決勝: 堀 雅貴(土地単) vs. 亀井 弘人(12ポスト)

晴れる屋

晴れる屋

By Ken’ichiro Omori

 レガシーの代名詞たる《渦まく知識》は準決勝時点で既に姿を消し、決勝に残ったのは土地をフィーチャーした2つのデッキだった。

 スイスラウンド1位通過の堀 雅貴は先日行われた日本レガシー選手権でも入賞している「土地単」のスペシャリスト。対する亀井 弘人も相棒とも言える「12ポスト」を使いここまで無敗で勝ち上がってきた。第三期レガシー帝王の座に就くのはどちらの土地使いか。

堀 vs. 亀井

堀 雅貴(左) vs. 亀井 弘人(右)

Game 1

 先手の堀は《不毛の大地》《モックス・ダイアモンド》を設置し《ギャンブル》。ランダムディスカードで《壌土からの生命》が墓地へ送られる。

 亀井は《吹きさらしの荒野》から《平地》をサーチして《真髄の針》でスタート。自身のランプ戦略を阻害する《不毛の大地》の起動を封じる。

 堀は《壌土からの生命》を「発掘」、《リシャーダの港》を含む3枚の土地を回収し《幽霊街》を置いてターンを返す。

 迎えた亀井の2ターン目だが、なんとここで亀井の土地が止まる!《探検の地図》をプレイするもそれを起動するマナを用意することができない。

photo1

土地が止まった亀井を尻目に、順調に動く堀。

 こうなってしまえば「土地単」お得意のマナ妨害も俄然威力を発揮する。堀は毎ターン亀井の唯一の土地である《平地》《リシャーダの港》でタップしつつ、《壌土からの生命》で土地を伸ばす。

リシャーダの港壌土からの生命幽霊街

 亀井は一向に土地を引かず遂にはディスカード。堀が《幽霊街》を起動し亀井のデッキの基本土地根絶をも狙い始めたところであえなく投了となった。

堀 1-0 亀井

Game 2

 亀井がマリガン、堀がダブルマリガンでのスタートとなった。

 《森》《平地》と土地を置くだけでターンを返す亀井に対し堀は2ターン目に《森の知恵》を設置。失った手札を取り返しにかかるが、亀井がこれを《クローサの掌握》すると今度は堀の土地が止まる。

森の知恵クローサの掌握

 しかし亀井も大きなアクションは取れず、2枚目の「神座」となる《雲上の座》を堀が《輪作》から《不毛の大地》するとしばらくは静かなゲーム展開となる。

 先に打開策を見つけたのは堀、《ミシュラの工廠》《演劇の舞台》でコピーし4点のクロックを用意する。

ミシュラの工廠演劇の舞台

 さらに堀は亀井の小さな隙を見逃さず、起動マナのないところに《古えの遺恨》で、亀井が優先権を放棄したタイミングで《クローサの掌握》で次々と亀井の《探検の地図》を破壊する。

 だが亀井もさらなる《探検の地図》《ヴェズーヴァ》を駆使し《雲上の座》次々設置、来るべきビッグアクションに備えてマナを伸ばしていく。堀が引き込んだ《壌土からの生命》にも《輪作》からの《ヴェズーヴァ》。既に設置されていた《ボジューカの沼》へと変身させ《壌土からの生命》を含む堀の墓地を追放、決定的な主導権は渡さない。

 堀は《ギャンブル》から再度《壌土からの生命》を用意するが二度の《ボジューカの沼》により墓地の土地は0枚。

 次のターンの「発掘」でも土地は墓地に落ちず、《ミシュラの工廠》でのアタックを継続しつつ《壌土からの生命》を空打ちするのみとなる。

 そしてライフが7点にまで落ち込んだところでついに亀井の体制が整う。堀のターン終了時に《輪作》により《ウギンの目》を場に出すとそのまま《絶え間ない飢餓、ウラモグ》をサーチ、これを唱えると堀のダメージソースたる《ミシュラの工廠》とそれに化けた《演劇の舞台》を追放する。

一転して巨大なクロックを突き付けられることとなった堀、《燃え柳の木立ち》から《罰する火》を回収してみるものの、亀井のライフを削り切るほどの時間は残されていなかった。

堀 1-1 亀井

Game 3

 先手の堀がロケットスタートを切る。1ターン目に《踏査》《モックス・ダイアモンド》を設置。亀井は《Savannah》から《真髄の針》《不毛の大地》を封じるが、堀は2ターン目に《暗黒の深部》をセットランドすると亀井のターン終了時に《輪作》《演劇の舞台》をサーチし《マリット・レイジ》を降臨させる!

マリット・レイジトークン
 鮮やかな3ターンキルが成立するかに思われたが、亀井はこれにしっかりと《剣を鍬に》。そう簡単に勝負は決めさせない。

 しかし堀の攻勢はまだ終わらない。《ギャンブル》をプレイし《壌土からの生命》をサーチ、これは《ギャンブル》のディスカードにより墓地へと送られるが再度《マリット・レイジ》を降臨させる態勢を整える。

photo3

2度目の《マリット・レイジ》降臨は目前である。

 《剣を鍬に》はもうない、このままでは《マリット・レイジ》の降臨を許してしまう亀井だが、なんとここでのドローが《フェアリーの忌み者》

フェアリーの忌み者

 《壌土からの生命》を追放し、さらに《宝物の地図》を設置する。

 流石の堀も早急に三の矢を用意することはできず、次なる攻め手が揃うまでドローを繰り返す他ない。

 そうしている間に亀井は《宝物の地図》《宝物の入り江》へと変身させ、そこから出た宝物トークンを使い《原始のタイタン》を召喚する。

原始のタイタン

 「ライフ21点あるし大丈夫だよな?」と、何か見落としていることはないかを確認し、慎重に2枚の《雲上の座》を選び出す。

photo4

亀井から繰り出される、《原始のタイタン》

 堀は《雲上の座》を破壊したいところだが、セットランドした《不毛の大地》は亀井が1ターン目に設置した《真髄の針》により起動ができない。

 《原始のタイタン》の攻撃を一度許した堀だったがついにここで《輪作》をドロー!すでに戦場にある《演劇の舞台》と合わせて再度《マリット・レイジ》を降臨させることが可能と成った。

 しかしもはや亀井の布陣は完璧だった。《マリット・レイジ》には《カラカス》が、それを破壊する《不毛の大地》には《真髄の針》が睨みを利かせており《輪作》1枚では乗り越えられない。

 そして十分な「神座」をも揃えた亀井は満を持して堀のターン終了時に《輪作》。2ゲーム目と同じく《ウギンの目》を即起動し《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を手札へと加える。

絶え間ない飢餓、ウラモグ
 堀の土地を、ライフを、ライブラリーを。全てを吹き飛ばすこの怪物の圧倒的な力により、新たな「帝王」が誕生したのだった。

堀 1-2 亀井

関西帝王

 『第三期関西帝王戦レガシー』、優勝は亀井 弘人!!おめでとう!!

この記事内で掲載されたカード

カバレージトップへ戻る