔術師の稲妻》《稲妻の一撃》。ここでは《チャンドラの敗北》を抜き去った。

 加藤が《損魂魔道士》を唱えると、佐藤は《反逆の先導者、チャンドラ》を唱えて迎え撃つ。まずはライブラリートップの《再燃するフェニックス》が火力に変わった。

 《損魂魔道士》の攻撃は飛行機械・トークンに阻まれたが、2体目の《損魂魔道士》を送り出す。ターンを受けた佐藤は、再び《反逆の先導者、チャンドラ》にライブラリートップを追放させて、《ショック》《損魂魔道士》を除去した。

佐藤 啓輔

佐藤 啓輔

 佐藤が《ゴブリンの鎖回し》を送り出し、加藤が一呼吸置いて《魔術師の稲妻》を見舞う。そして《熱烈の神ハゾレト》を戦場へ。

 手札の《稲妻の一撃》を佐藤に見舞い、《熱烈の神ハゾレト》《損魂魔道士》で攻撃。このターン、一気に佐藤のライフが削られる……と思ったが、ここで《栄光の刻》が唱えられた。さらに《損魂魔道士》《チャンドラの敗北》で除去される。

栄光の刻チャンドラの敗北

 続くターンは、互いに土地を並べるのみ。先に戦場を動かしたのは、加藤の《ゴブリンの鎖回し》だったが、再び佐藤の反撃が始まる。《熱烈の神ハゾレト》を戦場に送り出した。

 《ボーマットの急使》を唱えてから、加藤は一度相手の墓地を確認する。《木端+微塵》がないことを確認し、

加藤「勝つには……」

 と一言つぶやいた。”攻め手を緩める”というプランは早々に消え去ったらしく、「攻撃するしかない」とクリーチャーに攻撃を指示する。佐藤は一度手札に目を落とすと、《栄光の刻》《ゴブリンの鎖回し》を除去しておく。

 ターンを受けて、ドローを確認。佐藤は《熱烈の神ハゾレト》で攻撃を加える。そして、ドローしたばかりの《ウルザの後継、カーン》を送り出し、トークンの生成を選んだ。

ウルザの後継、カーン

 加藤は《魔術師の稲妻》《ウルザの後継、カーン》を除去し、《ギトゥの溶岩走り》を唱える。そのまま《熱烈の神ハゾレト》の攻撃を凌ぐために立ちはだかるが、これが最後の抵抗となった。

 加藤は右手を差し出し、勝者を讃え、健闘を祈った。

加藤「頑張ってください」

加藤 0-2 佐藤

この記事内で掲載されたカード

カバレージトップへ戻る