復活のフラッシュ ~ティムールフラッシュデッキガイド~

Marcio Carvalho

Marcio Carvalho

Translated by Kohei Kido

原文はこちら
(掲載日 2020/08/21)

はじめに

みなさんこんにちは!

数か月もの間、スタンダードは青緑のデッキに蹂躙されていたね。またスタンダードの記事をみんなのために書けて嬉しいよ。幸運にもウィザード・オブ・ザ・コーストはスタンダードに変化が必要だと決断して、スタンダードを抑圧していた多くのカードを禁止することにした。ほとんどのカードはもうすぐスタン落ちするところだったとは言ってもね。

願いのフェイ戦争の犠牲

数週間で次のセットが出るけど、それでもスタンダードの速い進化を体験し続けられる大会がまだたくさん残っているね。禁止が発効されると、ティムールアドベンチャーが即座に支配的になったけど、その後はフォーマットの怪物の座を新しい形のスゥルタイランプに譲っている。

時を解す者、テフェリー

でも今日は俺が数週間の間使ってきた別のデッキについて紹介しよう。ティムールフラッシュだ。新しいデッキではないけど、このデッキにとっての悪夢であった《時を解す者、テフェリー》と長い間共存しなければならなかった。テフェリーは単体でこのデッキがしようとすることをすべて否定してしまうから、《神秘の論争》と合わさったテフェリーに打ち勝つのはすごく難しかったんだ。テフェリーが消えた今、瞬速クリーチャーが再び日の目を浴びる時が来た

デッキリスト

これが今の俺のデッキリストだ。

今このデッキの立ち位置は非常にいいと思う。やりづらいマッチアップは、現在そこまで流行っていない黒単アグロだけだ。

カード選択

ここからはデッキのカードについて見ていこう。

打ち消し

霊気の疾風

3

火消し

3

否認

2


神秘の論争

2

悪意ある妨害

3

エリマキ神秘家

3

こういうデッキでは、カードを散らして柔軟性を持つのはいいことだ。ゲーム全体を通して対戦相手に幅広いカードをケアして立ち回ることを要求するからね。それに、打ち消し呪文のなかには特定のデッキを標的にしているものもあり、こういったものは間違ったタイミングで手札に多く来ると自滅してしまうから、複数枚引きたくないんだ。

クリーチャー

砕骨の巨人

4

厚かましい借り手

3


夜群れの伏兵

4

エリマキ神秘家

3

楽園のドルイド

1

デッキに入っている多くのクリーチャーは自明だろう。「出来事」持ちのクリーチャーは2ターン目にできる動きを用意して、自分よりも速いデッキに押し負けないようにしている。そして瞬速持ちのクリーチャーはゲームを決着させる力になる。

デッキに含まれているドルイドについても話そう。《成長のらせん》の喪失によって、カギとなる4マナの瞬速持ちクリーチャーのための4マナ目に到達するのが難しくなることがある《世界を揺るがす者、ニッサ》のための5マナもそうだね。ゲーム中ほとんどのターンでマナを立たせておく必要があるから、ランプのためにあまり多くの枠を割くことはできない。だから《楽園のドルイド》を1枚入れてマナが伸びるのを少しだけ滑らかにすることにしたんだ。

《世界を揺るがす者、ニッサ》

世界を揺るがす者、ニッサ

2

ここ数年のスタンダードで一番強力なカードのひとつについて今から語らなくてはならないこともあまりないだろう。『イコリア:巨獣の棲処』から追加された「トライオーム」サイクルはアンタップしてニッサ自身を守る打ち消し呪文のためのマナを立たせるには最高だ。

サイドボード

サイドボードではクリーチャー中心のデッキを相手にしたときのためのカードを主に入れたい。全体除去とか単体除去とかね。

自然の怒りのタイタン、ウーロ

それを頭に入れたうえで、相手に焼き切られないためのライフ回復手段として必須に近い《自然の怒りのタイタン、ウーロ》も何枚か採用すべきだ。環境でアグロデッキに多く当たると予想するなら、メインデッキに入れることも考えていいくらいだね。スゥルタイを相手にしても相手の除去が少ないなら、ゲーム後半でガス欠になるのを防ぐためにも入れるべきだ

サイドボードガイド

スタンダードの今この瞬間に一番よく当たるデッキを想定したサイドボードガイドだ。

スゥルタイランプ

対 スゥルタイランプ

Out

砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人
火消し 火消し 火消し
楽園のドルイド

In

自然の怒りのタイタン、ウーロ 自然の怒りのタイタン、ウーロ 神秘の論争 ナーセットの逆転
終局の始まり 終局の始まり 薬術師の眼識
サメ台風

ティムールアドベンチャー

対 ティムールアドベンチャー

Out

霊気の疾風 霊気の疾風 霊気の疾風
厚かましい借り手 厚かましい借り手 厚かましい借り手

In

焦熱の竜火 焦熱の竜火 焦熱の竜火
薬術師の眼識 自然の怒りのタイタン、ウーロ 自然の怒りのタイタン、ウーロ

赤単アグロ

対 赤単アグロ

Out

神秘の論争 神秘の論争 否認 否認
エリマキ神秘家 悪意ある妨害 悪意ある妨害 悪意ある妨害
崇高な天啓

In

焦熱の竜火 焦熱の竜火 焦熱の竜火 レッドキャップの乱闘
炎の一掃 炎の一掃 自然の怒りのタイタン、ウーロ 自然の怒りのタイタン、ウーロ
嵐の怒り

マルドゥウィノータ

対 マルドゥウィノータ

Out

神秘の論争 神秘の論争 否認 否認
エリマキ神秘家 悪意ある妨害 悪意ある妨害 悪意ある妨害
崇高な天啓

In

焦熱の竜火 焦熱の竜火 焦熱の竜火 レッドキャップの乱闘
炎の一掃 炎の一掃 自然の怒りのタイタン、ウーロ 自然の怒りのタイタン、ウーロ
嵐の怒り

ミラーマッチ

対 ミラーマッチ

Out

砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人 砕骨の巨人
崇高な天啓

In

終局の始まり 終局の始まり 薬術師の眼識 神秘の論争
サメ台風

緑単アグロ

対 緑単アグロ

Out

神秘の論争 神秘の論争 否認 否認
崇高な天啓 悪意ある妨害 悪意ある妨害
サメ台風 サメ台風

In

焦熱の竜火 焦熱の竜火 焦熱の竜火 レッドキャップの乱闘
嵐の怒り 自然の怒りのタイタン、ウーロ 自然の怒りのタイタン、ウーロ
終局の始まり 終局の始まり

黒単アグロ

対 黒単アグロ

Out

神秘の論争 神秘の論争 否認 否認
崇高な天啓 霊気の疾風 霊気の疾風 霊気の疾風
エリマキ神秘家 エリマキ神秘家

In

焦熱の竜火 焦熱の竜火 焦熱の竜火 レッドキャップの乱闘
炎の一掃 炎の一掃 自然の怒りのタイタン、ウーロ 自然の怒りのタイタン、ウーロ
サメ台風 嵐の怒り

ボーナスデッキ

友人諸君、今日はこれで終わりだ。このデッキリストとサイドボードガイドを楽しんで使ってくれると嬉しいね。もうすぐ『ゼンディカーの夜明け』が出るからそのときにまた多くのコンテンツを提供しに戻ってくるよ。


先週末、ハビエル・ドミンゲス/Javier Dominguezからこの素晴らしいラクドスサクリファイスデッキの情報を送ってもらって、SCG予選で使って6-2の結果だった。デッキが強いうえに使っていて楽しくて驚いたよ。ハビエルは自らのサイドボードプランもTwitterに投稿していたから絶対試してみた方がいい!

マルシオ・カルヴァリョ (Twitter / Twitch)

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Marcio Carvalho

Marcio Carvalho ポルトガル出身のプレイヤーで、Hareruya Latinの一員。 優れた技能と環境分析能力の高さからリミテッドフォーマットのスペシャリストとして知られており、2015-2016シーズンには "ドラフトマスター" の称号を獲得した。 Magic Onlineで287枚もの《掴み掛かる水流》をピックした逸話はあまりにも有名で、どんな環境であれ研究を怠ることなく日々研鑽を詰んでいる。 Marcio Carvalhoの記事はこちら