ジェレミー先生のドラフト教室 -『モダンホライゾン』

Jeremy Dezani

Jeremy Dezani

Translated by Nobukazu Kato

原文はこちら
(掲載日 2019/07/26)

『モダンホライゾン』のピック解説

みなさんこんにちは。

普段は「Hareruya Prosと一緒にドラフトしよう!」というシリーズで4名のHareruya Prosに8ピック目まで行ってもらい、彼らの意見の違いに焦点を当てたコンテンツを執筆しています。しかし今回は趣向を変え、私自身のピックを解説することにしました。各パックの8手目までをそれぞれコメントしていきましょう。

1パック目

1手目

薄氷の上霜歩き砦サディストの執着捧げ物の魔道士凍て虫
締めつける綱フェアリーの予見者精神の掻き寄せ炎恐怖症厄介払い
霧氷守り凶暴な一振り春花のドルイド自在自動機械冠雪の山

ピック:《炎恐怖症》

《フェアリーの予見者》は青黒忍者で最高の1マナ域ですが、主に青黒で有効なだけで他の青いデッキでも抜群に良いというわけではありません。《凶暴な一振り》《春花のドルイド》も評価が高いカードですが、ここは《炎恐怖症》を取ろうと思います。《新月の忍者》など、多くのクリーチャーを対処できる呪文です。

2手目

ミラディン包囲戦ゴブリンの女看守再建捧げ物の魔道士アズラの煙纏い
エルフの憤激フェアリーの予見者地操術士の計略ゴブリンの勇者第六隊の騙し屋
変容の軍勢大クラゲ母熊冠雪の森

ピック:《大クラゲ》

《大クラゲ》おそらくセット全体で見てもベストコモンでしょう。このパックのアンコモンとレアは大したことがないですし、赤も際立ったカードがないので、迷う要素はほとんどないですね。

3手目

選ばれしものの食刻過大な贈り物独創のタリスマン金粉の光首無し死霊
炎血の精霊ムラーサのビヒモスオークの厄介者震足サイクロプス樹上の伏兵
自在自動機械イボ眼の魔女冠雪の島

ピック:《炎血の精霊》

《炎血の精霊》は大好きなカードです。大抵は2:1交換になりますし、ドラフトの早い段階からピックしておけば土地を墓地に送る手段もピックしやすくなるでしょう。

4手目

産み落とす太枝解体の一撃アズラの煙纏いボガーダンの龍心エルフの憤激
ミルカイト炎の拳首無し死霊オークの厄介者セゴビアの天使
ツリーフォークの陰影冠雪の山

ピック:《オークの厄介者》

《ボガーダンの龍心》《山羊盗り》はコンボであり、どちらも卓で流れやすいカードです。4手目でピックするのはまだ早過ぎますから、《ミルカイト》《オークの厄介者》の方が優先度が高いと思われます。すでに質の高い赤のカードを2枚ピックしているので、大きな役割は期待できませんが《オークの厄介者》を取ります。

5手目

変わり身ののけ者掘削するアヌーリッドミルカイト炎の拳殺到
啓示の雨蓋世徴用厄介払い多角ミノタウルス千本刀の壁
冠雪の沼

ピック:《殺到》

《変わり身ののけ者》《フェアリーの予見者》と同じ問題があり、青黒では一級品ですがその他デッキでは平凡なカードになります。非常に遅めの順手まで流れてきた《殺到》をピックしましょう。黒が空いている可能性はあると思います。

6手目

捧げ物の魔道士叶えられた祈りボガーダンの龍心胆液の泉研究室荒らし
厄介払い奮起の演説ツリーフォークの陰影梅澤の魔除け冠雪の山

ピック:《冠雪の山》

パック内で最強のカードは《叶えられた祈り》であるものの、ここまでピックしたカードとは相性が良さそうではありません。意外かもしれませんが、《冠雪の山》を選ぶことにします。最終的に、緑の《霧氷守り》や青の《冬の休眠》を使うことになった場合に有用です。

7手目

解体の一撃第一球層のガルガンチュア炎血の精霊蓋世徴用春花のドルイド
思考の流れ棘竜巻樹上の伏兵信頼できる斥候

ピック:《炎血の精霊》

7手目にしてはあまりにも強いカードが流れてきました。2枚目の《炎血の精霊》を取りましょう。《春花のドルイド》が同じパックに入っていてピックできなかったのは残念ですね。

8手目

小走りスリヴァー自然の詠唱新月の忍者禁制春花のドルイド
奮起の演説棘竜巻風呼びのエイヴン

ピック:《春花のドルイド》

気にすることはありませんでしたね。別の《春花のドルイド》が回ってきました。現時点の構想は、赤緑タッチ青です。

9~15手目

冠雪の山捧げ物の魔道士震足サイクロプスエルフの憤激
多角ミノタウルス厄介払い信頼できる斥候

2パック目

1手目

起源群れの王隔離されたステップ花の壁誘惑の洞窟
肉裂きスリヴァーゴブリンの勇者ゴブリンの戦闘隊思案する魔道士研究室荒らし
避難悪ふざけ魂拳の技双子絹蜘蛛冠雪の平地

ピック:《花の壁》

《起源》《花の壁》で非常に迷いますね。ここまでのピックでは《起源》を悪用できそうにもないので、《花の壁》を選ぶことにしますが、ピックミスの可能性もあるでしょう。《起源》を何度か使われたことがありましたが、恐るべきカードでした。

2手目

冥界のスピリット農場の収穫者アンデッドの占い師アーカムの天測儀刃背スリヴァー
フロストワラ地操術士の計略ゴブリンの勇者啓示の雨霧氷守り
魂拳の技梅澤の魔除けイボ眼の魔女冠雪の森

ピック:《霧氷守り》

冠雪の基本土地をピックしてきた甲斐がありました。能力が使えればゲームに大きな影響を与えるクリーチャーです。氷雪であればクリーチャーをアンタップできるのもポイントになります。

3手目

ケイヤの手管仮定の粉砕明日の見張り締めつける綱ゴブリンの勇者
首無し死霊大クラゲムラーサのビヒモス禁制セゴビアの天使
胞子カエル千本刀の壁冠雪の平地

ピック:《大クラゲ》

2枚目の《大クラゲ》をピックできたので、青をタッチする理由が増えました。3手目で最強のコモンが流れてきたのはとても嬉しいですね。

4手目

エラダムリーの呼び声除外孤立した砂州第一球層のガルガンチュア首無し死霊
自然の詠唱新月の忍者魂拳の技奮起の演説思考の流れ
樹上の伏兵冠雪の山

ピック:《孤立した砂州》

墓地に土地を送る手段を探していましたが、条件にピッタリのカードが流れてきました。また、今回のデッキは戦場に青マナ源を2つ確保する必要性はなさそうなので、余分な青マナになった場合に「サイクリング」できる《孤立した砂州》はありがたいですね。

5手目

ナントゥーコの養成者喉追いアズラの煙纏い炎の拳マグマの陥没孔
セゴビアの天使思考の流れ一連の消失吠え象の群れヴィーアシーノの砂駆け
イボ眼の魔女

ピック:《吠え象の群れ》

《ナントゥーコの養成者》をピックして墓地に土地を送れるようにしたいところですが、《吠え象の群れ》を見逃すわけにはいきません。《炎血の精霊》と同様に2:1交換ができるカードですからね。

6手目

過大な贈り物持久スリヴァー溶岩の投げ矢研究室荒らし厄介払い
春花のドルイド思考の流れ一連の消失イボ眼の魔女冠雪の山

ピック:《春花のドルイド》

青タッチを安定させたり《炎血の精霊》のマナを軽減するためにも、2枚目の《春花のドルイド》はまさに求めているものでした。1枚だけでは心許なかったですし、今回のデッキならば最低でも2枚は必須だったでしょう。

7手目

聖なる顔貪欲な巨人夕暮れヒバリアズラの煙纏い旧ベナリアの騎士
精神の掻き寄せ敏捷なマングース炎恐怖症冠雪の沼

ピック:《炎恐怖症》

これだけ遅い順手で《炎恐怖症》が流れてくるということは、赤をやっているプレイヤーはほとんどいないはずです。下家のプレイヤーたちが、私が1パック目に送っていたシグナルを汲み取ってくれたのでしょう。お気付きだと思いますが、1パック目の1手目に取ったカードが2パック目の7手目に流れてきたことになります。

8手目

過去の刈り取り狡猾な回避聖列のタリスマン第一球層のガルガンチュアゴブリンの勇者
氷山のカンクリックスツリーフォークの陰影冠雪の沼

ピック:《過去の刈り取り》

信じられないですね。《過去の刈り取り》はカードアドバンテージを獲得することに卓越した呪文であり、デッキのメインカラーと合致しています。8手目でピックできたので大きく報われましたね。初手でも取っていた可能性があると思います。

9~15手目

隔離されたステップアーカムの天測儀冠雪の平地樹上の伏兵
イボ眼の魔女思考の流れ聖なる顔

3パック目

1手目

不確定な船乗り氷河の啓示魂寄せ独創のタリスマン掘削するアヌーリッド
ミルカイト炎の拳胆液の泉首無し死霊大クラゲ
月刃の忍び無謀なる突進蓋世徴用ヴィーアシーノの砂駆け冠雪の山

ピック:《魂寄せ》

《魂寄せ》はピックしてきたクリーチャーと見事なコンボになります。《大クラゲ》2枚、《春花のドルイド》2枚、《炎血の精霊》2枚、《花の壁》1枚を取ってきましたからね。《冠雪の平地》がピックできているので、唯一の白タッチ要素となるかもしれません。このカードはそれほどまでに強いのです。

2手目

夢吸いイカ反発のタリスマンウルザの激怒誘惑の洞窟エルフの憤激
ゴブリンの戦闘隊首無し死霊自然の詠唱研究室荒らし全可能性の究明
避難胞子カエル吠え象の群れ冠雪の山

ピック:《吠え象の群れ》

緑のベストコモンである《吠え象の群れ》の2枚目を取りましょう。《ウルザの激怒》もありますが、今回のデッキには《吠え象の群れ》の方が合っていると思います。

3手目

活性の力忌まわしきツリーフォーク針葉樹ワーム誘惑の洞窟第一球層のガルガンチュア
炎の拳金粉の光山羊盗り母熊啓示の雨
胞子カエル冬の休眠冠雪の森

ピック:《冬の休眠》

《忌まわしきツリーフォーク》《針葉樹ワーム》《冬の休眠》という魅力的なものが3種も揃っているので、頭を抱えたくなりますね。

どれも氷雪に関連するカードですが、今のデッキに欲しいのは大きなサイズのクリーチャーを対処できる除去だと思われますので、《冬の休眠》に心を決めました。氷雪パーマネントが少なくても機能する点も評価に値します。

4手目

次元縛りの共謀者氷皮ゴーレム聖列のタリスマンボガーダンの龍心第六隊の騙し屋
自然の詠唱禁制蓋世徴用全可能性の究明ツリーフォークの陰影
有毒な変わり身冠雪の沼

ピック:《氷皮ゴーレム》

欲しいカードが見当たらないパックです。1マナ2/2である《氷皮ゴーレム》を取りますが、おそらくデッキに入らないでしょう。

5手目

接合者の技法リスの巣アズラの煙纏い肉裂きスリヴァー旧ベナリアの騎士
自然の詠唱幻影変化凶暴な一振りシルムガルの腐肉あさり自在自動機械
冠雪の平地

ピック:《リスの巣》

《リスの巣》は盤面を広げ、毎ターンカードアドバンテージを獲得できるため、単体でも強力なエンチャントです。緑だったら使うべきカードでしょう。

6手目

貪欲な巨人巣網編みの変わり身暴食するナメクジゴブリンの勇者敏捷なマングース
胞子カエル奮起の演説棘竜巻イボ眼の魔女風呼びのエイヴン

ピック:《巣網編みの変わり身》

デッキに欲しいカードが回ってきました。墓地にクリーチャーを3体以上送るという条件は現状では達成しづらそうですが、緑のデッキならば優秀なサイズで到達を持っているだけでも十分です。

7手目

産み落とす太枝選ばれしものの食刻叶えられた祈り暴食するナメクジ自然の詠唱
ツリーフォークの陰影吠え象の群れ千本刀の壁紆余曲折

ピック:《吠え象の群れ》

《吠え象の群れ》をピックし過ぎなんてことがあるのでしょうか?少なくとも3枚で取り過ぎということはないでしょうから、ここでも確保しておきます。

8手目

愚者の饗宴者敏捷なマングース思考の流れ棘竜巻梅澤の魔除け
発掘イボ眼の魔女冠雪の沼

ピック:《棘竜巻》

《棘竜巻》は青赤スペルや《煙の覆い》を採用した忍者デッキに対して有効なサイドボードになります。

9~15手目

掘削するアヌーリッド反発のタリスマン冠雪の森冠雪の沼
肉裂きスリヴァー棘竜巻自然の詠唱

完成したデッキリストとまとめ

最終的に完成したデッキがこちらです。

ご覧いただいた通り4色のデッキを組み上げましたが、十分なマナサポートがピックできました。《島》《平地》を採用していることもあり、それでもなお緑や赤のダブルシンボルが若干捻出しづらいのですが、強力なカードをできる限り使うということを重視しました。

とはいえ、緑マナ源は10枚分確保してありますし、《捧げ物の魔道士》《反発のタリスマン》をサーチすることも可能です。赤マナ源に関しても《春花のドルイド》を介してアクセスできます。

結果は、青黒忍者を3度倒し余裕の3-0でした。

『モダンホライゾン』ドラフトは私が大好きなキューブドラフトのような印象を受けることもあります。本当に最高のドラフト環境ですよ。

ではまた次回お会いしましょう。

ジェレミー・デザーニ (Twitter / Twitch)

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jeremy Dezani

Jeremy Dezani 2013-2014年シーズンのプレイヤー・オブ・ザ・イヤー獲得プレイヤー。 プロツアー『テーロス』では、「青単信心」を使いこなし見事優勝の栄冠に輝いた実績を持つ。グランプリのトップ8入賞回数は14回にも上り、優勝3回、準優勝4回を記録している。 海外のプレイヤーとしては初のHareruya Pros加入となる。 Jeremy Dezaniの記事はこちら