準々決勝: 鈴池 文康(東京) vs.佐藤 建治(東京)

晴れる屋

晴れる屋



By Wataru Otsuka


予選ラウンド8回戦を勝ち抜いた両者だが、「神」に挑戦できるのは決勝を勝ち抜いた1人だけ。

鈴池はURデルバーにタッチ黒をしたクロックパーミッション。
対して佐藤は《燃え立つ願い》入りANT。

鈴池は相手のハンデスをかわしつつ殴りきれるか、佐藤は数多のカウンターをかいくぐれるか、という戦いである。





Game 1


スイスの順位により佐藤が先手。両者7枚のハンドをキープ。

佐藤、まずは《強迫》で様子見。コンボデッキであることを知られたくないのか、ドローソースばかりの手札から《ギタクシア派の調査》を抜く。

鈴池も友好打を引けず、両者のにらみ合いが続きターンが進む。

その後鈴池、引いてきた《ギタクシア派の調査》をキャスト。
佐藤の手札には《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》《陰謀団の儀式》《燃え立つ願い》などの怪しげなパーツが。ここで佐藤のデッキがANTとわかる。鈴池、これを丁寧にメモ。
そして《思案》で手札を整え、ターン終了を宣言。

続く佐藤のターン。《ギタクシア派の調査》をキャスト。
鈴池の手札は《Force of Will》《目くらまし》《稲妻》×2・《時を越えた探索》と一見隙がない手札。
ここでしばらく考える佐藤。



佐藤 建治 



そして、勝負に出る。
ゆっくりと《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》を2枚セット。これが通ると、《暗黒の儀式》。これに鈴池は《目くらまし》を当てるが、佐藤は土地を1つ寝かせて支払う。

続いて《陰謀団の儀式》をキャスト。これにスタックで《水蓮の花びら》を砕いて、ちょうどスレッショルドを達成する。

鈴池、これを全て通す。佐藤のマナ・プールには十分なマナが。
そしてそこから《燃え立つ願い》をキャスト。これは見えていた《Force of Will》で対処される。

しかし、ここで佐藤の攻撃は終わらない。《燃え立つ願い》をカウンターされた佐藤は続いて《炎の中の過去》。隙を生じぬ二段構え。

悩む鈴池。手札にカウンターはもう無い。フェッチを切り、《時を越えた探索》の7枚に望みを託す。
しかし何もなかった様子の鈴池。フーッ息を吐き、静かに《炎の中の過去》を通した。
佐藤は再度《ギタクシア派の調査》。鈴池の手札にはやはりカウンターはない。ストームを稼ぎ、《燃え立つ願い》から《苦悶の触手》





鈴池は表情を変えず、何事もなかったかのようにデッキを片付けた。


鈴池 0-1 佐藤




お互いにサイドボードは熟練した動きを見せる。入れるカード、抜くカードは分かっているようだ。


Game 2


鈴池はキープ。
佐藤はマリガンを選択。しかし、マリガン後のハンドはあまり良くないようだ。顔を少し歪め、キープを宣言。

鈴池は《秘密を掘り下げる者》からスタート。天国へのカウントダウンが始まる。

佐藤はライフを払って《ギタクシア派の調査》2回。ドローを進めたい様子だ。
そして《水蓮の花びら》を置いてエンド宣言。土地がない。

続く鈴池のターン。《秘密を掘り下げる者》は変身せず。
しかし《思案》を唱え、次の変身を確実にする。

続けて《陰謀団式療法》。指定は《冥府の教示者》
佐藤の手札から見えたのは《渦まく知識》《思案》《汚物の雨》《陰謀団の儀式》《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》《水蓮の花びら》
佐藤はドローしてエンド。まだ仕掛けられない。

鈴池の《秘密を掘り下げる者》は予定通りの変身。佐藤のライフを削っていく。

さらに2度目の《陰謀団式療法》。鈴池は見えていた《渦まく知識》を指定し、《秘密を掘り下げる者》を追加してターン終了。

佐藤はようやく1枚目の土地となるフェッチランドを引いた。即切って《Underground Sea》から《思案》。シャッフルを選択。

鈴池はデッキトップから《時を越えた探索》が見え、2体目も変身。《秘密を掘り下げる者》達が無慈悲にライフを削る。

続いて《若き紅蓮術士》からの、《秘密を掘り下げる者》を生贄に捧げ《陰謀団式療法》フラッシュバック。《陰謀団の儀式》指定する。トークンから2枚目もフラッシュバックして、前のターン《思案》で引いていた《冥府の教示者》をディスカード。





鈴池はターンを返し、佐藤は《ギタクシア派の調査》で手札を確認。《目くらまし》《渦まく知識》《時を越えた探索》

佐藤、勝負。

《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》から《水蓮の花びら》、そして《汚物の雨》。佐藤、《水蓮の花びら》の場に残し、《冥府の教示者》キャスト。トップしていた。フルタップの鈴池、通す。

持ってきたのは《炎の中の過去》。しかし浮かせられるマナは《水蓮の花びら》のマナのみ。鈴池の《目くらまし》によって浮かせられるマナなくなってしまう。

佐藤は苦い顔をして投了を選択した。

佐藤 「ミスった!《陰謀団式療法》フラッシュバック2連続の前に仕掛けられたのに」

マナ計算を間違えてしまった佐藤。勝負は第3ゲームに持ち越された。


鈴池 1-1 佐藤



Game 3


お互い7枚キープで運命の分かれ道、最後のゲームが始まる。

最初に動いたのは鈴池。
《若き紅蓮術士》から《ギタクシア派の調査》
見えたのは《暗黒の儀式》《強迫》《冥府の教示者》《渦まく知識》《沼》《水蓮の花びら》。強い手札だ。



鈴池 史康 



続く佐藤のターン、《強迫》でジャブ。《秘密を掘り下げる者》《渦まく知識》×2《時を越えた探索》《目くらまし》《Force of Will》を落とし、残るカウンターは《目くらまし》のみ。

佐藤、続いて《渦まく知識》からの《ギタクシア派の調査》。ストームを稼ぎに行く。

鈴池は長考するが、通すしか無い。

《暗黒の儀式》から《強迫》。鈴池、《目くらまし》を打つも佐藤の浮きマナは十分。《陰謀団の儀式》《冥府の教示者》から《苦悶の触手》。これでストームはピッタリ10。

鈴池 「しゃーなし」


鈴池 1-2 佐藤



佐藤 建治、準決勝進出!