ジェスカイファイアーズ完全攻略ガイド

Marcio Carvalho

Marcio Carvalho

(編集者注:この記事は3月14日(土)のMTGアリーナ2020年ミシック予選前に書かれたものです。

Translated by Kohei Kido

原文はこちら
(掲載日 2020/03/14)

最高デッキへの入門

みんなげんきかい?

休暇から戻ったタイミングで俺にとって最高のスタンダードデッキ、つまりジェスカイファイアーズについて話せるのはいい気分だね。おそらく最強デッキではないがお気に入りで、過小評価されては大会のたびに活躍し、俺の場合は先日決勝戦まで連れて行ってくれた

創案の火

みんなも知っていると思うけど、俺はこのデッキを使い世界選手権2019で準優勝となった。その後晴天のハワイで数日間の休暇を楽しみ、俺はミシック・ポイント・チャレンジへ出場することになる。そこでもこのデッキと再び戦うことにしたんだ。またもやデッキはかなり上手く機能してくれて、俺は10勝1敗という結果だった。今年のMPLレースのために貴重なミシックポイントをもたらしてくれたのだ。

休暇を楽しんでからのミシックチャレンジは10-1、いい気分だね

ミシック・ポイント・チャレンジで使ったデッキリスト

俺が使ったデッキリストはこれだ。

世界選手権2019が終わって加えた変化

メインデッキ

世界選手権の後に俺が加えた変化について語ろう。

エルズペス、死に打ち勝つ

マナを効率よく使いたいし、5枚目の土地で止まればそれで十分という時もあるから、《夢さらい》を採用する必要はなくなった。だから代わりに《エルズペス、死に打ち勝つ》を試すことにした。ジェスカイファイアーズで使うのは妙に思えるかもしれないが、このカードはとても強力で、もはや敗色濃厚な場面を挽回してくれることがある。さらにこのデッキではIII章で対象にとれるカードは全てフィニッシャー級であり、III章誘発の時点で勝負が決まる試合もあるくらいだ。

厚かましい借り手

俺が試すことにしたもう1枚のカードは《厚かましい借り手》だった。アグロデッキが数を減らしていると思ったからこいつを試すことにしたのさ。このカードの真実について語ろう。

このカードをジェスカイファイアーズで使おうと思わないでくれ!!!全くデッキに合ってないんだ!!

サイドボード

サイドボードにもいくらか変化を加えた。《神秘の論争》4枚は使っていてイマイチだと感じたため2枚に減らし、代わりに2マナ以下のクリーチャーを2枚足して序盤から相手に圧力をかけられるようにした

徴税人

2

義賊

2

どちらかを4枚ではなく、なぜ《徴税人》《義賊》を2枚ずつ使うことにしたのか複数の人に聞かれたね。4枚を分けたのには2つの理由がある。

今ジェスカイファイアーズが熱い理由

さあマルシオよ、答えなさい。今週末のMTGアリーナMIQでジェスカイファイアーズを使うべきか、否か。

これが俺の答えだ。

それは聞くまでもないだろ?

使うさ!ファイアーズは今とてもいい立ち位置だと思う。

なんでかって?

グランプリ・リヨン2020で赤単アグロが優勝しラクドスサクリファイスが台頭している今、俺が愛するファイアーズは両方に有利なんだから間違いなく正しい選択だ。バントランプとティムールアドベンチャーもほぼ互角のマッチアップだから、きっちりプレイして良い引きをすれば頂点へ登りつめるだろう。

轟音のクラリオンヘリオッドの介入

アグロデッキに対抗するためにメインデッキへ4枚目の《轟音のクラリオン》を戻し、《ヘリオッドの介入》を1枚入れるかもしれない。もう1人のファイアーズの達人、トニ・ラモス/Toni Ramosにこれを提案したら先週末のスタンダードチャレンジで圧倒的な強さを発揮し、10-0を達成していたよ。

エルズペス、死に打ち勝つ

俺が何か変えるとすれば、サイドボードを含めて2枚あることはとても重要だと思うので、サイドに1枚《エルズペス、死に打ち勝つ》を入れるだろうね(このデッキリストならたぶん2枚目の《解呪》と入れかえるだろう)。

最新のデッキリストとサイドボードガイド

みんなはサイドボードガイドを見るのが大好きだって知っているから、今週末に俺が使うデッキのサイドボードガイドを書いていくぞ。

赤単アグロ

対 赤単アグロ

Out

時を解す者、テフェリー 時を解す者、テフェリー 風の騎兵 風の騎兵
エルズペス、死に打ち勝つ

In

敬虔な命令 敬虔な命令 徴税人 徴税人
霊気の疾風

ミラーマッチ

対 ミラーマッチ

Out

砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人
轟音のクラリオン 轟音のクラリオン 轟音のクラリオン 轟音のクラリオン
ヘリオッドの介入

In

神秘の論争 神秘の論争 神秘の論争 霊気の疾風
軍勢の戦親分 軍勢の戦親分 軍勢の戦親分 解呪
エルズペス、死に打ち勝つ

バントランプ

対 バントランプ

Out

砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人
轟音のクラリオン 轟音のクラリオン 轟音のクラリオン 轟音のクラリオン
風の騎兵 風の騎兵 ヘリオッドの介入

In

義賊 義賊 徴税人 徴税人
軍勢の戦親分 軍勢の戦親分 軍勢の戦親分 エルズペス、死に打ち勝つ
神秘の論争 神秘の論争 神秘の論争

アゾリウスコントロール

対 アゾリウスコントロール

Out

轟音のクラリオン 轟音のクラリオン 轟音のクラリオン 轟音のクラリオン
風の騎兵 風の騎兵 予見のスフィンクス 予見のスフィンクス
霊気の疾風 霊気の疾風 ヘリオッドの介入

In

義賊 義賊 徴税人 徴税人
軍勢の戦親分 軍勢の戦親分 軍勢の戦親分 エルズペス、死に打ち勝つ
神秘の論争 神秘の論争 神秘の論争

ティムール再生

対 ティムール再生

Out

砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人
轟音のクラリオン 轟音のクラリオン 轟音のクラリオン 轟音のクラリオン
風の騎兵 風の騎兵 ヘリオッドの介入

In

義賊 義賊 徴税人 徴税人
軍勢の戦親分 軍勢の戦親分 軍勢の戦親分 エルズペス、死に打ち勝つ
神秘の論争 霊気の疾風 解呪

ティムールアドベンチャー

対 ティムールアドベンチャー

Out

轟音のクラリオン
エルズペス、死に打ち勝つ

In

霊気の疾風
解呪

ラクドスサクリファイス

対 ラクドスサクリファイス

Out

時を解す者、テフェリー 時を解す者、テフェリー
風の騎兵

In

敬虔な命令 敬虔な命令
霊気の疾風

結びに

今日のところはこれで終わりだ!みんなこの記事を楽しんでくれていたら嬉しい。健闘を祈る!

そのうちまた晴れる屋へ記事を投稿するよ。それでは!

マルシオ・カルヴァリョ (Twitter / Twitch)

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Marcio Carvalho

Marcio Carvalho ポルトガル出身のプレイヤーで、Hareruya Latinの一員。 優れた技能と環境分析能力の高さからリミテッドフォーマットのスペシャリストとして知られており、2015-2016シーズンには "ドラフトマスター" の称号を獲得した。 Magic Onlineで287枚もの《掴み掛かる水流》をピックした逸話はあまりにも有名で、どんな環境であれ研究を怠ることなく日々研鑽を詰んでいる。 Marcio Carvalhoの記事はこちら