準決勝: 佐藤 建治(東京) vs. 小川 翼(東京)

晴れる屋

晴れる屋



By Kazuya Hirabayashi


あと二つ。

これから始まる準決勝が終われば、いよいよ挑戦者を決定するための最後のマッチだ。


現”レガシー神”である川北 史朗も見守る中、フィーチャーテーブルにて準決勝が開始された。





Game 1


スイスラウンドの順位により佐藤が先手。

既に佐藤のデッキをANTと知る小川は《死儀礼のシャーマン》《剣を鍬に》で構成された初手をマリガンする。

コンボ相手の後手番とあっては、対応出来る初手を求めてマリガンするしかない。

事前情報が功を奏した形ではあるが、だからといって望んだ手札が来るわけでもなかった。

結果ダブルマリガンからの開始となってしまう。


まずはといった感じで、佐藤のピッチ《ギタクシア派の調査》からゲームが始まった。

《Tropical Island》
《溢れかえる岸辺》
《ヴェンディリオン三人衆》
《思考囲い》
《突然の衰微》

少なくなった小川の手札を確認すると、《汚染された三角州》から《Underground Sea》をフェッチからの《定業》

しかも2枚ともライブラリートップである。おそらく佐藤は生きた心地がしなかったであろう。


ターンが回ってきた小川は、手札通りに《思考囲い》を。

《Badlands》
2 《ライオンの瞳のダイアモンド》
2 《思案》
《苦悶の触手》

《定業》でキープされたカードは気になるが、さりとてライブラリーに触れるわけでもない。

《苦悶の触手》を捨てさせ、ターンを返す。


佐藤の第2ターンは《思案》からの《陰謀団式療法》《ヴェンディリオン三人衆》を指定)。

これに小川は《思案》を撃つ以外のアクションを起こせず、佐藤は自身のターンに入り長考。




佐藤 建治 


そう《冥府の教示者》があるため決めにはいけるが、ドローと《思案》分をどう捉えるか。

だが佐藤はアクセルを踏み込んだ。


《思案》《暗黒の儀式》→2枚の《ライオンの瞳のダイアモンド》

そして《冥府の教示者》

…小川のレスポンスは無かった。


ここから導かれるは、当然の《炎の中の過去》

墓地から《暗黒の儀式》に2枚の《ギタクシア派の調査》が続き、《汚物の雨》によるさらなるマナ加速。

一度はディスカードされた《苦悶の触手》が小川のライフを吸い尽くした。


佐藤 1-0 小川



小川 「さすがにメインは《Force of Will》無いから無理ー」

ある意味メインは落として当然ともとれる発言だが、だがこれは裏を返せばサイドボードに《Force of Will》があるということだ。

4枚の《Force of Will》に加えて《翻弄する魔道士》

小川、星を取り返せるか。



Game 2


今度はお互いマリガンも無く、小川の《コジレックの審問》から2本目が始まる。

《渦まく知識》
《強迫》
《陰謀団の儀式》
《ギタクシア派の調査》
《水蓮の花びら》
《Tropical Island》
《汚染された三角州》

公開されたこの手札からは《強迫》を。

妨害よりも自身への干渉手段を選ぶ辺り、1本目とは違い手札の強さを感じさせる一手だ。

佐藤はトップデッキしてきた《定業》で見たカードを全て下へ送る。


第2ターン、小川は《潮の虚ろの漕ぎ手》を続け《渦まく知識》をキャッチ。

佐藤に思うような行動を取らせない。


これに対しマナを払いながらの《ギタクシア派の調査》しか出来なかった佐藤を尻目に、小川は佐藤のドローステップに《ヴェンディリオン三人衆》

《炎の中の過去》をももぎ取り、徹底的な妨害を敢行する。


佐藤は抜かれた《炎の中の過去》を除き全てマナソースの手札だったのだが、引いてきたのが《思案》

フェッチランドを駆使して2枚目の《思案》にも繋げ、必死に手札を回復させる。


ここでリソースを切らしかかっていた小川だが、《渦まく知識》からダメ押しの《潮の虚ろの漕ぎ手》

何と開始ターンから4連続の手札破壊である。

唯一マナ以外のカードだった《ギタクシア派の調査》を奪い、場には7点分のクロック。さすがに決まったか。



小川 翼 


だが手札破壊に触られぬ聖域、それがライブラリートップである。

《暗黒の儀式》《暗黒の儀式》《水蓮の花びら》《陰謀団の儀式》、佐藤がライブラリートップに隠していたのは《燃え立つ願い》

呼び出されるのは再びとなる《炎の中の過去》


とはいえ佐藤も楽ではない。

ゲームを覆す下地は出来たものの、《燃え立つ願い》《炎の中の過去》により色マナが不足してきている。

現時点で墓地に落ちているドロー操作を撃ち切ることが出来ないからだ。


祈るように撃つ《思案》からは《ライオンの瞳のダイアモンド》が。

これにより最初のハードルをクリア。次に必要なものは勝つための何かだ。


既に知るトップをリフレッシュするために《定業》を使うと続けて《思案》

ライブラリートップの3枚を確認するとシャッフルを選択。それもそうだそんな簡単に引けるわけが…


冥府の教示者



凍り付く小川。最後に勝負を決めたのはあろうことか自身のカットだった。

《冥府の教示者》からの《苦悶の触手》、これこそまさにANTの黄金パターン。



佐藤 2-0 小川


小川 翼の4ターン連続手札破壊をも跳ね返し、ANTの佐藤 建治が決勝戦に進出!