津村健志の『ニコニコ超会議2015』レポート

津村 健志

津村 健志



こんにちは!

先週末は【ニコニコ超会議2015】に参加してきました(*^_^*)





このイベントは毎年本当に楽しみにしているイベントで、今年も参加させていただけてなによりです!

そしてそして!今年のマジックブースには、これまでにないすごい催し物が!




そうなんです!今年のマジックブースはマジックとバスケを融合させたスペシャル企画!

題して、【マジック×バスケやってみた!】(^o^)

おそらく、この文章だけではどんなゲームか全く想像ができないと思いますが、【公式ページ】によりますとこんな感じのルールです。


(1)マジックタイム5分
(2)バスケタイム1分(シュートして入ったら1点。スリーポイントシュートなし)
(3)バスケタイムが終了したとき、そのバスケタイムで得点の多かったチームのプレイヤー1人は、『対戦相手1人は、その点差に等しいライフを失う。』または『あなたは、その点差に等しいライフを得る。』を選ぶ。
(4)勝負がつくまで1~3を繰り返す。


正直このルールを見ても、バスケがどれくらいゲームに影響を与えるかさっぱりでしたが、きっとマジックの比重が大きいんだろうなと思いつつ、みんなで会場へ!

マジックブースに着くと、豪華5名もの「プレインズウォーカー」がお出迎えしてくれました♪





そしてその横には、マジックのフィーチャーエリアとバスケットコートが融合した謎スペースが!(笑)





実際に対戦してみると、予想通りバスケットの影響は大したことなく、1回戦目は普通にマジックで負けました。やっぱり大切なのはマジックかと思っていたその刹那!!






24点……?(´・ω・`)


僕の2回戦目の対戦相手の方がバスケット経験者だったようで、《クルフィックスの狩猟者》《包囲サイ》のライフ回復もむなしく、瞬殺されました(/_;)

ここら辺りからバスケットで決着がつくゲームが多発し始め、「バスケバーン」・「バスケキル」という謎の言葉が誕生

さらにそれを加速させたのが、【シェンハー】【ジェンセン】の海外勢コンビでした。




「シェンハー・ストーム」・「ジェンセン・ストーム」と、これまた謎な言葉が誕生するほどに卓越した彼らの技術……。(※バスケの)

1分間で【30点】やら【40点】を叩き出すその様に、我々は言葉を失いました。特にジェンセンは1分間ずっとダンクし続けたりと、やりたい放題(;・∀・)

僕もジェンセンと対戦したんですが、バスケの得点を僕だけ3倍にしてもらっても負けました(笑)

試合自体はすごく良いゲームだったので、今度はぜひプロツアーで当たりたいなぁと思ったり。

そんな感じで、イベントは終始楽しく進行し、無事にフィナーレを迎えました。

最後のゲームでも55点もの「バスケダメージ」を受けて派手に散りましたが、本当に楽しいイベントでした!

参加してくださったみなさん、このイベントを支えてくださったみなさんに感謝です。

初日・2日目ともにタイムシフトでご覧いただけますので、お時間のある方はぜひご覧になってみてください♪


【マジック×バスケやってみた!@ニコニコ超会議2015[DAY1]】
【マジック×バスケやってみた!@ニコニコ超会議2015[DAY2]】



■ RPTQ結果


土曜日に開催された【プロツアー・バンクーバー2015地域予選 東京大会】

日本で初めてのRPTQとなりましたが、藤村 和晃君や中道 大輔さんといった強豪プレイヤーが見事に権利を勝ち取っています。


藤村 和晃「アブザン・コントロール」
プロツアー・バンクーバー2015地域予選 東京大会(4位)

2 《森》
2 《平地》
4 《吹きさらしの荒野》
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
4 《静寂の神殿》
3 《ラノワールの荒原》
2 《コイロスの洞窟》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(26)-

4 《羊毛鬣のライオン》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
2 《黄金牙、タシグル》

-クリーチャー(14)-
4 《思考囲い》
4 《アブザンの魔除け》
4 《英雄の破滅》
1 《骨読み》
1 《完全なる終わり》
2 《命運の核心》
3 《太陽の勇者、エルズペス》
1 《精霊龍、ウギン》

-呪文(20)-
4 《悲哀まみれ》
3 《強迫》
2 《アラシンの僧侶》
2 《ドロモカの命令》
2 《究極の価格》
2 《骨読み》

-サイドボード(15)-
hareruya





中道 大輔「アブザン・ミッドレンジ」
プロツアー・バンクーバー2015地域予選 東京大会(2位)

3 《森》
2 《平地》
4 《吹きさらしの荒野》
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
3 《静寂の神殿》
3 《ラノワールの荒原》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(24)-

4 《サテュロスの道探し》
4 《棲み家の防御者》
4 《死霧の猛禽》
4 《包囲サイ》
4 《囁きの森の精霊》
2 《黄金牙、タシグル》

-クリーチャー(22)-
4 《思考囲い》
3 《究極の価格》
3 《アブザンの魔除け》
2 《見えざるものの熟達》
2 《真面目な訪問者、ソリン》

-呪文(14)-
3 《アラシンの僧侶》
3 《悲哀まみれ》
2 《高木の巨人》
2 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
2 《勇敢な姿勢》
1 《強迫》
1 《英雄の破滅》
1 《残忍な切断》

-サイドボード(15)-
hareruya


このふたつのデッキは本当に素晴らしいリストだと思います。特に【アブザン・コントロールを使っている身】としては、藤村君のリストには感銘を受けました。

今の【エスパー・ドラゴンコントロール】過多のメタゲームを考慮して、《対立の終結》ではなく《命運の核心》を採用したり、メインボードでは「赤単」デッキを切る画期的なリストに仕上がっています。

一方の中道さんのデッキも、《棲み家の防御者》《死霧の猛禽》タッグを最大限に有効活用した意欲作。同じく《棲み家の防御者》《死霧の猛禽》を使用した【ウェスコーのリスト】と同様に、今後の活躍に期待ができるナイスデッキですね。

棲み家の防御者死霧の猛禽

個人的に「アブザン」が好きだというのもありますが、それを度外視しても素晴らしいリストだと思います。

もちろん、他にも素晴らしいデッキやテクニックがたくさんあるので、ぜひ【トップ8デッキ】をご覧になってみてください!




さて、今晩は【津村健志のゴキゲン!MO生活】です!

気付けばこの放送も1周年。これもみなさまのご愛顧あってこそです!いつもご視聴いただき、本当にありがとうございます(^◇^)

今夜は感謝の気持ちを込めたプレゼント企画と、話題沸騰中(?)のデッキを使用予定です♪

お時間のある方はぜひご覧ください!


『津村健志のゴキゲン!MO生活』は【こちら】から! チャンネルのお気に入り登録もお願いします♪        ↓   ↓   ↓



コガモ