準決勝: 斉藤 伸夫(東京) vs. 市川 貴義(埼玉)

晴れる屋

晴れる屋

By Atsushi Ito

 トップ4ともなると、いよいよ優勝が見えて殺気立ってきそうなものだが。

斉藤 「知り合いと当たれてよかったよ。でも決勝で当たりたかったなぁ」

市川 「確かにね」

 と、和やかなトーク。それもそのはず、市川がスタンダードだけではなくレガシーも嗜んでいるため、2人は知り合い同士なのだ。

 そんな市川の選択は。

市川 「まあスタンですね。今日レガシー全部勝ってるけど、さすがにw」

斉藤 「レガシー選ばれるわけないわなw」

 まだスタンダードに慣れていないレガシープレイヤーの斉藤に対して、日ごろからスタンダードをメインにプレイする市川からすれば当然の選択だ。

 しかし、斉藤も2日間の経験により、スタンダードプレイヤーとしても驚くべきスピードで成長してきている。

 The Last Sun準決勝。

 はたして、斉藤の成長が市川の予想を上回るか。



Game 1

 ダイスロースで先手の斉藤、「スタンダードはよくわからない」と言いつつ、2枚の《思考囲い》を先手1ターン目には撃たずに、《灰の盲信者》《肉貪り》で迎えうった返しに2発連続で叩き込むという好プレイ。

《ドムリ・ラーデ》
《炎樹族の使者》
《モーギスの狂信者》
《モーギスの狂信者》
《ニクスの祭殿、ニクソス》
《山》

 というラインナップから《ドムリ・ラーデ》《炎樹族の使者》をチョイス、市川の手札を骨抜きにする。

 が、市川も負けてはいない。トップデッキした《ボロスの反攻者》《英雄の破滅》されるものの、《モーギスの狂信者》で攻め立てる。



 しかし斉藤、これには落ち着いて《変わり谷》との相打ちで対処すると、5マナから《群れネズミ》を降臨させる。対処を迫られる市川。

 が、ここで意外にも6枚目の土地=《踏み鳴らされる地》タップインで返した市川。斉藤も一瞬判断に迷うが、どのみち手札は《沼》なのだと割り切り、手札を空にしつつ《群れネズミ》を増やしていく。

 そう、それこそが市川の狙いだった。

 1ターン溜めた《ミジウムの迫撃砲》超過が斉藤のネズミを焼き尽くす!!

 そのまま無人の荒野を《モーギスの狂信者》がアタックし始めると、斉藤も残り少ないライフを《地下世界の人脈》に捧げてブロッカーを探しにいくしかない。

 エンド前に起動、ターンに入って通常ドロー、さらにメインで追加ドロー。残りライフは1。

 最後のドローは、『信心』の足りない《死者の神、エレボス》だった。

斉藤 0-1 市川

Game 2

 お互い7枚キープだが、斉藤は3ターン目まで《沼》を置くのみ。

 それもそのはず、斉藤は赤いデッキ特有のアグロな回りを捌くため、単体除去を山ほど抱えてキープしたのだ。

 だが、市川はそんな斉藤のキープを読み切った展開を見せる。



 まずは後手3ターン目に《ドムリ・ラーデ》。そしてこれが《英雄の破滅》されないとみるや、続けてキャストされたのは《紅蓮の達人チャンドラ》!!

 斉藤、キープを完全にすかすこのプレインズウォーカー連打に、何もすることができない。

 《モーギスの狂信者》《ファリカの療法》するが、ようやく引き込んだ《群れネズミ》は余裕十分に《ミジウムの迫撃砲》超過で薙ぎ払われてしまい、除去だけを抱えたまま何もすることができない。

 そしてついに《ドムリ・ラーデ》の奥義が発動する。

 《パーフォロスの槌》まで置かれて、『速攻』『二段攻撃』『呪禁』『トランプル』を得た《嵐の息吹のドラゴン》が一挙に2体(!)走ると、斉藤は市川に手を差し出したのだった。

斉藤 「頑張って!優勝してきて!」

市川 「おう!」

 市川、The Last Sun決勝戦へ!

斉藤 0-2 市川