準々決勝: 名出 和貴(東京) vs. 松田 幸雄(東京)

晴れる屋

晴れる屋



By Kouhei Yamashita


名出の赤白ミッドレンジは、運命再編から《魂火の大導師》《前哨地の包囲》という核になるカードを得て急速に広まったアーキタイプである。

先日の【グランプリメンフィス2015準優勝レシピ】の75枚コピーを携えた名出。
なんとマジックを初めてまだ一月程度という事だが、7-1-1という素晴らしい戦績でベスト8に残っている。

一方松田のシディシウィップ、『運命再編』以後は若干鳴りを潜めていた感があるか。
しかし必須パーツとされている《クルフィックスの狩猟者》の大胆な不採用。
さらに《漂う死、シルムガル》《奔流の精霊》という新戦力のチョイスや、コントロール然と振る舞うであろうサイドボード構成など、かなりやり込んできている様子だ。

新鋭の赤白と古豪のシディシウィップ、「神」への挑戦権に駒を進めるのは果たしてどちらだろうか。





Game 1
スイスラウンド上位の名出が先手を選択。
後手の松田はマリガン、さらに《サテュロスの道探し》2枚はあるが緑マナの無い手札を再度マリガン。
占術土地と《森の女人像》を含む5枚をなんとかキープする。

名出は《魂火の大導師》《道の探求者》《前哨地の包囲》と流れるように展開。
「果敢」の後押しで《森の女人像》では止まらない。

《前哨地の包囲》がさらなる《前哨地の包囲》を導き、場には「カン」と「龍」の包囲が揃う。


前哨地の包囲前哨地の包囲



なんとかクロックを残して手札の《エレボスの鞭》を生かしたい松田だが、2枚の《岩への繋ぎ止め》がそれをも許さない。
やがて《ゴブリンの熟練扇動者》から溢れ出るトークンが松田のライフを速やかに削り切った。


内出 1-0 松田



軽い火力を全て抜き《龍語りのサルカン》《嵐の息吹のドラゴン》という重いカードで勝負を目論む名出。
一方の松田は《スゥルタイの魔除け》《再利用の賢者》をわずかに入れるに留める。



Game 2
先手の松田は《血の暴君、シディシ》《エレボスの鞭》が揃っている手札、やや序盤の展開に不安はあるだろうが7枚でキープする。

先に動くのは軽い赤白の名出、《道の探求者》から《ゴブリンの熟練扇動者》
《かき立てる炎》を絡めて松田の《血の暴君、シディシ》2連打を捌きながら着実にライフを削っていく。



名出 和貴 



しかし松田も《血の暴君、シディシ》3号を引き込んで耐える。
ちなみにここまで松田の《血の暴君、シディシ》はハズレ無しである。
ゾンビトークンが1体でも出ていなければ名出はもっと楽にビートダウンできている。
思えばあの数枚に留めたサイドボーディングは、デッキのクリーチャーの数を保つためだったのだろうか。

地上が駄目ならと、名出もサイドインした《嵐の息吹のドラゴン》展開。
続いてさらにドラゴン2体目!
これを《ニクスの織り手》でチャンプブロックしながらの《残忍な切断》と、ギリギリのところで耐える。

松田もやられっぱなしでは無く《エレボスの鞭》で「絆魂」を得た《血の暴君、シディシ》が殴り、するとやはりゾンビが増える。

そして勝負となるターンである。
ライフ5の松田に対して《龍語りのサルカン》が加わった2体の4/4飛行が襲い掛かりゲームセットかに見えたが、名出は横にいた《道の探求者》もレッドゾーンに進めていた!
この地上クリーチャーを松田は冷静にゾンビ2体でブロックし、「絆魂」で4点を得てライフを1残す。

値千金のライフを残した松田は《女王スズメバチ》《エレボスの鞭》の能力でリアニメイトし、場を制圧するとともにライフを火力圏外へと逃がす。
あとは《血の暴君、シディシ》《エレボスの鞭》というデッキ名を体現するシナジーが、緩やかに名出を介錯した。


名出 1-1 松田




Game 3
《魂火の大導師》《森の女人像》が向かい合うGame1を思わせる立ち上がり。
しかし名出、今回は鍵となる《前哨地の包囲》が無い。

対する松田は4マナ、5マナと土地を置くのみ。
《血の暴君、シディシ》を連打していたGame2と同じデッキとは思えない。
《嵐の息吹のドラゴン》は的確に《英雄の破滅》で除去する。

そして6マナに到達した松田は叩き付けるように《漂う死、シルムガル》
名出は手札の《軍族童の突発》をキャストできない。


漂う死、シルムガル



そして攻勢は松田の「外さない」《血の暴君、シディシ》が殴り始める。

これを名出は《勇敢な姿勢》《魂火の大導師》で再利用しながら、《道の探求者》を3/3にして打ち取ろうとするが、そこには《残忍な切断》が刺さる。
そしてさりげなく「探査」で取り除いていた《奔流の精霊》がゲーム外からプレイされる。

《漂う死、シルムガル》の-1/-1能力のせいでまともな戦闘がさせてもらえない名出を、ゾンビの群れが喰らいつくした。



松田 幸雄 



名出 1-2 松田